お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

クレジットカード現金化でよく使われる商品券はこれだ!


クレジットカード現金化でよく使われる商品券はこれだ!

クレジットカードにはキャッシング枠がついているため、そこから現金を借りることができます。
しかし、クレジットカードのメインはショッピングであり、キャッシングはおまけのような機能があるため、それほど大きな枠はありません。

ちょっとお金がない時にキャッシング枠に頼っていると、すぐに枠を使い果たしてしまったという人もいることでしょう。
キャッシング枠を使い果たしてしまうと、当然現金は借りられなくなります。

そんな時に、クレジットカードを使って現金を得るためにはどのようにすればよいでしょうか。
いろいろな方法がありますが、一つの方法にクレジットカードで商品権を購入して、金券ショップに売ることによって現金を得るという方法があります。

百貨店の共通商品化や新幹線の回数券を使った、クレジットカード現金化の方法は、返品を利用した現金化とともにポピュラーで最もイメージしやすい方法です。

クレジットカードで変える商品券は少ないのでは?

最近では商品券を使ったクレジットカード現金化が周知されており、対策を取られている場合があります。
その大きな一つとして、クレジットカードでは購入できない金券ショップが増えていることです。

そのため今は全国百貨店共通商品券ではなく、JCBギフト券を購入するやり方に変わってきています。
購入はネットからでもできるので、探してみてください。

JCBギフト券は、多くの金券ショップでクレジットカード購入できるので利便性は高いものです。
欠点はなかなか大幅割引しているところが少なく95%以上の販売額が多いので、現実には利益を出すことは難しくなってきています。

しかし利益は無視して現金化だけに着目するのであれば、JCBギフト券はクレジットカードで帰る現金化方法のうち、90%以上の換金率になる現金化方法といえるでしょう。
JCBギフト券以外にもウェブ型ギフト券というものがあります。

ただし現金化の方法で紹介されている「新幹線の回数券」は注意が必要で。
新幹線の回数券はその還元率が高いため、クレジットカード会社が警戒しています。

一度に複数枚購入したり、頻繁に購入したりと不自然な購入の仕方をしていると、利用停止になる可能性が高いので、とくに注意してください。

ウェブ型ギフト券とは

ウェブ型ギフト券とは、Amazonギフト券やGoogleギフトなどのギフトカードです。
ネット通販のサイトで使うことができます。

ウェブ型ギフト券をクレジットカードで購入する際には、各発行元の公式サイトから購入してください。
持ち運びに便利で、クレジットカード現金化にも向いています。
コンビニなどでも売られていますが、クレジットカードで買うことはできないので、公式サイトから購入してください。

ウェブ型ギフト券の換金率は種類によっても大きく異なります。
たとえばAmazonショッピングで利用できるAmazonギフト券は90%程度の換金率で、転売することが可能です。

しかし利用用途が狭いiTunesカードの買取価格は、80%となってしまいます。
そのためウェブ型ギフト券を使ってクレジットカード現金化する際には、Amazonギフト券をお勧めいたします。

どうやって商品券やギフト券を現金にするの?

金券ショップに転売する方法

商品券やギフト券を現金化する方法として、金券ショップで転売する方法があります。
購入した商品券やギフトカードを金券ショップに持っていけば、高い換金率で買い取ってもらえることがあります。
換金率はおおよそ90%前後になります。

しかし、金券ショップを利用するときは、悪質な金券ショップの存在を忘れてはいけません。
そういった悪質な金券ショップは客を見て「この客は余裕がなさそうだ」と判断された場合は低めの還元率で計算をして、通常よりも安い価格で買い取りを行おうとしてくることがありますので、よく注意をしてください。

フリマアプリを使用する方法

もう一つの方法は、購入した商品券やギフトカードをメルカリやヤフオクといったネットを使って転売することです。
ただメルカリやヤフオクでは手数料がかかります。

また確実に買い手が見つかるとも限らないので、換金率に確実性はありません。
そのため本来であればネットでの転売はお勧めしないのですが、希少価値(芸能品の写真付きなど)のあるギフトカードは、ネットで販売した方が高い価格で売れることがあります。

またインターネット上でも買取サイトがありますので、そういったものを利用する方法もあります。
基本的には実物を郵送する必要はなく、裏面のコード番号を撮影し、画像を送信するだけで手続きができるので、金券ショップに足を運ぶより手間も時間もかからないでしょう。

商品券やギフトカードでの現金化のメリットとは?

商品券やギフトカードを使ったクレジットカード現金化の最大のメリットは、換金率が高いことです。
つまり自分自身で現金化業者を利用せず高い換金率でお金を手に入れることができます。
現金化業者への手数料を支払う必要もないので、自身で現金化する場合には最も適した商品だといえます。
また商品券の現金化は、商品券を売るだけなので、先ほどお伝えしたように、商品券を店舗に持っていけば現金に換えることができるので、誰でも簡単に現金化がやりやすい方法です。

すぐに現金化できる

持ち込めばその場で買い取ってもらうことが出来ますから、帰りにはもう現金化が出来ています。
商品券を現金化したいと思う人は、少しでも早く現金化できないと困るという方もいるものです。

何かの支払いにおわれない限り、現金化したいとは思っていても、面倒だから今度でいいやと思うことが多いですから。
それを実際に動くわけなのですから、ある程度切羽つまっていることもあるでしょう。
そういう方にとってはこの方法はすごくピッタリです。

商品券やギフトカードで現金化をするデメリットとは?

商品券を使って現金化をする方法には、注意点やデメリットがあります。
1つはクレジットカードで購入できない商品券が増えていることです。
商品券は換金性が高く、現金化を防止するためにクレジットカードで購入できない商品券が増えています。
なぜならば、クレジットカード決済をしてしまうと、クレジットカード会社に3%程度の手数料を取られてしまうからです。

商品券やギフトカードなどの金券類は、販売した金額そのままで利用できるお金と同等のものです。
1,000円で仕入れたものを970円で売ってしまっては赤字になるからです。

また即日でクレジットカード現金化することが不可能なことです。
クレジットカードで購入した商品券やギフトカードが自宅に届くまでは、数日間かかってしまいます。

さらにそれから金券ショップに出向いて換金するという手間もあります。
当然ながら当日でクレジットカード現金化をすることはできません。

また先ほどお伝えしたように、金券ショップの中には、客によって還元率をごまかすことがあります。
相手に現金がないため買取を依頼していると察知すると、足元を見るように低めの還元率で計算し、低価格で買い取ろうとするのです。

そのようなことが無いよう事前に電話で還元率を聞いて、情報を収集しておくことで、実際に利用するときにごまかされないように注意しましょう。

商品券をオークションやフリマアプリで売る

商品券を現金化する方法として最近よく見られるのは、オークションやフリマアプリのサイトで売る方法です。
オークションやフリマアプリのサイトでは、賞金券の出品を禁止しているところもありますが、すべてのところで禁止されているわけではありません。
原則商品券の出品を禁止しているオークションやフリマサイトでも、特定の商品券であればOKとされていることもあります。

高く売れる可能性がある

メリットは間違いなく、高く売れる可能性があるという点です。
商品券自体の換金率でいえば、こうしたオークションサイトやフリマサイトで売ると高くなることも多いです。
特にクレジットカードで決済が出来るところでは、高く売れることがほとんどです。

クレジットカードで商品券を買い、それを同じように売って現金化したいと考えている方はすごく多いですから。
でも、大切なのは、それ自体が高く売れるかではなく、業者に買い取りを依頼するのと比べてどのくらい換金率が高いかです。
もし業者と同じくらいなのであれば、業者を通した方が良いでしょう。

手数料の問題がある

同じくらいであれば業者を通した方が良いというのは、手数料が関係しています。
オークションサイトやフリマアプリでは、手数料がかかります。
たとえば10パーセントの手数料がかかってくるとしたら、95パーセントの換金率になるはずが、結果的に85パーセント程度になってしまうことになりますよね。

それでは一見するとオークションやフリマサイトの方が高く売れるように見えても、総合的には業者の方が高く売れることになるということも出てきます。
だから、最初の買取率の段階で業者と大きく差がつかないのであれば、業者を通すのが無難なのです。

商品券で買ったものを売る

もう一つ商品券を現金化する方法として、商品券で購入した商品を売る方法です。
もちろんスピーディーなのは商品券をそのまま売ることですが、商品券をつかって何かを買って売るということだってできます。

この方法の良いところは、一度は何かを購入することができるという点です。
そしてオークションなどへの出品用に写真を撮る。
あとはそのまま売るだけです。

これであれば商品の写真を撮ってあるので、商品券をくれた目上の人に対しても実際に何かを買ったことをアピールでき、心情の問題はなくなります。

利益が出る可能性もある

この方法には、額面を換金額が超える、つまり利益が出る可能性があります。
他の方法では、まず利益が出る可能性は低いです。

オークションなどで商品券を売るというのであれば、可能性は0ではありませんが手数料などを考えるとかなり高く売れないとなりません。
多少高く売れるとは言っても、そこまで高く売るのは厳しいですし、買取業者に売って利益が出ることは絶対にありません。

でもこの方法であれば、商品券で買ったものがプレミアがつくほどの人気のものであれば、利益が出ることもあるんです。
目上の人からもらった商品券で、そのまま売りに出すのは心苦しいという人のほかに、利益が出る可能性にかけたいという人にも、この方法はおすすめできます。

手間がかかる

逆にデメリットは、すごく手間がかかること。
商品券を売るだけならば、特に何も考えることはありません。
でもこの方法の場合は、利益がでそうなもの、あるいは少しでも高く売れそうなものを考えないとなりません。

それにただ考えるだけではなく、実際にそれを買いに行かないといけないんです。
その時点で他の方法と比べるとはるかに手間がかかります。
そのうえ、その買ってきたものの写真を撮ったりしてオークションに出さないといけませんし、すごく面倒なのです。
その面倒さを手間に感じずに楽しめる人であることが、この方法があっているかどうかのポイントになりますね。

クレジットカード現金化業者と商品券での現金化はどちらがいいの?

商品券を使ったクレジットカード現金化は、換金率が高いという事と、手数料がかからないことがメリットですが、その反面、カード会社に現金化の疑いをかけられるというリスクがあります。
そのような方法を使ってカードの利用停止になるより、クレジットカード現金化業者にお願いする方法が多くなっています。

取引はすべて自宅で完結するため金券ショップに足を運ぶ必要もありません。
業者が指定する商品を購入してキャッシュバックとして現金を受け取るという方法なので、換金とは区別することができ、カード会社の利用規則に接触することもありません。
クレジットカード現金化の利用停止の危険性を考えると、現金化業者を利用した方が安全でしょう。

商品券の現金化は違法?

結論から言えば、商品券の換金自体を記載する法律はありません。
仮に商品券の換金を規制する法律があれば、大通りに店舗を構えて商品券の買取を行うリサイクルショップや金券ショップなどは、違法として摘発されてしまいます。
現実は何の問題もなくお店は営業していますよね。
つまり、違法ではないのです。
このような買取業者は「古物営業法」と呼ばれる法律のもと、許可を得た業者だけが営業できます。

古物商許可がある

基本的には日本において、何かを売るためには国の「許可」が必要です。
例えば、酒類の販売なら「酒類免許」、食品の販売なら「食品衛生法許可」、ペットの販売なら「動物取扱業許可」といった「許可」が必要となります。
そしてもちろん、商品券の換金(転売)にももれなく「古物商許可」が必要です。
なので、古物商許可を持ってない方が商品券を換金すると犯罪となります。

不用品の換金

過去に商品券をもらったのでオークションサイトやフリマサイトで売りたいという方もいると思います。
このような場合は古物商許可は必要ではありません。
生活上で必要になる商品の売却は、「生活動産(日常生活で必要となる商品)の処分」となり、古物商許可は必要ないのです。
当然、非課税となります。
この生活動産の処分の例外があるからこそ、リサイクルショップで中古品を許可なく誰でも売ることができるわけです。

違法なチケット転売と勘違いされている

まれに商品券の転売(換金)を「チケット転売」と勘違いして、ごちゃ混ぜにしている方が散見されます。
商品券の転売(換金)とチケット転売は別物です。
2019年6月14日には「チケット不正転売禁止法」が施行され、チケット転売は不正として禁止されました。

この法律に違反すれば1年以下の懲役、100万円以下の罰金、またはその両方で罰せられるようになりました。
いわゆる「ダフ屋」を禁止する法律ですね。

チケット転売をすれば捕まります。
しかし、商品券の転売(換金)を規制する法律は存在しません。
安心して換金しましょう。

取引に規制がある

商品を売りたいと思っても、未成年者の取引禁止や身分確認の提示義務などがあれば身構えてしまいます。
ただこのような規制があっても違法はことではないので安心して商品権を売りましょう。

商品を売るためには古物商許可が必要でしたが、未成年については許可を出してはいけないとあります。
つまり、未成年は商品券を中古品としてやり取りすることはできません。
また、身分証の提示は法的義務なので、行われています。

身分証の提示は、もちろん個人情報を取得する目的で行われているわけではなく、法律で定められているので仕方がないのです。
金券ショップに行くと「未成年はダメ」「身分証見せて」など言われますが、法的に定められていることなので安心しましょう。

偽物の商品券が出回っている

現在商品券の偽造券が出回っており、偽造券を偽物と知っていて換金してしまうと、商標法違反として犯罪になってしまいます。
商品券の購入に注意したいのは、オークションサイトやフリマサイトなどです。

このようなサイトから購入する場合は、偽物をつかまされないように注意する必要があります。
また、残念なことに間違って偽造券を換金したとしても、「間違った」という立証が困難となる傾向があります。

そのため、そもそも偽造券を購入しない工夫をしなければいけません。
有名で信用できる店舗から新品の商品券を購入する、商品券を本物と見分けるスキルを身につけるなどして、偽物を売らない努力を惜しまないようにしましょう。

商品券を換金したことはカード会社にバレるのか

カード会社は現金化などを「不正利用」とみなして、怪しい取引履歴がないか確認しています。
しかし、取引履歴と言っても、カード会社が知ることができる情報は「カードを利用して商品を購入した履歴」だけです。

「カードを利用して購入した商品を売った履歴」など知る由もありません。
ただし、注意すべきことはあります。
購入履歴からある程度現金化の事実を推測可能です。

例えば、短期間に「換金性の高い商品」ばかりを購入していると現金化目的の利用を疑われます。
商品券を換金したことがバレる心配はありませんが、カードの使い方(購入履歴)次第では商品券換金がバレる可能性があるので注意しましょう。

クレジットカード会社が禁止している理由とは

クレジットカード現金化と騒がれていますがなぜ問題かと言いますと、クレジットカードの利用規約に書いてあるので禁止なのです。
というのは建前で、もう少しクレジットカードの仕組みというものを説明します。

まず、クレジットカードというのはショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。
ショッピング枠というのは買い物をしたりするのに使う事で、キャッシング枠というのはお金を借りる際に使用する枠です。

ここで言う禁止事項のクレジットカード現金化というのはショッピング枠を使用した事になります。
なぜ禁止なのかというと、お金が欲しい場合キャッシングで借りる場合はその借りる人の年収や返済履歴などを考慮して金額がきめられているので借りすぎによる返済ができなくなる事は有りませんが、ショッピング枠を使用してお金を作る現金化をしてしまうと、返済してもらえる金額を払ってもらえい可能性があります。

よって、そうならないうちにクレジットカードを現金化することは禁止されているのです。
しかし、普通に旅行や移動したりするのに新幹線の回数券を買っていたのに予定があわなくなってしまい仕方無しに金券ショップに売ってしまうなんて事もあるかと思います。

そういう使い方をしてしまう人もいるために判断が難しくなってきます。
しかし、クレジットカード会社も対策をしていますので今までの購入履歴等で怪しいのがあると判断された場合は即時解約されると思うと良いです。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト