お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

使いすぎを防止!クレジットカードの適正枚数は?

クレジットカードってことある度に加入を勧められますが、何枚くらいまでなら使いすぎ無い枚数になるでしょうか。
他の人のクレジットカードの平均枚数なども気になるところですね!

クレジットカードの平均枚数は

JCBの2016年クレジットカードに関する総合調査
https://www.global.jcb/ja/press/news_file/file/20170217.pdf)によると

クレジットカードの保有率は84%。平均保有枚数は3.2枚

とのことでした!
一人当たり3枚4枚は持っているということになりますね。

クレジットカードの主な使い道

クレジットカードの主な使い道は

  1. ネット通販などで決済するために
  2. 携帯電話の支払い
  3. スーパーマーケット

だそうです。
①のネット通販では、利用量が増加しているのだとか。
そういえば昔はスキミング詐欺などが多かったですが、最近ではクレジット決済の画面のセキュリティ向上により、減ってきているように思います。 セキュリティ向上のためにもICチップ搭載のクレジットカードに切り替えていきたいですね。

そのほかにも使えるクレジットカード!

そのほかにもクレジットカードはショッピングだけではなく

  1. 旅行の際の海外損害補償
  2. ポイントやマイルを貯めるためのポイントカードとして
  3. いざというときのキャッシング

といった様々な使い道があります。

クレジットカードの使い方

クレジットカードの平均所有枚数は3.2枚でしたが、それぞれのカードに役割を持たせて使っている人も多いのではないでしょうか。
クレジットカードの枚数を複数枚持つにあたって、「メインカード」「サブカード」と使い分けている人が多いようです。

メインカード … 日常で使う用のカード。コンビニやスーパー、ネットショッピングなどで使用する

サブカード … メインカードでは決済できない決済を行う。またはポイント還元率が高いカード

このようにメインカード1枚、サブカード2枚くらいを持っている人が多いのではないでしょうか?

メインカードの使い道について

一番よくショッピングなどで使用するメインのカードは、

  • VISAやMaster、JCBなど多くの店舗で決済可能
  • 貯めたいポイントが高還元される

といった条件が必要となってくるかと思います。
また電子マネー系クレジットもID一体型だとチャージ不要でコンビニなどでも使うことができるので便利です。

サブカードの使い道について

一方サブカードの使い道としては、海外などへしょっちゅう行く人は、その国で流通しているクレジットカードも持っている傾向にあります。
この点ではやはりアメリカンエキスプレスをサブカードとして使用している人が多いですね。
日本でも使うことができるカードですが、欧米圏の方がシェアが高いです。
またアメリカンエキスプレスは海外旅行の際の保険も自動付帯しており、内容も充実しているので保険代わりに使用している人が多いです。

基本的にサブカードはメインカードではカバーしきれない部分を補完するために使用されるカードになります。 そのためメインカードを選んでから、サブカードを選ぶようにしたいですね!

枚数が多いと管理が大変

クレジットカードは作れば作るほど初回の特典などが多く、お得に感じてしまうことがあります。
そのため勧められたら加入してしまっている…という人が多いかもしれませんが、枚数が増えるにしたがって管理が大変になっていきます。

①有効期限の更新が次々とくる

クレジットカードには有効期限があります。
有効期限が過ぎれば新しいカードが郵送されてくるのですが、有効期限前でも【カードの改定】などによってカード番号が変わることがあります。
ネット通販などでは番号をそのまま暗号にして記憶させておきますので、しょっちゅうカード番号が変わると管理が大変になります。

②枚数が多いと同じ会社でクレカを作れなくなる

例えばVISA社で何枚もクレジットカードを発行できるとかというとそうではありません。
クレジットカードによる利用限度額と年収を見て、クレジット会社が審査を決めます。

そのため同じ会社で複数枚クレジットカードを持つのはあまりよくないです。
特に半年で同一社に3枚以上の発行を申し込みしているとブラックリスト入りになります。
ご注意ください。

③防犯面でも危険が

クレジットカードを複数枚保有していると、紛失や盗難といった危険が伴います。
気づいたらあのカード1枚無くなってない?そんなことが発覚したら大変です!
すぐに解約の連絡をいれましょう。

多重申込はカード審査に通りにくくなる

クレジットカードの所持枚数に規制はありませんので、持とうと思えば何枚でもカードを所持できることになります。
ただし、クレジットカードを短期間に複数枚申し込むと「申し込みブラック」の状態になり、カード審査に通りにくくなりますし、クレジットカードの所有枚数が多いと審査に落ちる原因になります。
所有できる枚数に限りはありませんが、カード審査する期間や枚数には気をつける必要があり、平均3.2枚といった枚数も審査が通る可能な枚数といえるでしょう。

申し込みブラックとは

短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込んだ状態のことを言います。
「短期間に複数」とは、カード会社や消費者金融会社によって異なりますが、一般的に1ヵ月間に3枚以上の申し込みで「申し込みブラック」扱いにあると言われています。
クレジットカードの審査期間は長いもので1ヵ月ほどかかる場合があるので、審査に通るか不安になって複数枚申し込んでしまう人は多いですが、カード会社や消費者金融会社に怪しまれるような行動は避ける必要があります。

申し込みブラックになった場合

申し込みブラックになった場合でも、6ヵ月間クレジットカードを申し込まないようにして、個人信用情報機関の情報が消えるのを待つことでカード審査に通過できるようになります。
個人信用情報機関には複数枚のカード申し込み履歴は全て残っているので、最後に申し込んだカードから6か月の期間を空けてから新たに申し込むようにしましょう。

クレジットカードの使いすぎを防ぐ方法

クレジットカードはお金が無いときでもカードで決済できるのでついつい使い過ぎてしまうこともありますよね。使いすぎを防ぐためにも利用を控える方もいますが、複数枚持っているとどのくらい使ったのか分からなずに使い過ぎてカード利用明細が届いてびっくり!なんてこともあると思います。
そこで、カードを使い過ぎる人の原因と使い過ぎたときの対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

使いすぎの原因

カードを作りすぎている

まず気を付けたいのが、カードの作りすぎです。
年会費無料で魅力的な特典が付帯されているクレジットカードがたくさん出てきたこともあり、特典欲しさに何枚も作ってしまう方がいます。
また、クレジットカードはカード会社ごとに利用限度額が設定されているので、利用額を増やすためにカードを複数枚作る人もいますが、利用額が増えればその分たくさん使えてしまいます。

お金を使った感覚がない

クレジットカードで支払いをする場合、手元にあるお金は減らないため、「お金を使っている」という感覚が少なくなりがちです。

手元に現金がなくてもお買い物ができるので、衝動買いにつながる可能性もあります。

分割払いやリボ払いを多用する

クレジットカードは、「一括払い」や「2回払い」、「ボーナス1回払い」といった回数が少なく、手数料がかからない支払い方法と「分割払い」や「リボルビング払い(通称、リボ払い)」といった手数料がかかる支払い方法があります。

分割払いはリボ払いにすることで、月々の返済金額を低くおさえられますが、更に買い物ができると錯覚してしまうことがあります。
しかも、月々の返済に手数料がかかるためトータルで見ても多く支払うことになります。

カード利用明細を確認しない

カード利用明細をチェックしないのは一番危険です。
どのカード会社も、郵送またはWEBサイトでカード利用明細を発行しています。明細を使って、いつ・どこでクレジットカードを利用したか確認できますので、利用額を考えながら家計の範囲内で使うことができます。

しかしカード利用明細を確認しないと、自分がいくら使ったか分からないまま、次々に買い物を続けてしまう危険が出てきます。
しかも、クレジットカードの不正利用があった場合気づくこともできません。

使い過ぎてしまう人は利用額を毎回確認するようにしましょう!

使いすぎを防ぐ方法

利用限度額を低く設定する

まずは、利用限度額を低く設定することをおすすめします。
利用限度額とは、カード発行会社が「○○万円までならクレジットカードを利用できます」と認めた上限金額のことで、カード発行会社に電話で問い合わせて「利用限度額を引き下げたい」と伝えれば、簡単に下げてもらうことが出来ます。

使いすぎが怖い方は、「この金額までだったら使ったとしても返済できる」という利用限度額に変更し、自分の身の丈にあった範囲でカードを使うようにしましょう。

利用するときは一括払いにする

支払い方法を、「一括払い」に限定するのもおすすめです。
カード自体の制限は出来ませんが、自分で使う時に一括払いのみで支払うと手数料もかかりませんし、使い過ぎるといったことも減ります。

分割払いやリボ払いを好む人からすると、「全部一括だと支払いがキツイ」と悩むかもしれません。勿論、分割払いやリボ払いを利用すると月々の支払いが楽になります。
楽になるから使い過ぎるのです。

また、分割払いやリボ払いだと、金利手数料が増える点も無視できません。
クレジットカードは、一般的に実質年率12~15%ほどの金利手数料がかかります。
例えば10万円の商品を10回払いで購入した場合は、手数料だけで7,000円前後かかりますので、仮に20回払いにした場合は13,000円~14,000円ほどにもなります。

支払う金額が明らかに増えるので、分割払いやリボ払いでの利用を控えましょう。

カード枚数を制限する

利用限度額の設定を低くしても複数枚のクレジットカードを保有・利用していたら、利用限度額は下がっていないのと同じです。

例えば利用限度額が20万円のクレジットカードを5枚保有していたとしたら100万円の利用限度額があるのと同じです。
まずは、クレジットカードの枚数を減らしましょう。

毎月必ずカード利用明細をチェックする

利用明細を毎回チェックすることがもっとも重要で、家計簿をつけるよりもお金の管理が容易になり、その他にも以下のような効果があります。

  • 事前に引き落とし金額がわかる
  • 分割払いやリボ払いの残高、支払い期間がわかる
  • 利用限度額がわかる

自分が「いつ」「どこで」「いくら」使ったかがわかると、自分の無駄遣いを見直すことができ、例えば携帯代金や保険代金などがクレジットカードで引き落とされた金額を確認したときに、高いなと感じる場合があるはずです。
そんな時はプランの見直しを行い、本当に適正な支出であるか調べる必要があります。

毎月かかる支出が下がると生活水準が安定し、向上します。
そういった意味でも利用明細は必ず確認するようにしましょう。

使い過ぎてしまうとどうなるの?

新規申し込みと利用額の増額ができなくなる

クレジットカードは利用者の返済能力に応じて発行されるため、返済能力が限界だと判断されると発行できません。
保有していいるクレジットカード以上にぴったりなクレジットカードが見つかったとしても発行することができません。
また、一時的に多額の利用可能枠を使う必要があるときに、審査が否決されると本当に困った事態となります。

各種ローンの審査に通らなくなる

審査時に多額の支払い残高があると審査が不利になる場合があります。
住宅ローン、自動車ローンなどローンを組もうとしたときにローンが組めなくなると人生設計も変わってしまいますよね。
また、奨学金もローンに当たるため、お子様の進路にも影響してしまうことになりかねません。

携帯電話の本体分割契約が行えなくなる

実は、携帯電話本体の分割契約も審査があります。多額のクレジットカード残高があったり、支払いに問題があったりすると携帯キャリアの審査が通過できない恐れがあります。例えばスマートフォンを新規購入したい時、分割の審査に通過しないと1回で支払う必要があるため、希望通りの機種を買えないということにもなります。

クレジットカードを整理しよう!

クレジットカードの適正枚数は、生活スタイルに合わせて持つといいでしょう。
例えば、4枚も5枚も持っている人が、公共料金などの支払いでしか使用していないというのは何の意味もありませんし、海外へ頻繁に出かける人がたったの1枚しか持っていないというのも不都合です。

今回は、クレジットカードを減らす場合のポイントをご紹介します。

ブランドを分散する

クレジットカードを複数枚持つ場合、1つのクレジットカードブランド(例:VISA、JCB、Masterほか)だけ持つと汎用性が低くなります。どこでも使えるからとVISAばかり持っているよりも、JCBやマスターカードなどバランス良く持った方が安全です。

盗難補償など、トラブルの際にもバランス良く補償してもらえますし、使える場所も限定されません。同じような役割を持つクレジットカードが複数あった場合、違うブランドが手元に残るようにしましょう。

残すカード枚数を調整する

持っているカードが少なすぎるというのも問題です。カード枚数が少なすぎると不便になるので、日常使うメインとサブの他に、合計で少なくとも3~4枚は残すといいでしょう。
クレジットヒストリー(クレヒス)には、カードの利用状況なども関係しています。契約しているクレジットカードが4~6枚までであれば、信用性には良い影響があるようですし、ある程度のクレヒスを作っておく方がメリットになることも事実なのです。
例えば、30代や40代という働き盛りでありながら、クレヒスが無いという場合、これからカードを作ったりする場合に不利になります。

過去に金融事故を起こしたからこれまでカードを持っていなかったと判断されやすくなるため、審査に通過しにくくなるといわれています。

利用していないカードを解約する

契約中で利用していないクレジットカードがあれば、思い切って解約しましょう。お店のポイントカードと一体化しているカードは、ポイントカードのみにしてもらうことをおススメします。

銀行のキャッシュカードと一体化しているカードは、ATM利用料などで本当に優遇されているのかチェックしましょう。最近は改定に次ぐ改定で、クレジットカード引き落としをしても意味がなくなっていることがけっこうあります。

解約は手続きが面倒ですが、もしも不正利用されてトラブルになったときの面倒とは比較になりませんので、解約の仕方と解約のメリットをご紹介します。

クレジットカードを解約する方法

カード裏面の番号に電話

クレジットカードを解約したい場合は、カード裏面の問い合わせ番号に電話をかけるだけで簡単に手続きできます。
電話オペレーターが電話口に出て解約手続きが行われるケースもあれば、自動音声応答サービスで対応してくれるケースもあります。
クレジットカードを解約したい旨を伝えれば、しつこく引き留められることもなく解約できますが、カード会社の方針によっては、 解約理由を聞かれる場合があります。
その場合でも、「もう使う予定がない」などの理由を伝えれば大丈夫です。

解約内容によっては、同じ会社の別のクレジットカードへの切り替えをすすめられることがありますが、興味がなければ断りましょう。

手続きにかかる所要時間は数分ほど

クレジットカードを解約するのにかかる時間は、電話オペレーターとのやり取りだけで解約できるので数分で終わります。
他のクレジットカードへの切り替えをすすめられた場合は、多少時間がかかるかもしれませんが、「急いでいるので今回は解約だけでいい」と伝えれば、時間を取られることがありません。

ただし、 時間帯によっては電話が込み合っていて、なかなか繋がらない場合があります。例えば平日のお昼休みにあたる12~13時ごろは、日中働いている人の問い合わせが殺到するので繋がりにくい傾向にあります。
その場合は、繋がるまでに多少時間がかかる可能性がありますので、時間に余裕があるときに電話しましょう。つながったあとは数分で解約が可能です。

解約時に必要な情報

解約時に必要な情報は、クレジットカード会社によって異なりますが、概ね、「氏名・電話番号・住所・クレジットカード番号」などについて聞かれることが一般的です。
引っ越しや携帯電話など変更した際には、その都度クレジットカード情報も更新しておくと住所や電話番号が違うといったことがなくスムーズです。

解約するにあたって、電話受付窓口で聞かれる可能性があるので、あらかじめ整理しておきましょう。

解約料は取られるのか

ほとんどのクレジットカードは解約料を取られませんが、 中には解約料を取られるものもあります。解約料のかかるクレジットカードは、会員規則などで規定されていることが多いので拒否しても請求されます。
例えば「JCB GOLD EXTAGE」は5年後の初回更新時までに解約してしまうと、カード発行手数料として2,000円(税別)かかり、事実上の解約料となってしまいます。

解約しようとしているクレジットカードが、解約料が発生するかどうか、電話で問い合わせるか会員サイトなどで確かめましょう。

解約する前に確認すべきこと

クレジットカードを解約するときには、以下の4点を確認するようにしましょう。

  • カード自動引き落としにしている支払先がないか
  • リボ払い・分割払い・ボーナス一括など残っている支払がないか
  • ポイントや電子マネーチャージ分はすべて消費しているか
  • カードに紐づいているETCや家族カードはないか

また、解約する時期などにも気をつけて解約しましょう。
入会してすぐに解約してしまうとリスクも大きく、同じカード会社で新しくカードを申込みしたときに審査に落ちやすくなる可能性があります。

そのほかに、高額な年会費を払ってしまった直後に解約するのももったいないので更新日などを確認してから解約するようにしましょう。

解約するメリット

年会費が発生しなくなる

年会費のかかるクレジットカードを保有していた場合、 解約以降の年会費が発生しないので金銭的に助かります。年会費無料のクレジットカードもたくさんありますが、特典の多いクレジットカードは年会費が数千円かかるものがあります。
年会費以上の特典を受けられていれば良いですが、そうでない場合は年会費がもったいないです。

また、クレジットカードの中には、「年間で〇円以上をカード決済すれば年会費無料、そうでない場合は年〇〇円」など、 クレジットカードの利用金額によって年会費がかかるものがあります。

新しいカードの審査に通りやすくなる

クレジットカードの枚数を減らすと、 新しいカードの審査に通りやすくなる場合があります。カードを作るときは、カード会社で信用情報をチェックしてから審査を通すかどうか決めます。

収入や年齢、融資の有無なども審査されるので、人によって異なりますが、あまりにクレジットカードを作り過ぎている人の場合、新しくカードを作っても支払いが難しいのではないかと判断されて審査に通りにくくなってしまいます。
使っていないカード、不要なカードは、解約することで審査に通りやすくなる可能性があるので早めに解約することをおすすめします。

クレジットカードは管理できるだけの枚数を♪

レジットカードはあらゆる面において管理が必要なカードです。
杜撰な管理をしていると、あっという間にブラックリスト入りなんてことにも。

管理できる分だけのクレジットカードまで枚数を減らすのが、賢くクレカを使いこなすポイントになります!

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト