お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

ネットバンクでATM手数料を攻略してお得に生活!

節約情報

ATMのことをよく知ってなるべく無料でATMを利用したい、そんなあなたにおススメの方法をまとめました!

ネットバンクでコンビニ手数料無料に!


ネットバンクは大手銀行のように自社ATMをほとんど持っていません。
そのためコンビニATMと連携しているため、引き出しも預け入れもコンビニATMを使います。
つまりネットバンクではコンビニATM手数料を格安、もしくは無料にしていることが多いのでネットバンクを持っていればコンビニATMの手数料をぐっと抑えることができます。

またネットバンクの強みとして、インターネットでのお買い物にも強いです。
ネット銀行なら実店舗型銀行よりも振込手数料が低いことが多く、ネット通販をよく利用する人にはおススメなのです。

コンビニATMに強いネットバンク!

  1. ソニー銀行
  2. セブン銀行
  3. じぶん銀行

店舗数で圧倒的なシェアを誇るセブンイレブンATMはネットバンクと相性が良いので、セブンユーザーの方はネットバンクを用意しておいてもいいかもしれませんね。

ゆうちょATMはいつでも引き出しが無料!

ゆうちょATMは実はATMが開いている時間は曜日・時間帯に限らずいつでも無料なんです!
他行なら時間帯によって手数料が掛かってしまうことがありますが、いつでも曜日関係なく無料なのは嬉しいですね。

ファミリーマートのゆうちょATMがコンビニで使うことが出来るのでかなりお得です。

※23:55~0:05の間は利用できません。
※一部時間帯で手数料が発生することがあります。

また郵便局ATMはお昼休みなどにめちゃくちゃ混むことが多いので、コンビニである程度手続きができるのも便利です。

ただ気を付けていただきたいのが、旧サークルKサンクスからファミリーマートになった店舗には「バンクタイムATM」というコンビニゆうちょATMとは異なったATMが設置されています。
こちらはゆうちょ銀行のカードを使うと手数料が掛かってきますので、ATMを使用する際には確認してから利用をしましょう。

※サークルKサンクス⇒ファミリーマートになり、バンクタイムATMが2019年1月より順次置き換えになります。

メガバン系ATMは提携ATMの無料サービスを賢く利用!

自社ATMを使う場合、時間内だと手数料無料ですが、コンビニATMの場合は手数料が掛かってしまうことが多いです。
しかしお手持ちの銀行口座が特定のコンビニATMなら時間帯により無料、月〇回まで無料などというサービスを行っている場合があります。
そういった無料サービスを上手に利用して手数料を減らしましょう!

みずほ銀行

イオン銀行ATM、ステーションATMPatsat⇒平日手数料無料

三井住友銀行

コンビニ系ATM(セブン銀行ATM・ローソンATM・E-netマークATM)はSMBCポイントパックの条件を満たしている⇒月3回まで無料

三菱UFJ銀行

コンビニ系ATM(セブン銀行ATM・ローソンATM・E-netマークATM)はシルバーステージ⇒月2回まで無料、プラチナステージ⇒月3回まで無料

りそな銀行

近畿大阪銀行ATM、バンクタイムATM(旧サークルKサンクス)、関西アーバン銀行・みなと銀行ATM⇒平日手数料無料

銀行系ATMは意外とコンビニATMとの連携ができておらず、特にみずほ銀行なんかはコンビニATMの無料利用を行っていませんでした。

またりそな銀行は様々な無料サービスを展開しているものの、限定的で特に関西地方圏では強いサービスになっています。

どこの地域に行ってもコンビニATMを利用する際にバランスが良いのは三井住友銀行、三菱UFJ銀行でしょうか。
給与口座に指定しておくと、SMBCもMUFGも月間で決められた回数までATM使用料が無料になります。

ソニー銀行

  • 条件なしで毎月4回まで無料
  • 取引が増えると月の無料回数が増える
  • 最終的には何度でもATM手数料無料にすることも可能

ソニー銀行は、月に4回までATM手数料が無料です。(5回目以降は一律100円+税)
入金については何度でも無料で使えます。
また、ソニー銀行の取引が増えると月のATM手数料の無料回数も増えていき、最終的には何度でもATM手数料が無料になります。

ソニー銀行は、利用できるATMの種類が多く、主要コンビニATMであるセブンイレブン、ローソン、イーネット(ファミリーマート)だけでなく、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行を合わせた合計7つのATMが利用可能です。
「利用できるATMの数」という利便性で考えると、ソニー銀行はNo.1といえます。

さらに、ソニー銀行は、年会費無料のデビットカード一体型のキャッシュカード「ソニーバンクウォレット」を発行しています。
ソニーバンクウォレット(ソニー銀行の発行する年会費無料のVISAデビットカード)で支払った金額の0.5%~2.0%はキャッシュバック対象となり、クレジットカードと同じくらいの高い還元率です。

また、ニーバンクウォレットを持っていると、他行あて振込手数料も毎月2回まで無料になるメリットも大きいです。(通常は毎月1回まで無料)

セブン銀行

  • 日中時間帯なら手数料無料

セブン銀行は、ATM手数料無料で使い方にはあまりおすすめできません。
セブン銀行のキャッシュカードが使えるのは、セブンイレブンに設置している「セブン銀行ATM」が中心で、その他のコンビニATM「ローソンATM」や「E-net(ファミリーマートなどに設置)」では使えません。
ゆうちょ銀行やメガバンクのATMは利用できますが、全てATM手数料がかかります。

セブン銀行における口座の入出金は、セブンイレブンに設置されているATMで行うことになりますが、セブン銀行ATMですら24時間無料では使えません。
土日祝日に限らず、朝7時~夜7時までは、セブン銀行ATMなら手数料無料ですが、それ以外の時間帯(早朝や深夜など)は一律で100円+税が必要です。(入金については24時間完全無料)

じぶん銀行

  • ランクに応じて毎月最大11回まで手数料無料

じぶん銀行は、スマホでの銀行取引に強みを持つネット銀行です。
店舗を持たないネット専業銀行のため、入金・出金には提携ATM(コンビニATMなど)を利用します。
通常は、ATMで入出金をすると100円+税(ゆうちょ銀行ATMは200円+税)がかかりますが、じぶん銀行のランク制優遇サービス「じぶんプラス」だとATM手数料を月3~11回無料で利用できます。

じぶんプラスは、じぶん銀行の預金残高(円・外貨の合計)が多い人や、給与受取や口座引落などの取引がある人だとランクを上げやすいです。
最高ランクにするのは少し条件が厳しいものの、ランク2~4であれば十分上げれる範囲です。ランク2だとATMの手数料無料回数は月3回に、ランク3なら月4回、ランク4は月8回に増加します。

利用できるATMは、セブンイレブン、ローソン、イーネット(フファミリーマート)、三菱UFJ銀行です。ゆうちょ銀行ATMも使えるのですが、ゆうちょATMについては手数料無料回数の対象外となります。(じぶんプラスの無料回数以上は、1回ごとに200円+税)

住信SBIネット銀行

  • 毎月2回までATM手数料無料
  • ランクに応じて毎月最大15回まで手数料無料

住信SBIネット銀行は、スマートプログラムやVISAデビットが高い評価を得ており、ネット銀行業界No.1の預金残高を誇ります。

住信SBIネット銀行では、「セブンイレブン、ローソン、イーネット(ファミリーマート)、ゆうちょ、イオン、VIEW ALTTE」のATMに対応しています。
入金は何回でも無料で利用できます。出金は、スマートプログラム(通称:スマプロ)の会員ランクによって異なります。

ランク1では毎月2回無料、最上位のランク4になると毎月15回もATM手数料が無料となります。ランクは、住信SBIネット銀行の預金残高や取引状況によって変わりますが、ほんの少しの取り組みでランク2へ上がることが可能です。ランク2になると、毎月のATM手数料無料回数は5回に増えます。
ATM手数料無料回数が終わった後は、1回あたり100円+税がかかります。

住信SBIネット銀行は、年会費無料の「デビット機能付きキャッシュカード」を発行しており、VISAデビットを持っていると、クレジットカードと同じ感覚でカード払いができるので現金を引き出す機会が減り、結果的にATM手数料の節約に繋がるのでおすすめです。

特に、住信SBIネット銀行のVISAデビットカードは、利用金額に対して0.6%のキャッシュバックが受けられるので、現金で支払いをするよりもお得です。もちろん、VISAデビットカードの年会費は無料です。

ジャパンネット銀行

  • 毎月1回、ATM手数料が0円
  • 預金残高3,000万円以上でATM手数料は何度でも手数料無料

ジャパンネット銀行では、毎月1回だけATM手数料が無料です。
2回目以降は、取引額が3万円以上なら無料ですが、3万円以下の場合は150円+税の手数料(ゆうちょATMは300円+税)が必要です。
ただし、他のネット銀行と違い、出金だけでなく、入金の場合も手数料が発生するので注意しましょう。
入金時も最初の1回は無料ですが、2回目以降は3万円以下の入金なら150円+税のATM手数料がかかります。

ちなみに、前月の平均預金残高が3,000万円を越えるとATM手数料が何度でも無料になりますが、これらの条件を考えると「コンビニATMを手数料無料で使う」のに適したネット銀行とはいいがたいです。

ジャパンネット銀行では、大手コンビニATM「セブンイレブン、イーネット(ファミリーマート)、ローソン、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行、三井住友銀行」のATMが利用できます。

楽天銀行

  • 条件次第で最大7回手数料無料

450万口座を有するネット銀行の楽天銀行はATMの手数料体系が少し複雑です。
楽天銀行では利用するATMによって手数料が違いますが、原則として1回目から200円 or 250円+税の手数料がかかります。(入金・出金ともに有料)

楽天銀行への預金残高や、ハッピープログラムのランクによって、最大で7回の手数料無料になりますが、ハードルはかなり高めです。
最高ランクとなる7回のATM手数料無料回数を手に入れるためには、楽天銀行の預金残高を300万円以上にするか毎月30回以上の取引が必要となります。
また、ATM手数料無料回数1回をGETするためにも、10万円以上の預金または取引回数5回以上が必要なので、実質的には楽天銀行でATM手数料無料は厳しいです。

利用可能なATMは「セブンイレブン、ローソン、イーネット(ファミリーマート)、ゆうちょ、イオン銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、みずほ銀行ATMです。
その他、「VIEW ALTTE」やPatsatといった駅ナカATMも利用できます。

ATM利用料を知って手数料の支払いをなるべく減らそう!

コンビニATMは今や銀行ATMよりも使っている人は多いと思います。
毎回200円程度だし…と思っていても、塵も積もれば大きな金額に。

自分のメインバンクと提携しているATMを詳しく知ることで、手数料の支払いを減らすことができます。
賢くATMを使って節約したいですね!

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト