お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

クレジットカードが利用停止になってしまった!どうしたらいい?

クレジットカードが利用停止になってしまったら本当に困ってしまいますよね。
そんな利用停止や解除の条件をチェックして利用停止にならないようにしたいですね。

クレジットカードが利用停止になる条件

クレジットカードが利用停止になってしまう条件として、
・延滞(未払い)
・利用限度額超過
上記の2つが挙げられます。

延滞(未払い)

カードの支払い期日に未払いがあると、「金融事故」として扱われてしまいます。
これまでずっと支払いをしてきて、たまたま口座にお金を入れ忘れた!というくらいなら見逃してもらえることもあります。

しかし1年間の間に何度も未払いがあったり、長期間延滞などがあればそれはクレジットカードの利用停止になります。

利用限度額超過

利用限度額が超過すると、クレジットカードが利用停止になります。

利用限度額が大きく、それをいっぱいいっぱい使ってしまっているという方は、返済能力が追い付いていません。
毎月の支出の見直しが必要となってきます。

利用停止を解除する方法

クレジットカードの利用停止を解除する場合、

お金がある場合…お金を振り込む
お金が無い場合…クレジット会社に電話をする

クレジットカードはカード会社との信用で成り立っています。
そのため、節約でなんとかなる範囲でしたらお金を振り込んでしまう方が良いでしょう。
そのまま契約解除になってしまうと今後あらゆる場面で困ってしまうことになります。

またもうお金が無い、という方はクレジット会社にきちんと電話をして、返済できそうな期日などを話し合ってください。
電話が怖い…とお思いかもしれませんが、コールセンタースタッフは業務的に対応するのできちんと電話をして少しでも信用回復に努めたほうが建設的でしょう。

延滞と限度額超過のコンボで契約解除も

延滞期間が長く、限度額も超過していると「返済能力無し」とみなされ、クレジットカード自体の契約を解除されてしまうことがあります。
契約解除になると次クレジットカードを作るのに審査落ちしてしまうこともあります。

クレジットカードの返済日は思っている以上にシビアに記録に残ります。
いつも口座にある程度お金が入っている状態にしておきたいですね。

「カード不正使用検知システム」により利用停止

三井住友カードでは、業界最高水準の「不正使用探知システム」を導入しており、24時間365日カード利用のモニタリング(不審カード利用チェック)をおこなっています。
例えば、いつもネットショップで5000円~1万円の商品しか購入していなかったけど、たまたま欲しい商品が3万円でもクレジットカード決済で購入することってありますよね。
そういった場合でも、第3者による不正使用を疑い、一時的にカード利用を保留されることがあります。

どういったときにシステムが作動するのか

  • 過去の不正利用時と同じ、もしくは近い方法で利用があった場合
  • 同じ人が同じ店で、集中的に何度もクレジットカードを利用している場合
  • ほぼ同時刻に複数の店で同じクレジットカードが利用された場合
  • 同一のクレジットカードで短時間に離れた場所にもかかわらず利用された場合

など、不正利用のパターンと類似した決済が行われたと判断された場合、クレジットカードが利用停止されるので気をつけましょう。

カード利用が保留になった場合の対応

カード会社からメール、電話もしくはSMS(ショートメッセージサービス)にてカード所持者に問い合わせがあり、以下の手続きをお願いする場合もあります。

  • 店頭で電話口に出ていただき、本人かどうかいくつか簡単な質問をさせていただく
  • セキュリティコードを確認・入力していただく
  • カードの利用内容・渡航確認をさせていただく

不正利用の危険性があるとカード会社が探知した場合、カード犯罪防止のため新しいクレジットカードに差し替えていただく場合もあります。

「カード不正使用検知システム」の解除方法

カード利用が保留になった場合、カード会社から問い合わせがくるので、そのときに解除依頼をするか、決済出来てないと気づいたときにカード会社に問い合わせて解除してもらう必要があります。
もし、カードの登録情報に誤りがあったり、携帯電話番号やメールアドレスが最新でない場合、カード会社から連絡が来ず、保留されてることに気づないまま…ということも!
スムーズに保留解除できるようにするためにも最新の情報かどうか確認しておきましょう。

利用停止されることなく現金化を行う方法

「クレジットカード現金化」などの規約違反があったとカード会社が判断した場合も利用停止になることがあります。
現金化を考えてる方のなかには、利用停止されるのが怖くて現金化できずにいる…という方も多いのではないでしょうか。
実際、カード会社にバレると様々なペナルティを受けることになります。
ペナルティを受けないためにも、上手に現金化を利用しましょう。

楽天カードは利用停止になりやすい

楽天カードはカード発行時の審査が他社に比べてハードルが低いので、他で審査が落ちた方でも楽天カードなら審査が通ったという方が多くいます。
しかし、このカードは審査後の方があらゆる決済や利用状況を厳しくチェックしているため、利用停止になるリスクが他社よりやや高いです。
楽天カードで現金化を考えてる方は、自分で現金化をおこなうより、決済代行会社を用いた業者に現金化を依頼するのがもっとも確実だといえるでしょう。

安全なクレジットカード現金化の手順

〇現金化業者を選ぶ

安全にクレジットカードを現金化したいのであれば現金化業者を利用するといいでしょう。カード会社にバレるリスクも軽減します。
現金化業者を選ぶ際には、換金率や口コミ、評価など様々な情報を比較して慎重に選ぶのも大事です。
業者選びは、『現金化業者紹介』を参考にしてみてください。

ショッピング枠を確認

「ショッピング枠が足りなかった」とあとでトラブルになる前に、事前にショッピング枠を確認しましょう。限度額以上の決済をしようとするとカード会社に怪しまれる可能性があります。
クレジットカード会社によって利用できる返済方法も異なりますので、ショッピング枠の支払い方法や金利に関してもきちんと確認しておくといいでしょう。

業者に問い合わせ

現金化業者に問い合わせて、身分証の提出等の手続きをおこない、指定された商品をクレジットカード決済で購入します。
決済完了後、現金化業者から指定の口座に入金がおこなわれます。
※後日、現金化業者から届く商品は必ず受け取りましょう。受け取り拒否すると契約が破綻する恐れがあります。

カード会社からのペナルティ

クレジットカード会社から規約違反がバレた場合、以下のようなペナルティを受けることがあります。

  • 現在利用中のクレジットカードの利用停止
  • クレジットカード会員資格のはく奪、および審査情報の悪化
  • 未納の利用額の一括請求

料金延滞や利用限度額いっぱいまで借入しているような方は、支払い不能だと判断されやすくペナルティを受けやすいです。
現金化を考えてる方は、クレジットカードの利用方法にも普段から気をつけておくといいでしょう。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト