お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

クレジットヒストリー(クレヒス)って何?良いクレヒスをゲットするには

支払い延滞記録や加入状況など、クレジットカードの利用に関する履歴には「良いもの」と「悪いもの」があります。
それでは詳しくみていきましょう。

クレヒスはどこに記録される?

クレジットヒストリーとは通称クレヒスと呼ばれている言葉で、国内の金融機関で審査を行う際に参照している情報のことです。
クレヒスは現在日本に3社ある信用情報機関に登録されている情報のことを指していて、クレヒスが悪いと審査に通ることは難しくなってきています。
ではクレヒスはどこに記録されているのかというと

クレジットヒストリーは信用機関に情報が記録されます。
主なものはCIC、JICC、JBA(KSC)です。

CIC (指定信用情報機関)

主にクレジット会社が情報を利用しています。

その理由はCICは、割賦販売法と貸金業法の法律に基づく信用機関として、国から指定を受けているからです。
CICは原則として月1回以上の情報更新を義務づけられているので、返済状況など最新の情報が登録されています。
クレジットカード会社は、申込する方の返済能力を調査するにあたって、CICへ紹介を行い返済状況などを確認しているのです。

JICC (日本信用情報機構)

主に消費者金融などが情報を利用しています。

JICCも指定情報機関として国より指定されています。
JICCは貸金業法に基づく指定情報機関として、内閣総理大臣から指定を受けていますので、現金の貸し出しをする企業は、必ず「JICC」を利用することとなっているのです。
クレジットカードなど割賦販売法が適用される借入の情報はCICにあり、貸金業法が適用される借入の情報はJICCに登録されることが多いようです。

JBA(KSC) (全国銀行協会)

主に銀行などが情報を利用しています。住宅ローンなどの審査に利用されます。
マイカーローンや住宅ローンなどの借入を行うと「JBA」(ケースによってはKSCとも呼ばれる)に、必ず登録されることとなります。

上記3社に登録されている情報は同じではなく、また保存期間も異なります。
いわゆる「ブラックリスト」は信用機関に登録される「悪いクレジットヒストリー」ということになります。

社内クレヒス

社内クレヒスとは各クレジット会社の中で保管されるクレヒスを社内クレヒスといいます。
先ほど紹介した3つの信用機関はクレジットカード会社が一番参考にしている情報です。
しかし、社内だけで見るための情報も別に管理しており、それが社内クレヒスといわれているものです。
CICなどが保管している個人信用情報には詳しい利用金額などは記載されておらず、基本的な契約情報や入金の有無などに限られているので、それ以上のことがわかりません。
そこで、各クレジットカード会社は自社だけの独自のクレヒスを作って管理しています。
その情報は公開されていないのですが、クレジットカードの利用金額や利用した店舗などといった詳細な情報まで記録されているようです。
また社保存期間についてですが、個人信用情報機関の情報の保存期間は金融庁の指針に従って5年となっています。
しかし社内クレヒスは各カード会社が独自に保有する情報には決まりがないので、かなり長期であると推測されます。

ブラックリスト=悪いクレヒス

ブラックリスト入りしてしまうような悪いクレジットヒストリーで一番多いのが「延滞記録」になります。
延滞記録とは支期日までに支払いがされなかった場合、Aと付きます。
それが3か月以上など一定期間に達するとクレジットカードなどは利用停止や強制退会などになります。

そのほかにも自己破産などの記録も残ります。
こういったクレヒスは金融機関における審査に影響してしまうものになります。

また代位弁済歴があることも挙げられます。
代位弁済歴とは、本人に返済能力がないとみなされ、保証人や保証会社が本人の代わりに返済を行う事で、悪いクレヒスになります。
ほかにも、1年以内に複数の融資申し込みを行っていたり、借入件数が多い場合も当てはまります。
この2つに共通しているのが「お金に困っている」ということと「借りたるだけ借りて手元に現金を集めて自己破産」というケースが考えられることですので注意しましょう。

もう一つ意外と思われるでしょうが、利用履歴も延滞履歴もないことも悪いクレヒスになります。
なぜならカードを利用して延滞なく支払いを済ませていくことで初めて返済能力があるとみなされるのですが、全く利用したことがない人が利用額は返済に対してどのような感覚を持ち合わせているか未知数だからです。

悪いクレヒスになるとどうなるのか?

もしあなたがブラックリストに載ってしまった場合、生活が不便になることは間違いないでしょう。
まずクレジットカードが使えないことです。
わかりきったことなのですが、大きな買い物をしたいときに分割での支払いができるクレジットカードは使えません。
また信用取引ができなくなるので住宅や車のローンを組むことができません。
さらに教育ローンも組むことができないので、家庭をお持ちの方は子供に不自由にさせる恐れがあります。
また高速道路をスムーズに利用できるETCも使えません。
ETCは後払いシステムなのでブラックリストになってしまうと使えないのです。

ブラックリストにならないケース

公共料金の延滞

電気・ガス・水道代などの公共料金は延滞してもブラックリストには乗りません。
しかし電気・ガス・水道を止められるので生活が苦しくなります。

税金の延滞

住民税・国民年金・国民保険料などの税金は延滞してもブラックリストに乗りません。
しかし国民保険料を延滞すると病院に行ったとき国が負担してくれないので、医療費が高額になります。
税金を延滞すると最終的に差し押さえをされますので支払うべきでしょう。

自分で信用情報を確認できる

クレジットヒストリーが個人の信用の格付けの基準になり、その履歴は個人信用情報センターに蓄積されています。
銀行やクレジット会社や消費者金融は目的を示すことを条件に厳しい管理の下で閲覧できるのですが、申込者であり利用者である私たちも閲覧ができるのです。

CICの場合自分の信用情報を確認するには、パソコン・携帯電話・郵送・窓口の4つで確認することができます。
情報の内容は、自身の氏名や生年月日などの情報、契約の種類や内容・支払い回数などの情報、請求額や入金額・返済状況などの情報がわかります。
カード入会審査に影響する項目として、支払い状況に加え、利用残高や申込履歴・返済状況などが重要項目で、クレジットカード会社の担当者は注意深く見ています。

良いクレヒスとは

一方良いクレヒスには呼称がありませんが、支払い期限までに毎月支払いがされている、利用額が一定額を越えているといったものになります。

こういったクレジットカード利用者はカードのランクアップを紹介する「インビテーション」(招待状)が届きます。
ゴールドカードやプラチナカードの場合、新規加入よりもインビテーションでランクアップするほうがお得な場合があります。

ゴールド、プラチナ狙いの方は「良いクレヒス」を積み上げることが重要になります。

良いクレヒスのメリットとは

良いクレジットヒストリーと認められると、いざというときにお金を借りたいときや、ローンを組みたいといった場面で困ることがなくなります。
例えば、クレジットカードの審査通過率がアップしたり、クレジットカードのショッピング・キャッシング与信枠のアップだったり、自動車ローンや住宅ローンの契約が通りやすくなります。
「ローンの申し込みをしたけど、断られたり、困ったことがない」方は、良好なクレヒスを積んでいるという事です。
当たり前のことですが実は信用をしっかりと勝ち取ったからこそだからです。

クレヒスをよくする方法

絶対に正しいクレジットヒストリーをよくするやり方は単純です。
毎月、クレジットカードを利用して、その利用代金を必ず支払う事だけです。
これを永遠と繰り返していけば、5年後や10年後にはブラックカードを手に入れることだって夢じゃありません。
特に注意しなければいけないことは、毎月の支払いです。
たとえ1日であっても支払い遅延を起こすのはNGです。

クレジットカード会社とあなたとの間の信用は「クレジットカードをきちんと使い、お金をきちんと返済するかどうか」で保たれているものなので、この2つのルールを守れない方はクレジットヒストリーを良くすることが出来ないのです。
このようにきちんとルールを守り続けた方のみ、手に入れられるのが「信用」です。
1日でも支払いが遅くなってしまうようなヘマをする人は、クレジットカード会社から「もしかしてこの人、お金に困っているんじゃないか?」と疑いをかけられたり、「契約内容を守れないズボラな人」という印象を持たれてしまっても文句は言えません。

「でも人間誰にでも忘れることがあるので、たまになら支払いが遅れても大丈夫じゃないの?」と思われる方も多いと思います。
もしあなたがクレジットカード会社だとすると、100万円の大金を貸したのに、相手から返済日にもかかわらずお金が返済されなかったらどう思いますか?いくらお金を貸した相手が、返済日を忘れたり、入金を忘れるような人だったら誰でも信用はできないと思います。
つまり、クレジットカード代金の返済日にお金を支払わないということはそういうことです。

だからこそ、継続してクレジットカードを使い、きちんと返済してくれる人にはプラチナカードやブラックカードを預けても大丈夫だろうという信頼が生まれ、その結果としてあなたもプラチナカードやブラックカードの保有者になれるのです。

もっとクレヒスをよくするための方法

勤務先情報や年収を変更する

クレジットカードを保有してから3~5年経過すると勤務先や年収が変化します。
しかし、それらの情報を変更せず、クレジットカード会社に対して入会当時の情報のみを伝えたままであれば、クレジットヒストリーをよくできるチャンスを逃しています。
もし、カード入会当時よりも年収が上がったとか、中小企業勤務から大手企業勤務になったなどステータスが変更になった場合には、早めにカード会社に連絡しましょう。
カード会社としておステータス更新をしてもらうとそれだけで顧客情報の管理がしやすく、信用情報の再検討が可能になるので、あなたのクレヒスをよくすることができるでしょう。

持ち家の形態が変更した場合

住宅ローンの支払いが終了したり、両親が無くなって自宅が自分名義に変わっなどといった居住形態に変化があった場合にも、クレジットカード会社からの信用力がアップする項目なので、登録情報を更新しておくと、プラチナカードやブラックカード審査に対する良い影響が得られるかもしれません。
ちなみに、世間的には評価が下がってしまいがちな離婚ですが、子供の親権を放棄した男性であれば離婚がクレジットヒストリーにとってプラスに作用する場合もあります。

その理由は単純で、独り身になることで自由に使えるお金が増えるからです。
カード会社としてみれば、自由に使えるお金が増える=それだけ利用限度額を高く設定しても返済してもらいやすい…と判断できるため、その分だけクレジットヒストリー向上に繋がるのでしょう。

リボ払いやキャッシングは使わない

クレジットヒストリーを良くするための方法、3つ目はリボ払いやキャッシングといった「お金に困った時に利用しがちなサービス」を極力使わないようにするという点です。
カード会社の立場になってみればわかりやすいですが、やはり普段からお金に困ってキャッシングサービスを利用しているお客さんと、キャッシングサービスを使わずに一回払いだけで支払いをしているお客さんとでは、言うまでもなく後者のほうが信用できます。
但し、ステータスカードが欲しいのではなく、2枚目、3枚目といったクレジットカードが欲しいだけ…という方の場合には、リボ払いやキャッシングを使うことがクレヒス構築につながることもあります。
こちらのケースでは、リボ払いやキャッシングを使う際に、返済日と返済金額をきちんと守ることがとにかく重要です。
前述のように返済日さえしっかり守ることができれば、徐々にクレジットヒストリーも良くなってくものと思います。

悪いクレヒスをよくする方法

クレジットカードの支払いが遅れてしまい、信用情報が悪くなってしまっても入金状況は直近の2年間分しか表示されませんので、表示しきれない部分はところてん方式で押し出され消えていきます。
あとは毎月の支払いに送れないようにするしかありません。
悪いクレヒスをよくする方法は遅れることがなく支払いを行い、時の経過を待つしかありません。

悪いクレヒスをいきなり良くすることはできない

支払いの遅れや異動情報が登録された場合、それをいきなり変えたり消したりすることは不可能です。
登録した会社側の間違いであれば会社側へ申し立てを行い、訂正や変更の対応はしてもらえます。
しかし、自分の都合で支払いが遅れたり債務整理をした場合、都合の悪い情報だからと言って信用情報を変えたりすることはできません。

解約してもすぐには消えない

例えば、支払いの遅延が多くクレジスの状態が悪いからと言って、使っているクレジットカードを解約したとしても、すぐに登録されている信用情報が消えるわけではありません。
入金状況であれば直近の2年間分は解約しても残りますし、移動情報もCICの場合、保有期間(契約期間中や契約期間終了後5年間)が切れるまでは解約したとしても残ります。

クレヒスが全くない場合

クレジットカード会社や銀行があなたの信用情報を確認したときにデータがない状態だと銀行も審査において慎重になります。
20代前半のような人ならクレヒスなしも当たり前ですが。
30代や40代でもクレヒスがないと、審査で不利になることがあります。
理由として「スーパーホワイト」というケースを心配するからです。

スーパーホワイトというのは過去に金融事故を起こしているいわゆるブラックリストに乗った人が、信用情報のそうした記録が消えるまで時間が経過したケースなので、過去の悪いクレヒスが消えた人と疑うわけです。
こういったケースに該当するというのであれば、携帯電話の購入(割賦契約)などを利用するのも1つです。
また最初から銀行系のクレジットカードのような審査が厳しめのカードではなく、流通系のクレジットカードを作ってみるのもいいでしょう。

クレジットヒストリーを意識してクレカを使おう!

クレジットヒストリーは審査などの際に金融機関がチェックする情報ですが、良い情報を積み上げていればステータスにもつながります。
反対にたかが返済情報!と油断していると悪いクレヒスを残してしまうことも。

良いクレヒスを積み上げてお得なクレジットライフを満喫したいですね。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト