お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

クレジットカードでマイルを貯めよう!お得な方法は?

節約情報


マイルを貯めることはどうして推奨されているのか?その理由についても明らかに!

目次

マイルは人気のあるポイント

マイレージとはマイルを貯めるポイント制度のことを指します。
特定のクレジットカードを使うとマイレージ制度を利用できるのですが、それはカードの種類やランクなどによって還元率が異なります。

マイルは交通系のポイントなので特定のお店のポイントよりも需要となる層が大きく、安定しているのが特徴です。
よってマイルを貯めると他のポイントにも還元しやすく、ポイント界でも一目置かれている存在なのです。

マイルとは?マイルの基礎知識

マイルの本来の意味は、陸上の長さの単位のことを言い、1マイル=1.6093㎞となっています。
だだ、ここで紹介しているマイルとは、簡単に言うとポイントカードのようなもので、航空会社が提供するポイントを指します。
全日空の「ANAマイレージクラブ」や日本航空の「JALマイレージバンク」が有名です。
難しいイメージやたまらないイメージを持っているかもしれませんが、飛行機に乗らなくても、クレジットカードを利用したり、ほかのポイントと交換することでも貯まりますのでお勧めです。

マイルの価値を理解しましょう

マイルをためていない多くの人の特徴は、マイルの価値を理解していないことにあります。
現在ショッピングでポイントの多くは、楽天ポイントやTポイントなどがありますが、多くのポイントは1ポイント=1円以上の価値にはなりません。
しかしマイルのポイントは1マイル=1円ではありません。
最低で1マイル=2円程度の価値になり、使い方によっては1マイル=15円以上になる場合もあります。
現在ためているポイントを1円で換算するのではなく、1ポイント=15円で換算したと考えれば、皆さんも無視できないのではないでしょうか?

マイルを貯めてできること

マイルを貯めると様々な商品やサービスと交換することができます。
ここでは代表的な 利用方法をお伝えします。

航空券に交換できる

貯めたマイルを航空券に交換すると、無料で飛行機に乗ることができます。
一番手ごろな交換先が、国内線の特典航空券です。
国内線の特典航空券に必要なマイルは、往復で10,000~23,000マイルです。
東京~沖縄間なら通常期18,000マイルあれば交換が可能です。

座席のアップグレードができる

エコノミークラスをビジネスクラスに、ビジネスクラスをファーストクラスなど、貯めたマイルを使って購入済の航空券の座席をアップグレードすることができます。
ただし、航空会社ごとのルールがあるので、利用の際に確認してみることをお勧めします。

電子マネーに交換できる

ANAマイレージクラブであれば楽天EdyやTポイント、JALマイレージクラブであればWAONなど、マイルを電子マネーに交換することができますので、毎日のスーパーの買い物でもお財布なしで買い物ができます。

航空会社の用意した商品と交換できる

航空会社が用意したアイテムとマイルを交換することができます。
トラベルグッズやファッションアイテムなど、多数の商品から選ぶことができます。

生活費の支払いでもマイルを貯めれます

毎月支払っている、家賃・光熱費や携帯電話代など、多くの方は引き落としや現金で支払っていると思います。
ショッピングなどでポイントが付くことは皆さんご存じだと思いますが、月々の生活費の支払いでマイルを貯めることができるのです。
たとえば、1,000円分をクレジットカードで支払うと、1%の10マイルがたまります。
これを1年間毎日クレジットカードで決済すると、なんど3,650マイル貯めることができます。
この3,650マイルとは東京から沖縄区間をフライトで来る1/5くらいの価値です。
JALやANAで、東京から大阪までの往復で12,000マイル必要です。
先ほど1年間毎日1,000円と仮定しました。
皆さんの毎月の生活費は1か月30,000円ですか?月々の支払いをマイルに換算して見ると、その価値がお分かりになると思います。

マイルを貯める方法

賢くマイルを貯めるには

賢くマイルを貯めるには、還元率の良いマイレージカードを使うことがポイントになります。
しかしただ闇雲にポイントの還元率を重視するだけではなく、ポイントの失効期限などにも着目して貯めていきたいですね。

マイルを航空券に変える場合、1万マイル以上からになります。
一方でマイルの平均還元率は0.5%くらい。
100万円使っても5,000マイル。
…ということは失効期限が短ければ、せっかく貯めたマイルも失効してしまう可能性があるのです。

マイルを貯める主な方法は以下になります。

  1. 飛行機に乗って貯める
  2. 旅行やホテル宿泊で貯める
  3. ツアーでマイルを貯める
  4. ショッピングのポイントなどで貯める

スタンダードで還元率が高いのが①の飛行機に乗って貯める方法です。

① 飛行機に乗って貯める

皆さんご存じのように、マイルは飛行機に乗ることによって貯めることができます。
格安航空会社(LCC)だと基本的にはマイレージプログラムがないので貯めれませんが、ANA、JAL、ユナイテッド航空やデルタ航空など従来の航空会社であればマイルを貯めることができます。

マイルはフライトの距離で決まる

でもどれぐらいマイルが貯まるかご存じでしょうか?基本的には飛行機の距離が長いほど多くのマイルを獲得できますし、早割などの割引対象のチケットやツアーの場合より正規料金でチケットを購入した方がより多くのマイルを獲得することができます。
ではどれぐらい飛行機の利用でマイルが貯まるのかという事ですが「基本区間マイレージ×運賃種別の積算率」で決まります。
基本区間マイレージは飛行距離で決まる数字で、運賃種別の積算率はプレミアム運賃やプレミアム株主優待、普通運賃や往復運賃などの運賃種別によって積算率が変わってきます。
また基本のマイルとは別に、サービスの利用でマイルを上乗せしてもらえる仕組みがあり、ボーナスマイルといわれます。
運賃種別の積算率やボーナスマイルについては、各航空会社のサイトでご確認ください。
もっとわかりやすい具体的な例を挙げると、安い割引チケットで東京~沖縄間を一往復した場合に貯まるマイルは、1,000マイル程度です。
それに対しやすい割引チケットで、成田~ニューヨーク間を一往復した場合に貯まるマイルは6,000~7,000マイルぐらいになりますので、飛行距離が長くなる海外便の方がマイルが貯まりやすいといえます。
もし、安い割引チケットではなく正規料金でチケットを購入した場合は、上記に提示した倍程度のマイルを貯めることができます。

たまにしか搭乗しなくても貯めたいマイル

よく飛行機を使って国内旅行する方や、仕事で海外出張のために飛行機を利用する人はマイルを貯めないと損になります。
でもたまにしか飛行機に乗らないから、マイルなんてたまらないと思っている方も多いと思います。
でもマイルを貯めずに飛行機に乗るのは損なのです。
これからご紹介しますが、マイルは飛行機に乗るだけではなく、クレジットカードを利用したり、ほかのポイントと交換することでも貯まりますので、とってもお得なサービスではないでしょうか。

② 旅行やホテル宿泊で貯める

マイルを貯める方法の1つに、ホテルマイルがあります。

ホテルマイルとは航空会社の提携しているホテルや宿泊予約サイトを利用するときにマイルが貯まるシステムのことです。
海外はもちろん国内ホテルでもマイルを貯めることができるので、見逃せないポイントです。
ホテルでマイルを貯めるには、大きく分けて2つの方法があります。
1つ目は航空会社のマイレージ提携ホテルに電話やインターネットで直接予約を入れる方法です。
多くの航空会社は、自社のマイルが貯まる提携ホテルを持っており、マイレージのページから宿泊予約用の電話番号やホームページにアクセスることができます。
個人での予約なので、チェックイン時に必ずマイレージ会員証を提示し、マイルを貯めたい旨を伝えましょう。
ただ注意してほしいことがあります。
ホテルには、グループ独自のポイント制度を用意しているところも多く、宿泊はレストランの利用でホテルポイントが貯まり、そのポイントを無料宿泊券などに交換することができます。
その為、宿泊時にはマイルとホテルポイントのどちらを貯めるか選ばないといけないのです。
そのためポイントの還元率や利用頻度を考えて選択する方がお得になります。
もう一つは、提携ホテル以外に、航空会社のホテル予約サイトを利用する方法です。
たとえば、ANAは国内旅行向けの「@ホテル」と海外旅行向けの「ホテル&オプション」というサイトがあり、JALは国内旅行向けの「JALイージーホテル」という、ホテル予約に特化したサイトを運営しています。
貯まるマイルはANA・JALとも宿泊料金に応じて100円=1マイルです。
予約時にマイレージ会員の番号を登録することで自動精算されます。
また予約サイトを使ったホテルマイルの獲得には、航空会社が提携している宿泊予約サイトのじゃらん.netや楽天トラベルなどを利用する方法があります。
貯まるマイルは、航空会社や利用する宿泊予約サイトによって異なりますが、マイルと宿泊予約サイトのポイントを同時に貯められる場合もあるうえ、独自のマイルアップキャンペーンが実施されることも多いので、チェックしてみましょう。

ホテルマイルの貯め方

海外旅行でホテルマイルの獲得を狙うには、航空会社の提携ホテルを利用しましょう。
しかし、会員プログラムを持つホテルは、ホテルポイントを貯めた方が還元率が高い場合が多いため、利用するホテルの系列や利用頻度などを見て、マイルとホテルポイントのどちらを貯めるか決めるといいでしょう。
国内旅行でホテルマイルを貯めるには、航空会社のホームページ経由で宿泊予約サイトを利用する方法がおすすめです。
航空会社の提携ホテルではほとんどない温泉宿や旅館などのラインナップも充実しており、提携ホテルと比較するとリーズナブルなホテルが多いです。
マイルと宿泊予約サイトのポイントがダブルで貯められる場合もあります。

③ ツアーでマイルを貯める方法

国内や海外旅行でツアーを使っている方は多いと思います。
航空券とホテル・観光がセットになっているツアーは、旅行やフライトスケジュールをお任せでお願いできたり、航空券やホテルの団体割引が受けられるなどうれしいサービスが多いです。
しかし、ツアーで使われる航空券は、割引されている分加算されるマイルが少なくなったり、対象外になることが多いので、マイルを貯めている人にとっては悩ましい問題でしょう。
でも航空会社のサービスをうまく使うことによって、マイルを貯めることができるのです。
それそれのツアー向けマイルサービスを使って、マイルをゲットしましょう。

ツアーマイルの仕組み

先ほど説明したように、ツアーで使われる航空券には、「個人包括旅行割引運賃」と「包括旅行割引運賃(団体包括旅行割引運賃)」という2種類のチケットがあります。
国際線ではどちらの航空券でもマイルが加算されますが、国内線の場合は「個人包括旅行割引運賃」のみが加算対象となります。

マイルが貯まるツアーを見分けるには

ツアーがマイル対象となっているかどうかを知るためには、ツアーを取り扱う旅行会社や代理店などに質問する方が確実です。
ただし、直前にならないとチケットの種類がわからない場合は、マイルが貯まるチケットかどうかがわからないので、どうしてもマイルを貯めたい場合は、航空会社が自社便利用で提供しているツアーを選んだり、パンフレットなどにマイルがたまるという表記を選ぶといいでしょう。

海外ツアーを利用するときの注意点

国際線を利用する海外ツアーは、マイルが貯まる航空券の種類が国内線よりも多いので、国内ツアーに比べると、マイルの貯まる確率が上がります。
ただし、自分がマイルを貯めている航空会社以外の便を利用したツアーでは、注意が必要です。
たとえば、北米息のツアーでANAのマイルを貯めている場合、デルタ航空を利用したツアーではANAとデルタ航空が提携関係にないので、マイルがもらえません。
しかし、ユナイテッド航空を使ったツアーでは、ANAと提携しているのでマイルをもらえることができます。
ただ航空券の予約クラスによっては対象外となるので注意してください。

④ ショッピングのポイントなどで貯める

皆様は「陸マイラー」と呼ばれる人たちをご存じでしょうか?陸マイラーとは、飛行機に乗ることもなく航空会社のマイルを貯めている人たちです。
マイルは基本的に飛行機に乗って貯めるもので、あまり飛行機を利用しない人たちにとってマイナスなイメージですが、今では陸でマイルを貯めるほうが効率的な場合もあるのです。
では実際に陸マイラーを始めようと考えても、実際自分がどれだけマイルが貯められるか見当もつかないと思います。
あるネットのサイトには「陸マイラーになって○○万マイル貯めた!」という記事があります。
本当にそんな○○万マイルを貯めることができるのかどうかは、初めての方にとって半信半疑のことだと思います。
しかし、これだけ「陸マイラー」という言葉が世間一般に知られている理由の一つとして、マイルを貯める方法が、非常に再現性が高いものであることです。
つまり「誰がやっても同じようにマイルが貯まる」というのが人気の理由なのです。
ここではショッピングポイントを使ったマイルを貯める方法をお伝えします。

ショッピングポイントでマイルを貯めるには

まず、ショッピングポイントはTポイントやnanacoポイント・高島屋ポイントやAmazonのポイントなどのことです。
お財布には入っているけど貯めてないという方も多いと思いますが、マイルを貯めようと考えているのであればちゃんと貯めておいてください。
先ほど例に挙げたポイントのほとんどの価値は1ポイント=1円です。
ここで思い出してほしいのは最初にご紹介した「マイルの価値」です。
もしこの1ポイントをマイルに交換すれば、最大15倍までに増えることが可能なのです。
100ポイントをそのまま使えば100円ですが、マイルに変えると1,500円の価値になるのです。
このショッピングポイントをマイルに変えるために注意してほしいことがあります。
じつはお買い物するお店によってマイルに変えられる航空会社が決まっているのです。
せっかくマイルを貯めるためにショッピングポイントを貯めようとお買い物してもマイルに変えれないのはとても残念なことです。
同じ商品を買うなら、マイルが貯まる場所をきちんと選び、集中してショッピングポイントを貯めることが大切なのです。
もう一つ注意することは、外資系航空会社のマイルを貯めている方には当てはまらない場合がありますので、よく考えて選びましょう。
ショッピングポイントがどれぐらいのマイルに変えることができるかについては、各航空会社やお店によって変わってくるので、ホームページでご確認ください。

マイレージの種類

マイレージシステムは航空会社によって分かれています。
そのためよく搭乗する会社のマイレージシステムを選んでマイルを貯めるためのクレジットカードを作成しましょう。

各社マイレージプログラムの特徴

マイルを貯めたら航空券に交換できることは皆さんご存じと思います。
ただマイルを知らない方は「1マイル=1円」と思われているのではないでしょうか?実は各社マイレージプログラムによってその価値は違ってきます。
マイルの価値を知ることは、前提知識として大切ですのし、今後の貯めるモチベーションにもなりますので、ぜひ理解しておいてください。

マイレージシステムの種類は以下になります。

  • JAL
  • ANA
  • ユナイテッド航空
  • デルタ航空

それでは詳しく見ていきましょう。

JAL

JALマイレージバンク

JALで成田~ホノルルの往復の金額を例に挙げると、ビジネスクラスは往復で24万円+諸経費となっています。
これにマイルを使った特典航空券にすると、往復80,000マイル~になります。
240,000円÷80,000マイル=3円ですので、ハワイの特典航空券の場合1マイルJALマイルは3円で使えている計算になります。
もっと1マイルの価値を上げようとした場合、距離を長くするか、座席のランクを高くすれば1マイルの利用価値は上がっていきます。
もし成田~パリの往復を例に挙げると、1マイルの価値は16円を超える金額になります。
JALマイレージバンクのメリットは3つ挙げられます。
1つは入会金や年会費が無料です。
また国際線で特典航空券を利用する場合、ANAは往復での発券しかできませんが、JALは国際線の特典航空券は片道からの発券をすることができます。
もう1つはANAに比べて特典航空券の予約がしやすいといわれています。
特に人気があるハワイ路線に関しては、JAL路線のシェア率が高いので優位性があります。
対してデメリットですが、有効期限が3年間となっております。
有効期限がないって思い込みで貯めていると、いつの間にか失効していることがあるかもしれませんのでご注意ください。
無期限でマイルを貯めたい方は、SPGアメックスでポイントを貯めれば、カードに貯まったポイントをマイルに変えない限り無期限で貯めることができます。
参考にしてみてください。

ANA

ANAマイレージクラブ

ANAで羽田~シンガポールの往復の金額を例に挙げると、ビジネスクラスは往復で37万円ぐらいになります。
これにマイルを使った特典航空券にすると、往復60,000マイル~になります。
1マイルの価値は6円以上になります。
もっとマイルの価値を上げるには、距離を長くするか、座席のランクを上げることですので、ほかのマイレージプログラムと同じです。
ANAマイレージプログラムの最大のメリットは、マイルが貯めやすいことがあげられます。
飛行機に乗るだけでなく、日常のお買い物でもいろいろな場面で貯めることができるので、初心者向きではないでしょうか?デメリットとしては、有効期限がJALと同じ3年間となってます。
無期限でANAマイルを貯めるなら、ANAアメックスカードでポイントを貯めっぱなしにしておけば、実質無期限になります。
もう一つは人気路線の特典航空券が予約しにくいことです。
貯めやすい分、貯めている人も多いので人気路線の特典航空券は予約がしにくいこともあります。
特にハイシーズンの国際線は争奪戦になることもありますので、注意が必要となります。

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空マイレージプラス

マイレージプラスは、各航空会社が提供しているマイレージプログラムの中でも、とくにマイルを獲得しやすく、上級会員の資格も取得しやすいマイレージプログラムの1つです。
また、世界最大の航空連合「スターアライアンス」に加盟しているため、28の航空会社と相互にマイルの獲得・利用が可能です。
ANAとの連携もよく、国内線でマイルを利用したい人にとっても利便性の高いマイレージといえます。
メリットとして、マイルの有効期限を延長できたり、特典旅行の燃油サーチャージが無料で、ANAなど提携航空会社も一部無料のサービスを受けることができます。
マイルの価値をお伝えする前に、マイレージプラスの上級会員を説明いたします。
ユナイテッド航空は上級会員資格を取得しやすいというメリットがあります。
フライトマイルの優遇特典だけでなく、優先搭乗やシートのグレードアップを受けることができるのが航空会社の上級会員のメリットとなります。
さらに1年間100,000マイルを獲得すれば、最上位の会員ランクとなる「プレミア1K」を取得することができます。
プレミア資格対象マイルは、ユナイテッド航空の航空便はもちろん、スターアライアンス提携の28社、そして独自提携の13社の航空便への搭乗で貯めることができます。
またご紹介した「プレミア会員」の特典は、無料でワンラックアップの座席へ変更することができます。
また優先チェックイン・優先セキュリティチェックや優先搭乗・優先手荷物取り扱いサービスなどの優先特典を受けることができます。
国内はもちろん海外旅行や出張など頻度が高い方にとってお勧めできるサービスだと思います。

ユナイテッド航空とは

アメリカの航空会社で、2010年にコンチネンタル航空と合併をし世界最大となった航空会社です。
ユナイテッド航空が保有する航空機の数は約700機で、世界中の373の都市に就航しています。
国際線の就航路線網も広大な路線網を誇り、現在では69か国・108か所の空港に就航をしており、世界中のどの国でもユナイテッド航空の航空機に乗ることができます。
日本発着の路線も国内10航空(札幌・仙台・新潟・成田・羽田・中部・関西・岡山・広島・福岡)23路線で就航しており、日本から海外旅行に出かける際にユナイテッド航空を利用する機会も多いのではないでしょうか。
そういった意味でも、ユナイテッド航空は日本国内でも認知度の非常に高い航空会社であるといえるでしょう。

デルタ航空

デルタ航空スカイマル

スカイマルはマイレージプログラムの草分け的存在で、もっと長い歴史を持っています。
これまでの豊富な経験をもとに、マイレージプログラムの利便性を最適化することに成功しており、アメリカの航空会社でありながら日本国内で貯めてもメリットのあるマイレージプログラムの1つとして人気があります。
メリットとしては、特典航空券が家族や親族以外でも利用が大きなメリットの1つです。
JALやANAが使える範囲は、「配偶者および会員の2親等以内の家族、義兄弟姉妹」となっています。
つまり近い身内にしか使うことができないという事ですが、デルタ航空のスカイマイルはこのような「使える範囲の制限」がなく、友達や恋人などだれにも自由に自分のマイルを使うことができます。
また基本的に大型連休などの繁忙期は利用制限期間となっていて、特典航空券を使うことができなくなっていたりします。
人気路線のハワイを例に挙げると、JALは日本初の便は12月28日~30日までは利用不可で、ハワイ発は1月1日~3日・5月4日~5日は利用不可となっています。
しかしデルタ航空のスカイマイルはこのような利用制限がありませんので、大型連休などの繁忙期でも特典航空券を利用することができます。
もう一つは特典航空券が利用しやすいことがあります。
飛行機の座席には特典航空券の席が割り当てられていて、その席は早い者勝ちとなります。
大体ですが、ANAやJALの特典航空券座席の割合は1便あたり5席程度となりますが、デルタ航空だともっと多く割り当てられていますので座席予約をとれる確率は高くなります。

デルタ航空とは

デルタ航空は2009年のノースウエスト航空との経営統合により、世界最大規模の航空会社で、世界6大陸65か国約330都市へ就航し、搭乗者数は毎年1億6000万人を超えるアメリカで唯一の国際航空会社です。
現在ではメインハブ空港であるアトランタ国際空港をはじめ、ハブ空港からアメリカ国内および世界各地に向け、1日に4900便を超えるフライトを運航しています。
航空連合のスカイチーム創立メンバーであり、中心的な航空会社であることが言えます。

自分に合っているマイレージプログラムは?

国内線を使用する人も多いので、やはりJALかANAを貯めているという人が多くなっているようです。

ただJALやANAではマイレージの有効期限が3年と決まっています。
そのためせっかく貯めたポイントも期限が来ると順次失効していきます。

一方でユナイテッド航空は有効期限内にクレジットカードを使うと失効期間が延長され、またデルタ航空は失効期間がそもそもありませんので無期限となります。

あなたにおすすめのマイレージプログラム

よく耳にする「マイル」は各航空機会社が提供しているサービスです。
ただいろんな会社のマイレージプログラムがあるので、どのサービスが自分に合っているか悩んだり、わからなかったりすると思います。
さらに近年は陸上でもかなりマイルが貯まりやすいので、人気が高まっています。
しかし、どの航空会社を選択するかで、後々有利になったり、不利になったりすることがあります。
各航空会社の特性をよく理解し、自分に合ったマイルを選ぶようにしましょう。

JALマイレージバンクをおすすめする方

JALマイレージバンクでは1000マイルからマイルを使うことができます。
外資系の航空会社であれば、最低でも10,000マイルくらいにならないと利用できないサービスが多いので、1,000マイルから使えるのはとても魅力的です。
JALマイレージバンクの場合、マイルの有効期限は3年で、基本的に有効期限の延長はできないので、特典航空券を使っていきたい旅行先へ必要なマイルを、3年以内に貯めることができるのかをよく検討する必要があります。
もし、3年以内に目標としているマイルを貯めるのは難しいと思われる方は、JAマイレージバンクでマイルを貯めるのはお勧めしません。
JAL以外の航空会社の場合は、3年よりも長い有効期間でマイルを貯めることができるものもたくさんあるので、別のマイレージプログラムを検討してみてください。
また、旅行が好きで、定期的に海外旅行にはいくけど、一人ではハードルが高いから、ツアーで行くという方も多いでしょう。
そして、そんな方の中でサービスに定評があるから、いつも日系の航空会社(特にJAL)指定のツアーを申し込むという方がいれば、JALでマイルを貯めるほうがいいでしょう。
そして、JALカードには「ツアープレミアム」という優れた仕組みがあり、カード年会費に手数料をプラスすると、通常のフライトマイルにツアープレイ編むボーナスマイルが加算されて、合計区間100%マイルが貯まります。
詳しくはJAL公式サイトからご確認ください。
また、これはJALカード機能の一つですが、JALマイレージバンクでは、JALカードを持っていると、家族で一緒にマイルを貯めることができます。
家族でバラバラにマイルを貯めるより、1つにまとめてできるのでマイルが無駄になることがなく、貯めるスピードもアップします。
最後に、お買い物でPontaやビックカメラなどをよく利用する方にもおすすめです。
最近、どんどん活発になってきている各ポイントですが、ほとんどのポイントサイトは、外資系の航空会社と提携していません。
しかしPontaとビックカメラをよく利用する方は、JALと提携をしているので、JALマイレージバンクでマイルを貯めることはいい選択だと思います。

まとめ

  • 3年間の失効期間前に目標のマイルを貯めることができる方
  • JALのツアーでよく旅行する方
  • 家族と定期的に旅行に行くので、マイルプログラムを一緒にしたい方
  • Pontaやビックカメラなどをよく利用する方

ANAマイレージクラブをおすすめする方

ANAマイレージクラブは、たまったマイルを1マイルから使うことができます。
1マイルからつかえるという事は、目標のマイル数に届かなくでも、貯めたマイルを無駄なく使うことができることです。
しかし逆に言えば、目標があやふやになりかねないことがあります。
貯金でもそうですが、目標があるから「頑張ろう!」と達成するまで努力することができるからです。
マイルの有効期限である3年以内に目標のマイルを貯めれないのであれば、選ぶべきでなないかもしれません。
JALマイレージバンクの説明でもお伝えしましたが、ANAマイレージクラブ以外の航空会社の場合、3年よりも長い期間でマイルを貯めることができるので、検討されることをおすすめします。
もう一つは、クレジットカードをよく使ってショッピングをする方です。
実はJALに比べて、ANAは公式クレジットカードであるANAカードの効力が弱いと感じます。
というのも、ANAでマイルを貯めるのであれば、公式クレジットカードよりも先に、持つべきカードが複数あるからです。
公式クレジットカードよりも先に持つべきというのは、公式クレジットカードよりも、マイルがよくたまるクレジットカードがあるという事です。
ANAマイレージクラブは日本において、もっとも陸でマイルが貯めやすいプログラムかもしれません。
また最近どんどん活発になっている各ポイントサイトですが、ほとんどのポイントサイトは、外資系の航空会社と提携していませんし、提携していてもあまりいい条件ではありません。
一方ANAマイレージクラブは、多くの提携先があり、「陸マイラー」にとっては、とてもマイルが貯めやすい状況です。
提携先であるTポイントや、ヤマダ電機などをよく利用する方はお勧めです。
クレジットカード利用だけではなく、日々の生活の中にANAクレジットクラブのマイルを貯めるチャンスが多いので、入会しといても損はないマイレージプログラムではないでしょうか?また家族で一緒にマイルを貯めたい方にもおすすめします。
ANAにはJALと同じように、家族でマイルを貯めることができるプログラムがあります。
なお、ANAマイレージクラブでは、公式クレジットカードの年会費がかかるため、果然に無料で家族一緒にマイルを貯めることはできませんが、ほかのマイレージクラブなどでは、無料でマイルことができるものもあります。

まとめ

  • 1マイルから使うので、無駄にしたくない方
  • クレジットカードを使ってよく買い物をする方
  • Tポイントやヤマダ電機などポイントサービスを利用する方
  • 家族で一緒にマイルを利用する方

JALかANAかどっちにするか
ALかANAかどっちで貯めるか迷ってしまいますね。
これは自分がよく利用する方の航空会社にした方に登録するのに限ります!

JAL・ANA間で直接的にマイルを変更するような互換性はありません。
一部の「エムアイカード」「TOKYU POINT」などでは貯まったポイントをJALとANAどちらにも変更することが可能です。

どうしても二社間共通のポイントが貯めたい!という方は間接的に互換性のある上記のようなカードでマイルを貯めるのが良いでしょう。

ユナイテッド航空マイレージプラスをおすすめする方

ユナイテッド航空のマイレージプラスは無期限で貯めることができます。
ですので、マイル期限切れを気にすることなく安心して旅行の計画を立てられます。
もし、日本~ロサンゼルスの往復で必要なマイルは、ビジネスクラス140,000マイルでエコノミークラスは70,000マイルです。
日本の国内線ならば最低1万マイルで済みますが、せっかくたまったマイルであれば長距離路線で使いたいと思われるでしょう。
そこで敵になるのがマイルの期限切れです。
JALやANAだと3年間でマイルが失効してしまいます。
またせっかくマイルを貯めていつでも行ける状態であっても、海外旅行だとスケジュールが合わなければいけないために、タイミングがずれてしまい使えなくなっては、たいへんもったいない結果に終わってしまいます。
JALやANAの場合は、最上級の上級会員になる以外にマイルの期限が伸びることはないので、これは大きな違いではないでしょうか?またせっかく貯めたマイルを使えないのでは意味がありません。
ユナイテッド航空はインターネットで簡単に無料特典航空券が予約できます。
ユナイテッド航空便であれば、シートマップでリアルタイムに座席の空き具合を確認しながら、無料特典航空券の予約ができるので安心です。
並び席を確保したいときも便利です。
ユナイテッド航空だけではなく、スターアライアンスに加盟しているANAやルフトハンザ、タイ航空などでもネット予約ができます。
もう一つおすすめのポイントは、「燃油サーチャージがかからない」ことです。
燃油サージャージとは、原油高騰の影響で近年航空会社が運賃にプラスして徴収する燃料代のことです。
そのため、航空券の料金の内訳は「運賃+税金+燃油サーチャージ」となっています。
JALやANAなどは、無料特典航空券であっても燃油サーチャージが徴収されます。
でもユナイテッド航空は燃油サーチャージが無料なのです。
もう一つうれしいのは、家族以外でも特典航空券をし取得できるので、友人の分の特典航空券をプレゼントすることができます。
最後に、ユナイテッド航空のマイレージプラスはANAの国際線の無料特典航空券に交換ができるのです。
しかも、ANAマイレージクラブよりお得なマイルで交換できます。
飛行距離が800マイル以下の国内線は片道につき5,000マイル、801マイル以上の区間については片道につき8,000マイルに交換ができます。
800マイルを超える区間は、東京から出発の場合沖縄・石垣島・宮古島のみとなり、ほとんどの区間は5,000マイルで特典航空券の利用が可能になります。
もちろんANAの利用になりますが、国内線のほとんどが往復1万マイルというのは、ANAマイレージプログラムよりも少ないです。
国内線の特典航空券をメインにためている方でも利用価値が高いといえます。

まとめ

  • 貯めたマイルを海外旅行でお得に使いたい方
  • インターネットで簡単に予約したい方
  • 燃油サージャージがもったいないと感じている方
  • 国内外でよく飛行機を利用する方

デルタ航空スカイマイルをおすすめする方

ユナイテッド航空のマイレージプラスと同じですが、デルタ航空のスカイマイルにも有効期限がありません。
陸マイルを貯めるにしても、毎月そんなに多くのマイルが貯められなかったり、有効期限があったら目標としているマイル数に届かず、期限切れで使えない可能性があります。
また目標のマイル数に達したとしても、有効期限がどんどん迫ってきて結局違うことにマイルを使うことになることはよくあることです。
そのため年間の獲得マイルが少ない方にもじっくり貯めることができます。
またハワイやグアムなど人気の観光地が好きで、よく旅行に行かれる方でも、国際路線の特典航空券をとるのは難しく、1年前から計画して予約をしないと、予約が取れないことがあります。
しかしスカイマイルはANAやJALに比べて1便あたりに割り当てられている特典航空券の座席数が多いので、国際線の人気路線でも多少は予約が取りやすいと考えることができます。
ハワイやグアムの人気観光地以外にも、アジア・ヨーロッパ方面なども、提携航空会社を利用してリーズナブルに旅行することができます。
デルタ航空は「スカイチーム」という航空連合に所属しているので、その「スカイチーム」には世界中の20社の航空会社も所属していてデルタ航空と提携関係にあり、スカイマイルを使うことができるのです。
世界中の20の航空会社は主にアジアやヨーロッパの航空会社が多いので、同国のライバル航空会社と比べるとリーズナブルに利用できる航空会社が多いのです。
特に中国には強く、シンガポールにも格安で行くことができます。
スカイチームは日本の航空会社が所属していないので、地方から海外に出かけるときは若干面倒くさい場合がありますが、日本の地方都市などにも多く就航している大韓航空がありますので、成田や羽田経由で行くよりもソウル経由で行く手間を省くこともできます。

まとめ

  • しっかりとマイルを貯めて海外旅行を計画している方
  • 特典航空券で海外に行きたい方
  • ハワイやグアムに特典旅行券で行きたい方
  • お手軽に、アジアやヨーロッパ方面へ旅行したい方

マイルを貯めるのにおすすめなクレジットカード

基本的にマイルを貯めるには、飛行機の乗ってマイルを貯める方法かクレジットカードを使ってポイントを貯めてマイレージにする方法があります。
飛行機に乗ってもマイルは貯まりますが、年中飛行機に乗っている人は少ないので、そこまで貯まることはありません。
そうなると、マイルをお得にためるには、クレジットカードでポイントを貯めて、マイレージに移行するのが一番おすすめです。
マイルがお金に貯まるクレジットカードはたくさんあるので、その中から私生活で相性がいいクレジットカードを選ぶことをおすすめいたします。
マイルの還元率だけを考えて、普段ではあまり使えなかったではあまり意味がありません。
簡単にためることができませんが、それでも普段から意識してマイルを貯めていると、いつの間にかかなりたまっていたという事もあります。
そのためにも、マイルをお得にためることができるクレジットカードを活用しましょう。

JALマイルが貯まりやすいクレジットカード

JALカード

JALグループ便を利用する人やJALマイラーにとって必須のクレジットカードです。
入会後に初登場することで、初回搭乗時ボーナスとして1,000マイルがもらえます。
毎年、初回搭乗の際にも1,000マイルがボーナスとしてもらえます。
さらに搭乗事のボーナスとしてフライトマイルの10%のマイルが貯まります。
マイルをJALグループの国内・国際線特典航空券に交換する際は「JALカード割引」が適用されるほか、割引を受けつつ区間マイルが普通運賃分貯まるJALビジネスきっぷなどが利用可能です。

イオンJMBカード

JALのマイルが200円につき1枚付貯めることができるカードです。
イオングループが発行するカードなので、毎月5日・15日・25日は「お客さまわくわくデー」となっており、電子マネーのWAON払いをすると200円ごとに2マイル貯まります。
オンライン上でカードお申し込みが完結してしまうため、パソコンやスマホから申込しやすいカードです。
またイオンでよくお買い物をする方にはとてもおすすめのカードです。

ANAマイルが貯まりやすいクレジットカード

ANAカード

ANAマイルを貯める基本的なカードです。
マイルを貯めるだけでなく、空港内免税店で10%の割引が受けられるショップやANA便の国内・国際線の機内販売が10%匹になるなど、割引サービスもあります。
有効期限が3年なのであまり貯められないと思われると思いますが、ANAカードではクレジットのポイントを貯めてからマイルに移行する方式なので、「クレジットポイントの有効期限(2年)+ANAマイレージの有効期限(3年)」の5年間マイレージを活用できます。
またマイル積算対象運賃のANAグループ便に搭乗すると、区間マイル+最大25%のボーナスマイルがもらえます。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードで支払いをすると、1,000円につき三井住友VISAカードのポイントサービスである「ワールドプレゼントポイント」が1ポイントたまります。
獲得したポイントを移行する場合は、1ポイント10マイルコースト5マイルコースで交換するレートがあり、1ポイント5マイルコースは移行手数料無料で、1ポイント10マイルコースは年度ごとに6,000円(税込)で移行することができます。
年間60万円以上カードを利用する人やSuicaを利用している人は10マイルコースに入るとお得になります。
ANAカードにSuicaの機能がついているので、Suicaへのチャージに利用するだけでもANAマイルを貯めることができます。
1,000円チャージごとに5マイルか10マイル貯めることができるので、電車をよく利用する人は特におすすめです。
また1ポイント5円分としてSuicaにチャージすることもできます。

楽天ANAカード

楽天ANAカードは年会費実質無料でANAマイルを貯められるカードで、マイル還元率は0.5%(200円につき1マイル)と高還元です。
年会費実質無料というのは年一回の利用で翌年の年会費が無料となるので、買い物など1回でも使えば無料になります。

ユナイテッド航空のマイルが貯まりやすいクレジットカード

ダイナーズクラブカード

富裕層をターゲットとして発行されるダイナーズクラブカードなので、持っているだけでもステータスなカードです。
ダイナーズのリワードプログラムというサービスからポイントを移行することでマイルに交換ができます。
マイルに交換する場合は5つの航空会社(ANA・デルタ・ユナイテッド・大韓航空。
アリタリア)の中から選ぶことができます。
100円で1ポイントたまりますが、公共料金や税金の支払いに利用するときは200円で1ポイントとなるので注意が必要です。
それだとあまり変わらないのではと思いかと思いますが、ダイナーズクラブカードはポイントが貯まりやすく、マイルが貯まりやすいカードです。
その理由は「ダイナーズクラブポイントモールの利用」です。
買い物だけではなくホテルや旅行の予約をする際に500円ごとに0.5%~9.5%のポイントキャッシュバックがあるので、利用するほど還元率が上がるので、様々な支払いの時にキャッシュカードを使う方におすすめのカードです。

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカードは、カード利用1,000円ごとに5マイルがたまり、毎年500マイルのプレゼントもあります。
追加年会費5,400円が追加でかかりますが、「マイルアップメンバーズ」に登録すると1,000円ごとに10枚つが追加加算され、合計で15マイル貯めることができます。
これは還元率でいうと合計1.5%と高いものです。
高還元のクレジットカードを探すとなると、ゴールドカードなどのステータスカードになり、年会費は1万円を超えるカードが多い中、年会費を考慮してもお得なカードです。
更に、ユナイテッド航空のマイルは無期限なので、半永久的にマイルを貯めることができます。
またマイルアップメンバーズは1年ごとに更新なので、不要であれば退会してもいいでしょう。

デルタ航空のマイルが貯まりやすいクレジットカード

デルタスカイマルJCBカードテイクオフ

デルタ航空のマイルを貯めるのに必要なクレジットカードは年会費が高いカードが多いです。
でも、このデルタスカイマルJCBカードテイクオフはデルタスカイマル提携カードとしては1,500円+税(初年度無料)と低コストにもかかわらず、還元率も100円で1マイルと年会費が安くマイルが貯まりやすいカードです。
買い物なのでの利用の場合100円1マイルなのですが、デルタ航空券を購入した場合100円で2マイルもらうことができます。
スカイマルの場合、国際線で利用することが多いので、海外旅行に行く方や出張などで海外によく行く方におすすめなカードです。

デルタスカイマルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

このデルタスカイマルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、持つだけで、デルタスカイマル上級会員(ゴールドメダリオン)になれるすごいカードです。
(2年目以降は、1年間の利用金額に応じて付与)デルタ航空やスカイチームの飛行機(チャイナエアライン・大韓航空・エールフランスなど)を利用するだけなら、持っているだけでエコノミークラス利用でも、VIP待遇を受けることができます。
待遇の内容は、スカイチームの空港ラウンジ無料や優先チェックインと保安検査、デルタ航空利用時に無料の座席アップグレードや預け荷物の優先です。
デルタ航空やスカイチームの飛行機を利用するなら、持っていて損のないカードです。
さらに通常ショッピングは100円で1マイル、海外ショッピングならば100円で1.5マイル。
デルタ航空航空券ならば100円3マイルとポイントもよくたまります。

その他

どの航空会社のマイルを貯めるか決まっていないなら…

お気に入りの航空会社や航空アライアンスが決まっていない方におすすめするのが、スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレスカード(SPGアメックス)です。
SPGアメックスはシェラトンやウエスティンといった高級ホテルを運営する巨大ホテルグループと提携したカードで、年会費は3万円と高額ながら年に1回の無料宿泊券がもらえるサービスがあります。
SPGアメックスはマイルとも非常に相性がよく、カード利用で貯まったポイントを世界中の航空会社のマイルに手数料なしで交換することができます。
JALやANAはもちろん、アライアンスに関係なく40社以上もの航空会社のマイルへ交換が可能です。
SPGアメックスなら普段のカードの利用で貯めたポイントをマイルに交換して海外へ、そして旅先では付帯サービスの無料宿泊券で高級ホテルに宿泊などできるのです。
しかもポイントの有効期限もありません。
普段それ穂と飛行機を利用する機会がないけど、年に1度ぐらい海外旅行に行きたい人にはとてもおすすめのカードです。
年会費以上の価値があるカードだと思います。

ソラチカカードは陸マイラーにおすすめ

東京メトロ、ANA,JCBが提携したANA To CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、東京メトロを利用しない地方のマイラーや陸マイラーにも圧倒的な支持を得ているカードです。
カードを利用して貯めたOkiDokiポイントをそのままANAマイルへ移行するのではなく、いったんメトロポイントに交換することで、約4.5倍もお得にマイルへ移行することができるます。
例えば4,000OkiDokiをマイルに交換すると、12,000マイルになりますが、OkiDoki→メトロポイント→ANAマイルに交換すると、何と18,000マイルに増えるのです。
ANAマイルをお得に貯めたい方にはおすすめの一枚となっています。

高還元率を狙うならユナイテッド航空系カード

ユナイテッド航空系のマイレージ用クレカは高還元が魅力です。
「MileagePlusセゾンカード」は最大2.25%の還元率なのが魅力です。

提携会社の多さなら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは提携航空会社14社のマイルに変更できる最強のカードと言われています。
還元率は1.5%ですが、ポイントの還元先の多さから汎用性が高いのが魅力。

デビットカードで気楽にポイントゲット!

デビットカードでもマイルを貯めることができます。
クレジットカードだとどうしてもたくさん使い過ぎてしまうという人はマイレージシステム付のデビットカードを作成するのもおススメです。

デビットカードについて

失効や還元率に気を付けながらマイルを貯めよう!

マイレージを貯めたい人は還元率だけでなく、自分のライフスタイルに合ったマイレージシステム搭載のクレジットカードを使うのがおススメです。
失効期限があるJAL・ANA系のマイルを貯める場合は計画的にマイルを還元して使いたいですね。

クレジットカードを解約するときの注意点

これまでお伝えしたように、各航空会社によって持っておきたいクレジットカードはとても多く、特徴もバラバラなことがお分かりいただけたと思います。
もし今持っているクレジットカードをほかのカードに切り替えようと思っていらっしゃる方もいるでしょう。
またクレジットカードが無駄に増えてしまうのは陸マイラーあるあるですが、あまり使っていないクレジットカードをいつまでも持ち続けているのも面倒です。
クレジットカードの解約自体はとても簡単です。
クレジットカード会社に電話をして解約したい旨を伝える多です。
また、最近では音声案内に従って番号を入力するだけで解約できるクレジットカード会社もあります。
しかし簡単に解約してしまうと困ってしまうケースもあります。
最悪の場合は信用情報にキズがついてしまうこともあります。
そうならないためにも注意点やデメリットをお伝えいたします。

解約するときに注意したい4つのポイント!

① クレジットカード入会後の解約はやめましょう

クレジットカードを解約するときに最も気を付けておきたいのは、そのクレジットカードをすぐに解約してはいけないことです。
クレジットカードを発行してすぐに解約してしまうと、クレジットカード会社にポイントや特典目的の入会とみなされてしまう可能性があります。
入会後の解約はクレジットカード会社からの印象も悪くなり、特典目的で入会したと判断されてしまうと、今後そのクレジットカードを新たに作るときに審査に通らなくなる可能性があります。
解約する目安としてはクレジットカードを発行してから半年間以内の解約は避けた方がいいでしょう。

② 公共料金や携帯電話料金の引き落としに使っていないか

解約するクレジットカードに、水道や光熱費などの公共料金や携帯電話など毎月の支払いに使っている場合は、解約する前に別のクレジットカードに変更しておきましょう。
支払が遅延してしまうのも当然なことですが、特に問題なのは携帯電話はスマホを分割払いで契約している人です。
分割払いで遅延してしまうと信用情報にキズが付くことになるので注意が必要です。

③ 年会費が発生するタイミングを確認しましょう

年会費が発生するクレジットカードを解約するときは、その年会費がいつ発生するかを確認しておきましょう。
年会費は1年分の年会費を支払わないといけないので、もし解約使用する前に年会費を払っていれば、次の年会費が発生するまでに待っておく方がいいでしょう。

④ たまっているポイントがないかどうかを確認しましょう

クレジットカードを解約するとそのクレジットカードによる支払いまで貯まっていたモインともなくなってしまいます。
交換できない程度であれば仕方ないことですが、多くのポイントがたまっているようなら、解約前にポイントを使ってしまわないと無駄になってしまいます。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト