お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

クレジットカードのセキュリティコードの役割は?暗証番号との違い

ネットショッピングを楽しむのに便利なクレジットカード決済ですが、支払い手続きの途中で、カード番号とは別に「セキュリティコード」の入力を求められることがあります。このセキュリティコードとは、ネットショッピングで支払いを行うとき、カード番号や有効期限とは別に、セキュリティを保護するために入力を求められるコードのことです。カード番号でも、自分で設定した暗証番号でもないセキュリティコードが、どういったものなのか。実はその存在を知り正しく入力することは、クレジットカードの不正利用を防止するうえで、購入者のみならずネットショップにとっても重要です。

セキュリティコードの基本知識

セキュリティコードは通常、クレジットカードに記載されている数字の末尾3桁、もしくは4桁の数字です。例えば「1234 567」と印字されていれば「567」の部分がセキュリティコードになります。カード会社によっては裏面にも16桁のクレジットカード番号が印字されている場合もありますが、その場合でも一番右端の3桁の数字と思えておけば大丈夫でしょう。

セキュリティコードはどこにあるのか?

セキュリティコードは、クレジットカードの表面か裏面に印字されています。Visa/MasterCard/JCB/Diners Club Internationalの4ブランドは、裏面の署名欄に記載されている3桁の数字で、American Expressは表面のカード番号の近くに印字された4桁の数字です。ただし、セキュリティコードはクレジットカード会社が独自で行っているセキュリティ対策の一つなので、必ずしもすべてのクレジットカードに記載されているわけではありません。古くに発行されたクレジットカードにはセキュリティコードが存在しないものもあります。もし、最近発行されたクレジットカードでセキュリティコードがない場合は、何らかの理由によって印字部分が消えてしまった可能性がありますので、カード会社に問い合わせするようにしてくだい。

セキュリティコードは、ネット上で安全にクレジットカードを使うためにある

セキュリティコードは何のためにあるのかというと、ネット上で安全にクレジットカードを利用するためにあります。インターネット通販やテレビショッピングなどでの不正利用が増えたことを背景に、1997年にマスターカードが、2001年にVisaカードが導入しました。ネットでのクレジットカード利用の普及とともに導入されたセキュリティコードの歴史は、それほど長くないのです。

セキュリティを守る仕組み

セキュリティコードはカード自体に書かれているだけで、磁気ストライプやICチップには記録されていません。これが、セキュリティコードのセキュリティの基本です。データ化されないように、スキミングなどの犯罪でセキュリティコードが盗まれることがないところに強みがあります。また、そのクレジットカードが手元にない人には確認しようがない番号であることも特徴です。万が一、データ流出などで第三者にカード番号や有効期限などを知られたとしても、セキュリティコードが分からなければそのカードを悪用できません。それを利用してインターネット通販利用時やカード情報の変更の際に不正利用を防止するための仕組みとして利用されているのです。

スキミングとは?

スキミングとは、クレジットカードの情報を不正に入手して、全く同じ偽造カードを作って不正利用する犯罪のことです。クレジットカードそのものを盗むのではなく、「スキマー」という道具を使って、クレジットカードの磁気ストライプに書き込まれている情報のみの読み取るため、自分が被害者であることに気づきにくいという特徴があります。月末に請求書が来て、その請求額の多さに初めて被害に遭ったことを知るというケースがほとんどです。

セキュリティコードの管理

近年、セキュリティレベルが高いネットショップでは、その多くがセキュリティコードの入力を必須にしているため、購入手続き中にセキュリティコードを入力する機会も増えています。しかし、セキュリティコードの管理に気を付けておかないと、フィッシング詐欺に合う可能性があります。フィッシング詐欺は、金融機関やクレジットカード会社に見せかけた偽装メールを不特定多数の人に送り、その偽サイトに個人情報を入力させるインターネット詐欺のことです。

フィッシング詐欺の手口

フィッシング詐欺では、何とかユーザーをフィッシングサイトに誘導しようとします。誘導するフィッシングサイトは、銀行やクレジットカード会社、オンラインゲームなどオンラインサービスがその多くを占めます。また、すぐにアクセスしないといけないと思わせるような、人間の心理を利用する文面が使われます。下記にて具体的な例を紹介します。

新たなセキュリティ対策を導入したと連絡が来る

「情報漏えい事件が多発していることから、新たなセキュリティ対策を導入しました」と、設定を有効にするためにリンクからログインするよう促すものです。「二要素認証を導入した」など、具体的な名称を使うケースもあります。

パスワードが簡単すぎると指摘される

「システムのテストにより、あなたのアカウントのパスワードは簡単すぎ、安全性で問題がある」と、パスワードを変更するためにリンクからログインするように促すものです。サービス側が、すでに利用しているユーザーに対してパスワードの強度を調べることはありません。

第三者によるアクセスが確認されたと連絡が来る

「当サービスに第三者によるアクセスを確認したため、お客様の登録IDを暫定的に変更した」と、リンクをクリックしてパスワードを再設定させようとするものです。パスワードを変更したのに、リンク先でIDとパスワードを入力させようとするので、おかしいことです。

アカウント情報に誤りがあると指摘される

「アカウントの登録情報に誤りがある」と、登録情報を変更するためにリンクからログインするよう促すものです。「24時間以内に変更しないとアカウントがロックされる」と脅すケースもあるようです。

プロダクトキーが第三者に利用されていると連絡が来る

マイクロソフトの「office」を使用するために必要な「プロダクトキー」が第三者に利用されている可能性があるとして、検証作業のためにリンクからログインさせようとするものです。

購入確認のメールを装う

ショッピングサイトで商品を購入したときに送信される「購入確認」のメールを装うものです。実際の購入確認メールと同様にHTMLメールで送られてきます。受け取ったユーザーは心当たりがないので「キャンセルはコチラから」というリンクをクリックしてしまいます。

フィッシングメールを見抜くポイント

フィッシングは「このままではサービスが使えなくなる」や「このままではお金を支払わなければいけない」など思い込ませることでユーザーを動揺させ、リンクをクリックさせて重要な情報を盗み出そうとします。まずは落ち着いて冷静になることが大事です。

あなた宛てのメールなのか?

設定変更が必要になるようなメールが届いたら、まずはメールの宛先や件名、本文に自分の名前があるかどうかを確認しましょう。通常、サービス側から設定変更などを求めるメールには、ユーザーの氏名や会員番号が記載されています。それらの記載がない場合は怪しいメールと考えていいでしょう。なぜならフィッシング詐欺を行う犯罪者は、メールアドレスしか知らないことがほとんどだからです。

送信元を確認する

メールの送信者の表示は事由に書き換えることができます。そのため、送信者のメールアドレスが正しいからといって信じるのは危険です。パソコンの場合は、メールのヘッダ情報を確認することで、ある程度メールの信頼性をチェックできます。メールソフトからヘッダ情報を開きますが、実はほとんどの項目が偽装できます。しかし、「Received」の項目が異常に多い場合や、項目のURLにカッコがついている場合は、偽装の可能性が高いといえます。

メールに入力エリアがあるものは無視する

サービス側からのメールは、利便性を意識してかHTMLメールが増えています。フィッシングメールにもHTMLメールが多くありますが、IDやパスワードなどの入力エリアがメールに表示される場合は、フィッシングを疑うべきでしょう。

同じ情報があるかWEBサイトで確認する

パスワードの変更や購入確認などのメールが届いたときは、メールのリンクからではなく、WEBブラウザのブックマークからWEBサイトにアクセスし、同じ情報が掲載されているかどうか確認しましょう。

クレジットカードの暗証番号の重要性

ICチップに搭載されている最近のクレジットカードでは、レジでのクレジット決済の際に暗証番号を求められる場合があります。この暗証番号は重要で決済の時にカード会員本人であることを証明するための番号となっています。スーパーやコンビニなどで1万円以下など小額決済は暗証番号不要で利用できる場合もありますが、一部決済や海外決済などでは暗証番号入力が必須となっている場合があります。

現状では暗証番号を忘れてもクレジットカード決済はできる

日本国内では、クレジットカード決済の時に暗証番号ではなく、サインに切り替えるよう要求できるようになっています。そのため、暗証番号を忘れたとしても、クレジットカードで支払いをすることができます。セキュリティ重視という目的で人前で暗証番号を入力したくない人もいるので、店員さんに対して気にすることなく、暗証番号ではなく、サインでお願いしますと言えばいいでしょう。

今後は暗証番号が必要になってくる

前途のようにサインでも対応できるようになっているのは、あくまでもICカード普及期ならではの過渡的措置です。少ないながらもまだICカード対応になっていないクレジットカードも存在することや、利用者が暗証番号を忘れたために買い物できないと不便にならないようにするための対応です。今後は、セキュリティ対策強化のために暗証番号の入力が必須になってくるでしょう。すでにヨーロッパなど、クレジットカードのIC化が100%完了している海外では、ほとんどのお店で暗証番号の認証しか受け付けてくれず、暗証番号がわからなければ利用できないようになっています。海外旅行の前には、暗所番号の確認をしておきましょう。

キャッシングや券売機では暗証番号が必要

ATMなどでのキャッシングでは暗証番号による本人確認が必要となっています。また、自動券売機で、新幹線の切符や航空券などをクレジットカードで購入するときも暗証番号が必要です。もし暗証番号を忘れたしまうと切符が買えないので、人がいる窓口でしか購入できず、長い列に並ばないといけません。

加盟店では暗証番号のスキップ機能が搭載されている

クレジットカードの加盟店では、端末に暗証番号のスキップ機能が搭載されており、暗証番号を忘れてしまったカード会員の救済措置として用意されています。このスキップをすると暗証番号の入力を飛ばすことができます。ただし、必ずスキップできるわけではありません。不正使用の検知は各取引で行われていますので、端末が暗証番号のスキップ処理を拒否することもありますので注意が必要です。ちなみに、日本クレジットカード協会では、加盟店にスキップ機能の濫用は控えるように案内をしています。同会の調査では暗証番号を覚えている人は66.6%、なんとなく覚えている人は21.4%となっており、多くの人は暗証番号を覚えている事が分かります。

暗証番号の管理の重要性

クレジットカードには「盗難保険」という保険が付いていて、第三者によって不正にカードを使用された時の代金は、保険で支払ってもらえるようになっています。これがあることで安心してクレジットカードを使うことができるようになっています。

暗証番号の管理は慎重に!

暗証番号の管理は慎重にしておかなければいけません。特に暗証番号がわかるものを一緒に持っていたりするのはとても危険です。例えば、クレジットカード自体に暗証番号を書いていたり、暗証番号をメモに書いてカードと一緒に財布に入れているなど、暗証番号の管理はリスクが高いので避けた方がいいです。他にもICカード免許証と同じ暗証番号にしていて、暗証番号申告用紙と一緒に保管するといったことも避けた方がいいです。

不正利用された場合は補償されない

暗証番号は本人しか知らない4桁の番号です。もし、暗証番号をきちんと管理しておらず不正利用された場合には、暗証番号の管理義務違反となり補償はされず、不正使用分の請求の支払いをしなくてはなりません。クレジットカードの暗証番号はそれぐらい大切なので、絶対にほかの第三者に知られないようにしなければなりません。また、クレジットカード会社や公的機関、金融機関などが暗証番号を電話やメールなどで聞いてくることは絶対にありませんので注意しておいてください。

第三者が推測しやすい暗証番号もNG

暗証番号を決めるときには、第三者に推測されやすい番号は使わないようにしましょう。例えば自分の誕生日や車のナンバー、電話番号の末尾4桁などを使ってしまうと、第三者にクレジットカードを盗まれたときに簡単に推測され、キャッシングなどで悪用される可能性が高くなるからです。このような場合も、暗証番号をきちんと管理していなかったとして盗難保険が適用されなくなる恐れがあります。

クレジットカードの暗証番号を忘れた場合

普段から頻繁に利用されている方であれば、クレジットカードの暗証番号は覚えているかと思いますが、たまにしか使わないという方は暗証番号を忘れてしまったという方もいるでしょう。暗証番号を忘れた場合の対処法としては、クレジットカード会社に問い合わせるという方法になります。主に2種類の方法があり、簡単な本人確認ができれば照会が可能です。

郵送で暗証番号通知書が送られてくる

クレジットカードの暗証番号照会手続きを行うと、1~2週間程度で暗証番号を記載した郵便物が送られてきます。一般艇に電話での口頭で暗証番号を教えてもらうことはできません。一部のカード会社では状況に応じて本人確認の質問に答えて教えてもらえることもありますが、よくよく考えると他の第三者が暗証番号を知ることになる訳なので怖い話です。海外旅行を予定しているなど、あらかじめ暗証番号が分からない場合には早めに問合せをしておくことが大事です。また、クレジットカード会社のWEB会員サービスにログインしても暗証番号は分かりません。必ずWEBの暗証番号照会のフォームから手続きをするか、電話で連絡します。いずれの場合も郵送での案内となります。

暗証番号を一定回数間違えるとロックがかかる

クレジットカードの暗証番号はとても重要なものなので、一定回数間違えて入力してしまうと、セキュリティの関係上ロックが掛かってしまいます。暗証番号の桁数は4桁ですが、忘れてむやみに入力すると面倒なことになります。一般的には暗証番号を3回間違えてしまうとロックがかかる仕組みになっています。ICチップには入力間違いも記録されるので、3回間違えるとICチップにブロックが掛かってしまい利用することができなくなります。

暗証番号の誤入力でロックが掛かったときは作り直しになる

一般的にクレジットカードの暗証番号を何度も間違えてロックが掛かってしまった場合、元に戻すことができません。ICチップ自体にロックが掛かっているので、クレジットカードの作り直しが必要となります。クレジットカードの作り直しは、クレジットカード会社に連絡をして暗証番号変更手続きをしてから、新しいクレジットカードが届くのを待つことになります。期間は1~2週間程度かかる場合があります。

暗証番号を変えたいときは?

クレジットカードがICカードの場合、暗証番号はICチップの中に記録されています。したがって、暗証番号を変更するときは、そのチップ内の情報を書き換えないといけません。そのため暗証番号を変更するために新しいクレジットカードを再発行することになり、ICカードの再発行手数料がかかる場合があります。ただし、JCBなど一部のクレジットカード会社では、セブン銀行などの提携銀行ATMにカードを挿入し、画面に沿って操作をすることでその場で暗証番号が変更できるようになっている場合もあります。この場合は、その場でICチップの情報も書き換えられ、暗証番号が変更されます。

ICカードではないとき

ICカードではない場合は、クレジットカード番号と変更前のパスワードを伝えれば、電話で手続きが完了することがほとんどです。クレジットカード会社側で管理している情報を変更するだけなので、カードはそのまま使えます。

セキュリティコードと暗証番号の違い

前途でご紹介したように「セキュリティコード」は、ネットでクレジットカードを使用するために必要になることが多く、「暗証番号」は店頭で使うために必要であるという違いがあります。キャッシング枠の付いているカードでのキャッシングには「暗証番号」が必要になります。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト