お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

地域の現金化情報をお届け

真面目に働いていても、真っ当に生活を送っていてもお金のピンチは訪れるものです。そんなときの現金化に関する情報を集めました。

オススメ業者紹介 県別の地域情報 クレジットカードイメージ

オススメ業者のご紹介

オススメno.1

24キャッシュ

24キャッシュはキャッシュバック方式の業者でスピードに定評があります。
土日祝・24時間対応可能で年中無休。
今すぐに対応してほしいという方は24キャッシュがおススメです!

オススメno.1

おひさまクレジット

おひさまクレジットは換金率良し、電話対応良しの人気のある現金化業者です。
キャッシュバック方式の業者なのでスピーディーな対応をしてくれるのも◎

オススメno.3

クレカ堂

買取形式の業者さんで、HPがシンプルで見やすく丁寧なのが人気の秘訣。
企業情報も充実しているため、初心者におススメの業者さんです。

オススメno.3

ひまわりギフト

現金化業界の老舗「ひまわりギフト」は創業実績のある業者!親切・丁寧な対応でリピーター続出!

オススメno.3

ゼロスタイル

ゼロスタイルは3つの「0(ゼロ)」をモットーに、明確で分かりやすい取引を目指す業者さんです。

地域情報はこちらから

現金化について

困ったときに役立つ現金化

今月風邪でバイトをたくさん休んでしまった!急な出費があるのに手持ちがない!そんなときあなたはどうしていますか?

さまざまな方法で現金を準備する方法はありますが、クレジットカードの現金化について調べている人も多いでしょう。キャッシングやカードローンとはどう違うの?そんな手軽なクレジットカードの現金化についてまとめました。

カードイメージ

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、推奨されるサービスではないのも事実です。

ただ実際にクレジットカードを用いて高額なものを購入したのに、気に入らなかった場合、すぐに売ってしまうこともあるかと思います。そのため現金化に関する罰則は、違法とするラインが難しく、グレーゾーンな行為として認識されていることが一般的です。

現在もこうしたサービスを取り扱っている業者もありますが、悪質な詐欺行為などにより消費者庁へ被害報告が相次ぎ、一部の現金化業者を名乗る闇金融業者が2010年代頃から摘発されています。今すぐに現金が手に入る!などの現金化に関する情報を鵜呑みにしないようにしましょう。

カードイメージ
国民生活センターサイト画像

実際に被害が報告された例が掲載されています。クレジットカード現金化は詐欺行為などに利用されることがありますので、十分注意しましょう。

逮捕される?

注意喚起 ~クレジットカードの現金化は違法ではない

近年クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスを提供している業者が逮捕されました。そのためクレジットカードの現金化=犯罪というイメージが強くなってしまいましたが、厳密にいうと「違法」ではありません。

逮捕された業者は依頼のあったお客様のクレジットカードを不正に利用し、依頼者へ還元することなく現金化することなく詐欺を行いました。そのためこういった行為が悪質と判断され、逮捕に至ったというわけです。

やっては駄目

それならクレジットカードの現金化をしても誰にも怒られないの?いえいえそんなことはありません。実はクレジットカードの現金化はきちんとクレジット会社の利用規範の違反として定められています。

そのためもしクレジットカードを利用しての換金がカード会社に判明してしまうと、利用停止となります。クレジットカードを使うことができなくなってしまうと、さまざまなシーンにおいて困るだけではなく、再度クレジットカードを作ろうと思った場合でも、再発行が出来なくなってしまう可能性があります。

よってクレジットカードのショッピング枠の現金化をむやみに行うことはやめておきましょう。

現金化の流れ

一般的なクレジットカードのショッピング枠の現金化のフローです。近年はウェブマネーやオンラインギフト券なども利用され、現金化の過程が非常に複雑になっています。ここでは業者を用いた現金化の基本的なフローを説明します。

ショッピング枠の確認

1. ショッピング枠の確認

クレジットカードのショッピング枠の残高があるかどうかチェックします。

申し込み

2. 申し込み

現金化業者に申し込みをします。

商品の購入

3. 商品の購入

業者から指定された商品をクレジットカード決済で購入します。

発送

4. 発送

届いた商品を業者へ発送します。

ここがポイント

業者によって過程の違いはありますが、一般的な流れとして、「クレジットカードで商品を購入し」「業者へ発送する」といった手続きを行います。

もちろん個人で現金化を行うことも可能ですが、「売れないリスク」「売値が極端に下がってしまうリスク」が発生します。

業者を利用した場合、そうしたリスクに関係なく一定の換金率で現金化されるため、いますぐ現金が必要な人にとっては欠かせないサービスとなっているのです。

注意点

現金化する際の注意点

現金化はうちでの小づちのようにお金を生産するサービスではありません。サービスを利用した際には、クレジット決済した商品の代金が翌月や翌々月に請求されます。そのため自分の収支を把握した上で利用しなければなりません。

また、悪徳業者の中には個人情報を聞いて、悪用されるケースが発生しています。よって業者を用いる際には注意が必要です。

詐欺行為に遭う可能性があります

詐欺行為に遭う可能性があります

業者の指定する商品を購入し、発送したにもかかわらず、現金が振り込まれないという事案が発生しています。

破格の高額換金を謳う業者には注意

破格の高額換金を謳う業者には注意

業者を利用する場合、カード払いする以上の金額の換金はまず不可能です。高額換金レートの業者にも注意が必要です。

威圧的な業者も存在します

威圧的な業者も存在します

店舗型の業者だからと安心し、入店したら高圧的な態度で接客された。契約するまで帰らせてもらえなかったなどの報告が消費者庁などに寄せられています。

サイト名の口コミ

顏アイコン

早かった!

本当に急にお金が必要になっておそるおそる利用したけど、特に問題なかった。急ぎだったから助かりました。

顏アイコン

色んな業者がいますよね

たまに利用してるけど、本当に色んな業者がいると思う。前回使ってたところが移転して無くなっていた。

顏アイコン

田舎住みのための情報も充実させて~

田舎住みなので日払いの仕事も少なくて困ることが多いです。地方在住でも使いやすいサービス情報がほしい。

顏アイコン

接客の悪い店にあたると最悪

換金率がよ高めでも接客の悪い店にあたると最悪な気分になります。系列店でも店によって対応にかなり差が出るのなんとかしてほしい

顏アイコン

なるべく店舗を使ってますが…

ウェブ申し込みじゃちょっと不安でなるべく店舗型にしてるんですけど、毎回小一時間掛かるので効率悪いかな?って思ってきました。今はネットでも結構安全に使えるんですね。試してみようかな…

顏アイコン

結婚式が続いたので使いました

結婚ラッシュのときに使わせてもらいました!ご祝儀包めないとかやっぱり嫌だったんで。でも正直ラッシュ終わってほっとしてるw

読めば得!知っておきたいその他の情報

現金化の前に

クレジットカードの現金化を考えている方の中には、個人で行うと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし個人で現金化を行うから安全!というわけではなく、個人で行った場合でも法に触れてしまうケースもあるのです。

その他にも違法ではないけれども、知らずに行ってしまうとクレジットカードが利用停止してしまうこともあります。このようにお金のピンチを乗り切る上で、失敗しないための情報をご紹介していきたいと思います。

イメージ

クレジットカードのショッピング枠を現金化?

クレジットカードのショッピング枠とは

クレジット現金化というサービスは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスのことです。

一昔前は当たり前のように行われていましたが、現在ではマネーロンダリングを防止する目的などから、クレジット会社の利用規約で禁止されています。もしクレジット会社に現金化をしたことがバレると、クレジットカードが利用停止となります。

イメージ

そんなクレジットカードの現金化ですが、現金化する際において使用されるのは「ショッピング枠」という部分になります。 ショッピング枠とは、いわゆるデパートやスーパーでのお買い物から、ウェブサイトで何か買う際に使用するクレジット決済のことです。

このクレジット決済、その人の支払い能力に応じて決済できる額を申し込みの時点で決められています。申し込みする人の年収や年齢などによって、ショッピング枠の決済額は変わりますが、申し込みするクレジットカード会社によって審査や基準は決められています。

例えば30万円分のショッピング枠のあるクレジットカードの場合、クレジット会社の指定する期間の間で(月初~月末など)30万円以上を越える買い物はできないということになっています。

ショッピング枠の現金化とは

つまりこのショッピング枠の現金化とは、

  1. 商品を購入
  2. 買取業者に依頼して売却
  3. 現金をゲットする

という、換金目的でクレジット決済をして買い物をすることを指します。

ショッピング枠の定番ですが「新幹線の回数チケットを大量購入し、それを金券ショップに売却した」などの場合ですと、高確率でクレジットカードが利用停止になります。

一方で「あるブランドバッグを購入したが、買ってすぐ気に入らなくなったので質屋で売却した」というようなケースは「一時的」かつ「大量購入」に当たらないため、ショッピング枠の現金化をしたことにはならない可能性のほうが高いです。

つまりショッピング枠の現金化は身近に行われている、商品の購入と売却を利用したキャッシングであるといえるでしょう。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い
イメージ

クレジットカードを発行する際にほとんどの人がショッピング枠を利用するために契約すると思います。その際にキャッシングを利用しますか?と聞かれたことがあるかもしれません。

キャッシング枠を設定していると、ショッピング枠とは別に「お金を自由に借りられる枠」ができるのです。

クレジットカードのキャッシングを利用するにはコンビニや銀行のATMにカードを差し込み、「お借入」を選択します。そして希望額を入力して確認ボタンをおせば現金が出てくるので、非常に気軽にお金を借りることができます。

一般的にクレジットカードのキャッシングは、ショッピング枠と同じように借りた分だけ指定口座から引き落としされます。

しかしキャッシングの場合はショッピング枠の決済と異なり、金利がつくので借りた異常の金額を返済するのが一般的です。 またキャッシング枠を利用するにチェックを入れていた場合、住宅ローンなどの審査に不利な影響を及ぼすこともあります。そういった場合、住宅ローンを組みたい人にとってキャッシングは敬遠される要因となり、こういった「ショッピング枠の現金化サービス」のニーズが出てくるのです。

ただしキャッシングに関して、利用するだけできちんと延滞なく返済しているならば住宅ローンの審査に影響も及ぼさないことが多いです。ショッピング枠の現金化が明るみに出て、クレジットカードの利用停止の方がリスクが結果として高くなります。

イメージ

本当に現金が必要になった場合、まずは自分に合った方法で工面したいですね。

カードローンとキャッシングの違い

キャッシングとカードローンは同一のように見られがちですが、実は返済方法が異なります。

キャッシングは借りたお金を翌月金利込みの「一括返済」することがほとんどですが、カードローンの場合は「分割返済」できるようになっているケースが多いです。

つまりショッピング枠での「リボルビング払い」に相当するのですが、このリボルビング払い、例えば2万円の商品を購入し、「リボ払い」にすれば、毎月5,000円の一定の金額で返済していくことができます。

2万円を5,000円で返済していくので、4ヶ月で返済できることになります。10万円を月額5,000円でリボ払いした場合20ヶ月掛かることになります。

通常のクレジットカードの決済では「2万円を一括払い」「10万円を2回分割払い」というように、支払い回数を変更するので、毎月の支払い金額にムラがでるのが特徴です。

しかしリボ払いやカードローンのような支払い形式の場合、毎月支払いする金額は変わらず、その支払い回数で調節するようになっているので、借金を増やしていっても支払い金額が変わらないので、いつの間にか多額の借金を抱えていた!という落とし穴にはまるわけです。

イメージ

もちろん支払い回数が多くなるにつれて、その分の金利も支払いますので、金利分だけ借り入れたお金よりも多く支払うことになります。そのためお金に余裕がある場合は、リボ払いやカードローンではなく、一括で決済してしまう方が計画的な収支の管理ができるといわれています。

個人でも現金化ってできるの?

お金のピンチを乗り切るために、あの手この手をつくしたけれどももう限界!というときに、クレジットカードで何かを売ってそれを売れば・・・と思いついた人もいらっしゃると思います。

しかし実際これってどうなの?そういった疑問についてひとつひとつみていきたいと思います。

現金化の定番は新幹線のチケット
イメージ

クレジットカードを使って現金化する際に、定番の方法として新幹線のチケットを購入する方法があります。私も転売目的の使用方法なんてことがあることを知らずにクレジットカードで決済し、購入したことがあります。実際になんの問題もなく購入することができます。

また本当に予定が変わってしまって、新幹線のチケットが不用になってしまう場合もあると思います。そういったとき、チケットショップに持っていくと換金してくれるので、チケットショップは換金目的行為の温床になりやすいのです。

クレカを使った新幹線チケットの現金化は古典的な方法なので、既にクレジットカード会社が目を光らせてチェックしている対象です。特別な決済コードまで用意しているくらいなので、少しでも不審な決済情報が舞い込むとそのカードの持ち主に連絡がいきます。

特に回数券の大量購入や住所外の区間のチケット購入は、クレジットカードを用いた現金化の温床ですので、購入内容など購入理由を詳しく尋ねられることもあります。

定番な購入理由に挙げられるのは「会社の出張で新幹線を使う」と伝える人が多いようですが、クレジット会社は契約時に勤務先の会社名も記載するのであなたの勤務先も把握しています。そのため本当に出張があるのかどうか会社に連絡がいくこともあります。

もし嘘の理由で会社にバレてしまった場合、今後の信用問題に関わってくることがあるので、やはり換金目的の行為は推奨できません。

ライブやコンサートなどのチケットの転売は?
イメージ

あらゆる商品を仕入れて高く売る、というのは商売の基本ですが、その中でも厳しく取り締まられているのがいわゆる「チケット」になります。

チケットの中でも芸能人のコンサートチケットなどを換金目的で転売すると、いわゆる「ダフ行為」にあたってしまいます。そしてダフ行為は迷惑防止条例で禁止されており、罰金刑の対象になります。

現在ではこういったチケットの販売が電子化され以前よりダフ行為は減ってきているそうですが、同時に罰則も厳しくなっています。ライブチケットはプレミアが付きやすいので換金目的を考える人もいらっしゃるかもしれませんが、転売を行うのは控えたいですね。

ブランド品の個人転売は?
イメージ

ブランド品も商品の中にはプレミアが付くものもあるので、それを転売しよう!と思いつく方も多いかもしれません。ブランド品を海外などから個人輸入し、転売すること事態は違法ではありません(平行輸入といいます)。しかしブランド品の正規販売店を装って売りさばくというような行為は違法にあたります。

こう聞くとブランド品の転売による現金化は、数ある方法の中でも敷居が低いように感じますが、それゆえのデメリットもあります。それは「換金率が悪い」ことでしょう。

消費者の立場で考えてみましょう。プレミアがついていないような普通の高級ブランド品を購入する場合、あなたならどこで購入しますか?例えば正規店では20万円のブランドバッグがフリマアプリなどで18万円で販売されているとしましょう。その差は2万円です。あなたはどちらで購入しますか?2万円程度の差なら正規輸入店で購入する人の方が多いと思います。

つまりブランド品で現金化しようと思っても、定価よりかなり値段を下げた状態でないと購入者が現れない可能性が高くなります。そのため、換金のプロではない人がブランド品で現金化を行おうと思った場合、換金率が悪くなります。最悪の場合在庫を抱えてしまう可能性もあります。ブランド品を利用したビジネスは、その時々の流行や限定販売品などを常に把握している人たちが行っているので、知識とセンスが必要となってくるので注意が必要です。

ウェブマネーで電子化する現金化

これまでSUICAやnanacoなど、電車やコンビニで使うことができる電子マネーが拡大してきましたが、遂に最近では仮想通貨が世間をにぎわせていましたね。電子マネーを利用すると、ネット通販でも使用できるということもあり、今後さらに使う場が広がっていきそうですね。

そんなウェブマネーと現金化についてみていきましょう。

イメージ
ウェブマネーを現金化するのはNG?

ウェブマネーを現金化するのはクレジットカードと同様、グレーゾーンな行為にあたります。ウェブマネーはクレジットカードとは異なり、所有者が購入した人にあたります。(※クレジットカードの所有権はカード会社です。)

そのためウェブマネーの現金化は、基本的には問題ないのですが、やはり換金目的の使用はできません。クレジットカードでチャージしたウェブマネーは、原則クレジットカードへの返金になります。

今注目のウェブマネー

現在ウェブマネーの現金化で出品が目立っているのがAmazonギフト券です。

Amazonギフト券にはカードタイプとシートタイプがあります。基本的にこのタイプのギフト券は、現金で購入するのが原則のようです。

クレジットカードで決済することができるので、それをオークションなどで売ることによって現金化します。またAmazonギフト券はプライム会員になっていると、割安で購入できるため、現金化する際にも利益が出やすいのが魅力です。

そのため今の時点でAmazonギフトは現金化のための新たな方法として台頭してきているのです。またAmazonギフト券以外でも、iTuneカードやGooglePlayカード、LINEプリペイドカードなどもオークションなどで多数やりとりされている様子が見られます。

ウェブマネーも規制対象に?

しかし現在クレジットカードでアマゾンギフトを決済することができるようになっているのは、コンビニの系列で発行しているクレジットカードなど、ごく限られたカードのみで、実際に決済できたとしても後からいきなり利用停止になってしまった・・・という声も寄せられております。

こういった現金化の方法は、未だクレジットカード会社の判断が出されていない状況です。今後は新幹線のチケットのように、特定の決済コードが付与されて利用規約が書き換えられることも考えられます。

そのため、電子マネーを含む、ウェブマネーを使っての現金化を安易に行うのは様子を見たほうがいいかもしれません。いきなり利用法などが改正されてクレジットカードが利用停止になってしまう可能性も十分にあります。

イメージ