お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

お金を借りる方法50選!高金利・低金利あらゆる融資可能なところのご紹介

お金のピンチって本当にキツイですよね。
しかも自分の趣味で散財したわけでなく、大人になると必要経費でまとまったお金が必要になることって結構あると思います。 そんなお金のピンチにお金を工面する方法をまとめました!

目次

お金を借りたい!そんなときはまず何を重視しなければならない?

お金をなんとか工面する方法ですが、「速さ」「手軽さ」「借りられる額」といった3つの指標からみていきたいと思います。

  1. 速さ
  2. 手軽さ
  3. 借入金額

①速さ

お金を調達できる速度は重要です。
一般的に信用のある銀行などの金融機関からお金を借りる場合、借りられる金額にもよりますが数か月単位で掛かることがあります。
お金が無いときは早急に工面しないといけないときがあるのでやっぱり早さは重要ですよね。

②手軽さ

これは振込速度にも関わってきますが、必要書類をたくさんそろえるとなるとこれだけでも手間ですよね。
忙しい方は中々厳しいかと思います。
やっぱり必要なときにすぐに融資してもらうことができる、リピートできる手軽さが欲しいですよね。

③借入金額

一般的に借り入れ金額が大きくなればなるほど①の速さ②の手軽さは低くなっていきます。
手軽に早く「高額」借りる場合は…どうなるのかもよくみていきたいですよね。

お金を借りる方法 厳選する方法はこれだ!

銀行カードローン

  • 速さ  :★★★☆☆
  • 手軽さ :★★★☆☆
  • 借入金額:★★★★☆

銀行カードローンは無担保で利用でき、ATM感覚でお金を借りることができるものになります。カードが発行されると、上限金額までいつでも自由にお金を引き出すことができます。お金の使い道も決まっていません。

カードローンは審査が必要ですが、一度審査に通ればリピートしてお金を借りることができるので、毎月ちょっとしたピンチが発生したときに金欠になってしまう…という方にはオススメです。

銀行カードローンってどのくらい借りられるの?

銀行のカードローンの場合は一般的な正社員の方で10万円~30万円程度お金を借りることができます。
それは自身の年収や勤続年数などによって変わってくるので審査の際に決められます。

銀行カードローンの複数申し込みって出来るの?

結論から言うと可能です。しかし注意してほしいのが申し込み時に複数のカードローンを申し込むのはメリットが無いと言われています。

審査落ちが怖くて複数申し込みを掛けたい気持ちがあるかもしれませんが、申し込み時には基本的に1社のみ申し込むようにしましょう。

申し込みが完了してしばらく使用してからならば、他にもう1社銀行カードローンを申し込むこんでも特に問題が無いことが多いです。

銀行カードローンを申し込む際は借入に注意!

銀行カードローンを申し込む際は、「どこで」借り入れをしているかをチェックしてから申しこみ審査を掛けましょう。

例えば銀行系でカーローンやフリーローンなどを借り入れしている場合は、銀行カードローンも総量規制の対象になりますので借り入れ額が変わったり、審査の結果にも影響が出ます。

カードローン利用者の実態調査

一般財団法人 全国銀行協会が「銀行カードローンに関する消費者意識調査」の結果を公開しています。
2020年1月に行われたインターネット調査には、20歳から69歳の男女3,000人が回答しています。

借金の平均金額は「158万円」

銀行カードローンは、本人の信用状態によって、借金の限度額が決まっています。例えば、三井住友銀行の場合、限度額は10万円~800万円の範囲で決まります。その人の信用状態によって、借りられる金額が80倍も異なります。また、金利も年利で4.0%~14.5%と3倍以上も差があります。
銀行カードローンを利用している人を対象に、「現在の借入総額」を聞いたところ、平均158万1千円でした。

ろうきんカードローン

カードローン発行元の金融機関で最も金利が低いのが「ろうきん」です。
ろうきんとは、労働組合を中心に組織された、営利を目的としない福祉金融機関です。ろうきんでは一定の条件を満たせば、カードローンへ申込ができます。金利3~9%の低金利でお金が借りられます。

消費者金融カードローン

  • 速さ  :★★★★★
  • 手軽さ :★★★★★
  • 借入金額:★★★★☆

消費者金融カードローンは銀行カードローンよりも即日融資が可能な業者が多く、スピーディーに対応することができます。
しかし銀行カードローンとは何が違うのでしょうか。

消費者金融カードローンも銀行カードローンと基本は同じ

カードローンは消費者金融が運営しているところも銀行が運営しているところも内容は似ていて、申し込み⇒審査⇒融資開始という形になります。
ATMから利用できる点も同じです。

保証会社を利用している場合は注意!

保証会社は運営元が消費者金融がほとんどなので、保証会社を利用している場合はそれが審査に影響を及ぼす場合があります。

初回の金利がお得なことも

大手消費者金融カードローンの場合、初回利用の金利がお得に利用できるキャンペーンを実施しているところが多いです。
初回キャンペーンを上手に利用して賢いお金の使い方でピンチを乗り切りたいですね。

上限金利が違う

銀行カードローンと消費者金融では、「上限金利」が異なるケースが多いです。銀行カードローンの上限金利は14.5%付近が相場で、消費者金融は18.0%で横並びとなっています。
そのため、銀行カードローンの方が低金利な傾向にあります。

この違いは保証会社の有無による点が大きく、保証会社がバックについている銀行カードローンの場合、お金を借りている人が返済できなくなっても、保証会社が代わりに建て替えてくれます。

一方、消費者金融は保証会社がありませんので、自らリスクを請け負っています。そのため、お金を借りている人が返済不能となると、そのまま赤字となってしまいます。
こうした背景があるため、上限金利を高めにして利益を大きくし、そのリスクを抑えています。

消費者金融の利用率データがある

カードローンは、銀行系と消費者金融系の2種類があり、それぞれ申し込みや利用があれば信用情報機関に借入額や返済状況などが記録されているため、その情報をもとに利用率を知ることができます。
消費者金融系のカードローンの利用者数についてはJICC(日本信用情報機構)がまとめ、公表しているデータでは、2019年3月時点にカードローンを利用している人は1,000万人を超えています。このすうじからじんこうぜんたいのわりあいに換算すると、利用率はおよそ9%です。

カードローンは複数枚所有する人も少なくありません。同じくJICCのデータを見ると、3社以上利用している人は100万人以上いることが分かります。最も多い人では5件以上から借り入れしている人もいてその数は10万人ほどです。
利用残高を見てみると、2社以上から借り入れている人は50~90万円前後であるのに対して、3社以上から借り入れている人は100万円を超えています。

カードローンを定期的に利用している人はこんなにいる!

消費者金融系カードローンの利用者は全人口の9%であることはご紹介しました。
このなかで、定期的に利用している割合は約28%です。

さらに、カードローンについて気になることと言えば利用者の年収ではないでしょうか。
お金を借り入れるというと年収が少ない人という印象を持たれがちですが、JICCのデータを見ると、定期的に利用している人の多くは世帯年収が800~1,000万円の層です。

続いて多いのは世帯年収が600~800万円、そして世帯年収1千万円以上と続きます。

転職後すぐは審査が通らない?

転職後は消費者金融カードローンの審査が通らないことがほとんどです。これはクレジットカードと同じですね。
利用したい場合は転職前がおすすめです。

お金を借りたい人が重視するのは金利?
お金を借りたいと来られる多くの人が重要視しているのが『金利』。
速さは実はその次だったりします。
カードローンでも例えば銀行カードローンである三井住友カードローンの場合は4.0%~14.5%で、消費者金融カードローンであるSMBCモビットは3.00%~18.00%となっています。少額の借り入れの場合は最高値での金利になることが多いです。

クレジットカードのキャッシング機能

  • 速さ  :★★★★☆
  • 手軽さ :★★★★★
  • 借入金額:★★☆☆☆

クレジットカードを持っている方ならキャッシング機能を使うとお金を借りることが可能です。
クレジットカードにはショッピング枠がありますが、キャッシング枠という枠を設けるとATMなどで借入が可能になります。

クレジットカードのキャッシング枠が少額がほとんど

クレジットカードのキャッシング枠は、年収や勤続年数にも左右されますが、多くが10万円程度です。
30万円くらいのキャッシング枠を設けることももちろん可能で、ゴールドカードのようなステータスカードを持っている方は100万円以上のキャッシング枠を設けることも可能ですが、一般的には10万円前後で利用する人がほとんどです。
給料日前の飲み会に参加しなければいけないけど手持ちがない。そんなときに使われやすいのがクレジットカードのキャッシング機能です。

クレジットカードのキャッシングの金利は約18%

クレジットカードのキャッシングは少額利用が多いため、貸金の上限である18%程度の金利で利用できることが多いです。
カードローンよりも金利が少し高めであることが多いので、すぐに返済できるようにしたいですね。

キャッシング枠も分割やリボ払い可能

カードローンと同じようにクレジットカードのキャッシングも支払いの方法は様々です。
ただ支払い回数が延びるにしたがって利息分が多くなっていくので、借り入れした際にはなるべく早く返せるように計画的に利用しましょう。

クレジットカードキャッシングの利用方法

キャッシングの利用方法は主に3つあります。

ATMで引き出し

キャッシングの最も一般的な利用方法は、ATMを利用することです。全国のATMからクレジットカードを使って現金を引き出せます。
クレジットカードのキャッシングが利用できるATMは、クレジットカードの提携銀行ATMか、コンビニATMのどちらかになります。ATMによって多少操作は異なるものの、基本的な利用方法は変わりません。特別な手続きなど必要なく、カードとATMさえあれば即座に現金を借入できます。

CDで引き出し

CD(現金自動支払機)からも、クレジットカードのキャッシングは利用できます。
CDには「預貯金の引き出し」「残高照会」「カードローンの利用」など、現金支払いを中心とした機能が備わっています。
CDとATMで操作方法に大きな違いはありません。ただし、ATM同様に金融機関・機種により表示や操作方法が若干異なります。CDを利用してキャッシングする際も、特別な手続きや審査は必要ありません。

口座に直接振り込み

クレジットカードによっては、キャッシングの口座振り込みができます。口座振り込みを利用する場合は、インターネットで申し込むか電話申し込みの2つの方法があります。
キャッシングの利用をインターネットまたは電話で申し込むと、クレジットカード登録口座に希望額が振り込まれます。クレジットカードによっては、振込手数料がかからないため、ATMやCDよりお得に利用できるケースがあります。

フリーローン

  • 速さ  :★★★☆☆
  • 手軽さ :★★☆☆☆
  • 借入金額:★★★★★

引っ越しなど急にまとまった資金が必要!というときはフリーローンがオススメです。
フリーローンはまとまった資金を融資してくれる心強い味方で、住宅ローンやカーローンは用途が決められていますがフリーローンの場合は用途が自由になります。

フリーローンはまとまった額を融資してくれる

フリーローンはまとまった金額を融資してくれるので、10万円以上の金額を融資してほしい方にはピッタリの方法になります。
しかしフリーローンも総量規制の対象内になりますし、借り入れ状況にも審査や借入額の上限に影響がああります。

フリーローンは審査までの期間が長い

フリーローンはまとまったお金を融資してくれますが、審査までの期間が長いのがデメリットになります。
しかししっかりと審査をしてからの融資になるので、無理な借り入れになることも少ないのが事実です。申告する際にはきちんと現在の状況を申告したいですね。

各金融機関が提供するフリーローンの特徴

フリーローンの特徴は、商品を提供する金融機関によって異なります。フリーローンでお金を借りたい人は、各金融機関の商品が持つ特徴を理解した上で利用を検討しましょう。

大手銀行
  • 最短で翌営業日に融資を受けられる
  • どの地域に居住や勤務している人でも申し込める
  • 労働金庫やJAよりも金利が高め
地方銀行
  • 居住または勤務する地域によって利用できる商品が異なる
  • 労働金庫やJAよりも金利が高め
労働金庫(ろうきん)
  • 金利が低い
  • どの地域に居住している人でも申し込める
  • 利用限度額(借入限度額)が高めに設定されている
  • 申し込みから融資までに最低でも数週間
  • 見積書や契約書の作成が必要
JA(農業協同組合)
  • 金利が低い
  • 利用限度額(借入限度額)が高めに設定されている
  • 申し込みから融資までに最低でも数週間
  • 見積書や契約書の作成が必要
  • 居住や勤務する地域によっては利用できない

各金融機関が提供するフリーローンでは、資金使途が自由な点が共通しているものの、金利や借り入れ条件などの特徴が異なります。
そのため、フリーローンを利用する人は「自分はどの商品に向いているか」を検討しなければなりません。

例えば、JAや労働金庫のフリーローンは低金利であることから、金融機関に支払う利息を抑えたい人に向いています。
しかし、申し込みから融資までに最短でも数週間の期間がかかるため、急いでいる方には向いていません。

尚、どの金融機関を利用するかを決めかねている人には、金利の低さを基準に選択することをおすすめします。
フリーローンでは、金利が低い商品など毎月の返済負担が軽くなり、借入額の返済に苦しむ危険性が低いからです。

例えば、労働金庫ではほかの金融機関よりも低金利なフリーローンを提供しているうえに、居住地や勤務先によって申込条件が制限されることはありません。

闇金融【ダメです】

  • 速さ  :★★★★★
  • 手軽さ :★★★★★
  • 借入金額:★★★★★

闇金融は違法な金利で貸し出しを行っているので違法になります。
闇金融を題材とした有名な「ウシジマくん」を読んで、闇金融がどのような実態なのかを理解したいですね。

闇金融は誰にでも即日お金を貸してくれる

闇金融はトイチ、トニといったとてつもない金利で、審査もほぼ無いような状態で貸し出しを行います。
初めは少額から返しやすいような金額で貸し出し、いつでもお金を借りられるような雰囲気を出していくそうですよ。

回収力が並大抵ではないためビジネスとして成り立つ

闇金融はやはり並大抵の回収力ではないため、こんなに貸しちゃって大丈夫?と思うような金額でも回収します。
そのためにはあらゆる手を使って返済しなければならないです。これもウシジマくんを参考にしたいですね。

闇金融には手を出さないで!
闇金融は審査もほぼ無し、融資金額も通常の金融機関では考えられないような金額を融資してくれます。しかし闇金融は違法ですし、完済できているという人は多くは無いです。そのため人生を大きく左右してしまいますので、闇金融には手を出さないようにしましょう。

クレジットカード現金化(ショッピング枠現金化)

  • 速さ  :★★★★★
  • 手軽さ :★★★★★
  • 借入金額:★★★★★

クレジットカード現金化は、キャッシング枠ではなくショッピング枠で買い物した商品を換金し、現金化するというサービスになります。
ショッピング枠はキャッシング枠とは異なり、金利も安く現金化可能な金額も大きいため利用者が後を絶たないといわれています。

クレジットカード現金化は線引きが曖昧だから違法ではない しかしカードの利用は停止する

クレジットカード現金化というのは、簡単にまとめると①商品を購入する②転売するという手続きになります。
転売目的のクレジットカードの使用はカード会社の規則に違反するため、カード会社に発覚すればカードの利用は停止します。
しかし実際にお買い物でクレジットカードでブランド品を購入しました。しかし理由あって返品することができず、質屋に売却しました。これはクレジットカード現金化なのでしょうか?線引きがあいまいですよね。

カードの利用停止は、クレジットカードが判断する

カードが利用停止するかどうかは、クレジットカード会社が判断します。そのため全く換金目的のクレジットカードの利用でなくても、商品や購入金額によってはカードの利用停止措置になってしまうことがあります。
そのため換金率の高い商品券や新幹線の回数券といった商品をクレジット決済するときには換金目的でなくても細心の注意を払わなければなりません。

クレジットカード現金化の業者がある

クレジットカードの現金化には、それを専門に取り扱っている業者があります。
クレジットカード現金化業者は申込人のクレジットカードで何らかの商品を決済し、それを換金して利用者に現金を渡します。
ひと昔前はこのサービスを利用してキャッシュバックしない、キャッシュバックされても超低価格だった…というトラブルが多発し、一時期大問題となりました。

現在も残っている業者がありますが、まともな金額をキャッシュバックする業者のみが残っている感じなのでトラブルは減ってきているようですが、内容が内容なので泣き寝入りしてしまう人も多いです。

ひどい業者に当たれば大変なことになる

クレジットカードの現金化業者はたくさんありますが、現在ではウェブからの申し込みが増えているのでどこに業者が存在しているのかもわからないです。
そのためまとまった金額が必要だから思い切ってサービスを利用したのに全く金額が返ってこず、クレジットの返済だけが残ってしまうこともあります。
そうなってしまっては大変ですよね。やはりまともな換金率でキャッシュバックしてくれないと困ります。

優良店を利用すると換金率が80%以上

クレジットカード現金化の業者でもそのときによってブームというか傾向があります。最近では優良店の場合は85%程度で換金するようですが、70%後半~80%台が多くなっているようです。
ひと昔前は50%~60%台で換金を行うところもあったようですが、ネットに口コミを書かれてお客さんが遠のいてしまったのか、最近では割と高すぎず安過ぎずなところが多いようです。

メルカリやラクマなどで売りまくる

メルカリやラクマといったフリマアプリで使っていないものを売ってみましょう。
衣類が多いメルカリですが使いかけの香水や輪ゴムといった「こんなものまで売れるの?」といったものが売れたりします。
メルカリはやはり使っている人が多く売れやすいと人気ですが、手数料が引かれるデメリットがあります。
一方でラクマは手数料がメルカリよりも安いので手数料を気にせず出品できるのですが、やはりメルカリよりダウンロード数が少なく、市場としての規模が小さいです。

メルカリ…約7,000万ダウンロード
ラクマ(旧フリル)…約2,000万ダウンロード

このようにやはりダウンロード数が倍以上違うので、ジャンルにもよりますが売れやすさに違いがあったりします。
そのため時間に余裕のある人は、ラクマ
どうしてもすぐに、必ず売りたい人はメルカリ
といったように試してみても良いかもしれませんね。
※ラクマの方が一瞬で売れた!ということももちろんあります。

売れる商品というのは本当に5分以内に売れてしまいますよ。

  1. フリマアプリのアカウントを作る
  2. 不要なものを出品する
  3. 買いたい人が連絡してくる or 購入する
  4. 商品を発送する
  5. 購入者が商品を受け取ったという確認ボタンを押す
  6. 売却したお金が自分のアカウントに入る
  7. アカウントから振込依頼を行う

よく言われているコツですが、フリマアプリでは自分で撮影した商品の写真をアップします。
あまり商品をキメキメに撮影してしまったり、加工がものすごいと実際の色味などがわかりません。
そのため衣類ならば壁にハンガーに掛けた写真(暗すぎず明るすぎず)、タグやブランドのロゴがわかる写真といった、必要情報のみの写真が売れやすいと言われています。
またフリマアプリでは値下げ交渉が頻繁に行われるので、値下げ交渉したくない場合は商品情報に「値下げ交渉お断りしております」と記載をしておきましょう。

フリマアプリを使った売却方法はクレジットカード現金化の方法ではないため、クレジットカードが無い方でも可能な方法です。
また家族にもほとんどバレないように出来るのでこっそりやりたい方には向いているかもしれません。

「売りたい商品が何もない」「即日・翌日までに現金が必要」「まとまったお金が必要」という人には向いていない方法でしょう。
銀行振り込みになるので売れてから振込まで少し時間が掛かることがあります。

アプリでお金を借りる

アプリでお金を借りるには、「LINE Pocket Money」を利用しましょう。LINE Pocket MoneyはLINE Credit株式会社が2019年に開始した個人向けローンサービスです。
LINE Pocket Moneyの申込条件は、「LINEアカウント」「LINE Pay」のLINE Moneyアカウント登録済みで、新規契約時の年齢が満20歳以上、満66歳未満の安定かつ継続した収入の見込める方である方などが挙げられます。

LINE Pocket Moneyは「LINEアカウント」「LINE Pay」のLINE Moneyアカウントに登録すれば申し込みができるため、アプリから手軽にお金を借りられます。
また、返済期限や借入残高はすべてスマートフォンのLINEアカウントから確認することができるため、返済日忘れや返済金額の間違いなどを未然に防ぐことができます。

車の売却

どうしてもある程度まとまったお金が欲しいときは車の売却を検討してみましょう。
地方部の人の場合は車が必須かもしれませんが、都心部の人なら車が無くてもなんとかなることもあります。

都心部はタイムズシェアなどカーシェアリングやレンタカーの制度が充実しています。
そのためそれらで代用可能ならば検討してみても良いかもしれませんね。

車を売却する場合はディーラーだけではなく、買取専門店にも見積もりを取ってみることをお勧めします。
ディーラーは下取りは強いですが、買取となると弱くなる傾向があるからです。
…とはいってもそれぞれの店舗によって強みが違うのでやはり複数店舗問い合わせを行うのが良さそうです。

デメリットはやはり家族にはバレてしまうところでしょうか。

コロナで申請が可能になった給付金

新型コロナウイルスの影響により公にお金を給付できる制度が発足しています。
該当しているという方は申請を行いましょう。

新型コロナウイルスに関する給付金は貸付金ではなく給付金として申請することができるので、返済する必要がありません。

持続化給付金

  1. 返済義務なし 給付金
  2. 個人事業主 最大100万円まで
  3. 中小企業 最大200万円まで

持続型給付金は個人事業主やフリーランス、中小企業が申請することが可能な給付金になります。
前年度の年収を一定の条件で下回っていた場合に必要書類を提出すると受け付けてもらえるので、経営状況が厳しい方におすすめの給付金になります。

こちらの持続型給付金は返済の義務はないので、申請が通って振り込まれたら使い道は自由です。
営業の存続のために使うよう、幅広く設定されてあります。

詳しくはこちらのページで申請の方法を記載しているので気になる方はご確認ください。

持続型給付金の申請の行い方

ひとり親世帯特別持続給付金

  1. 一世帯あたり5万円
  2. 公的年金給付等を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方
  3. 令和2年6月の児童扶養手当の給付を受けている方
  4. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が児童扶養手当の対象となる水準に下がった方

ひとり親世帯が給付可能な持続型給付金ですが、最新情報がどんどん変更されていくので受給可能だと思われる方は厚生労働省のHPを確認してください。

家賃支援給付金

  1. 法人:月額最大100万円×6ヵ月
  2. 個人事業主:月額最大50万円×6ヵ月

家賃支援給付金は新型コロナウイルスによって売上が減少しているテナント事業者に対する給付金です。

条件によって異なりますが家賃を補助してもらうことによってしばらくの間テナントから撤退せずに済むことが可能です。

学生支援給付金

  1. 住民税非課税世帯の学生:20万円
  2. それ以外の学生:10万円

新型コロナウイルスの影響によってアルバイトなどの収入が減少している学生のための給付金になります。

申請先は就学している学校へ申請を行います。

特別定額給付金

  1. 国民一人あたり10万円支給
  2. オンライン・郵送での手続き

子育て世代への臨時特別給付金

住宅確保給付金

緊急小口資金

公的融資制度

  • 速さ  :★☆☆☆☆
  • 手軽さ :★☆☆☆☆
  • 借入金額:★★★★★

公的融資制度は、ある一定の条件を満たした人に対して融資を行う機関です。
必要な書類や条件など手続きが長くすぐには借りられないのがデメリットですが、民間の金融機関からお金を借りるよりも金利が低いのが特徴です。

公的融資と民間融資の違い

公的融資以外の融資の種類として民間融資があります。民間融資は銀行や信用金庫などの民間企業が融資を行うことを指します。
銀行や信用金庫は全国各地に配置されているため、日本政策金融公庫や商工組合中央金庫などの公的機関より数が多く、気軽に融資を受けることができます。

そのほかに民間融資を行っている企業は、消費者金融は保険会社・ローン会社などがあり、融資商品もバラエティに富んでいます。そのため、ご自身の目的や状況に合わせて、融資制度や商品を選ぶことができるのが民間融資のメリットです。

一方で、公的融資は数こそ少ないですが、民間融資に比べて低い金利で利用できることがメリットと言えます。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、低所得者世帯・障がい者世帯・高齢者世帯などに対し、資金貸付と相談・支援を行うことにより、世帯の経済的自立や在宅福祉・社会参加の促進を図ることを目的とした制度です。

平成27年4月から「生活困窮者自立支援制度」の施行にともない、本貸付制度においても、より効果的に低所得世帯などの自立支援を図るために、生活困窮者自立支援制度と連携した貸付を行うこととして、その見直しが行われました。

総合支援資金と緊急小口資金の貸付にあたっては、就労支援をはじめ包括的な支援が必要であることから、就職が内定している方などを覗いて生活困窮者自立支援制度における自立相談支援事業の利用を貸し付けの要件とすることになりました。

生活福祉資金貸付制度の融資条件

生活福祉資金貸付制度の審査にかかる期間は、最低でも1ヶ月かかり、申し込みにはたくさんの書類が必要になります。各市区町村の社会福祉協議会ですべての書類に目を通して多額の借り入れがないかなどを調べた後に、都道府県の社会福祉協議会で再調査を行うので銀行などに比べて時間が掛かってしまいます。

しかし、福祉資金の緊急小口資金の場合は1週間で審査・融資が受けられます。より緊急でお金が必要であれば、銀行や消費者金融などのカードローンを利用する方がおすすめです。
生活福祉資金貸付制度に申し込むには、いくつかの条件があります。

●低所得者・・・収入が少なく、金融機関などから借り入れができない人
●高齢者・・・65歳以上のお年寄り
●障害者・・・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている方

以上の3つが原則です。
低所得者と認定されるには基準があり、各都道府県によって金額が異なるので自分が済んでいる地域の社会福祉協議会に確認してみましょう。

求職者支援資金融資制度

求職者支援資金融資とは求職者支援制度のひとつで、職業訓練受講給付金をもらっている、もしくはもらう予定のある人向けの貸付制度です。職業訓練受講給付金をもらっていても、そのお金だけでは生活していくことが難しい場合に求職者支援資金融資を受けられます。
求職者支援資金融資は、家族がいるか単身化によって借りられる上限額が異なります。
●同一生計の配偶者、子または父母がいる場合⇒月額10万円
●単身者の場合⇒月額5万円
受け取れる融資額は、毎月の給付額に職業訓練の受講予定月数を掛けた金額になります。配偶者がいる場合は月額10万円×12か月=120万円となり、120万円が一括で融資されます。
受講予定月数は最大で12か月分までとなっており、1年を超えて受講しても12か月分までしかもらえません。訓練を受けている間は収入が少なく、家族がいる人にとっては月10万円の職業訓練受講給付金だけでは生活が苦しいと思います。このような時に、追加でお金を貸してもらえるのはとても魅力的です。

求職者支援資金融資制度の利用条件

以下2つの条件をいずれも満たしている方が支援の対象となります。
1.職業訓練受講給付金の支給指定を受けた方
2.求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方
職業訓練受講給付金とは、雇用保険が受給できない求職者の方が、ハローワークの支援指示によって公的職業訓練を受ける際、より訓練を受けやすくするための給付金制度です。
受講手当として月額10万円が支給されるほか通所手当や寄宿手当も支給されますので、求職者にとっては非常にありがたい制度であると言えます。
もちろん、資格や技術を身に着けた状態で就職活動に臨むことができるので、自身のステップアップにも大いに役立ちます。

次に「求職者支援資金融資要件確認書」ですが、こちらは
1.貸し付けを希望する理由が適当であること
2.貸付金を返済する意思があること
3.暴力団員ではないこと
が満たされていることを条件に発行されます。

貸し付け条件と手続き方法

貸付額は月額5万円または10万円のいずれかで、受講する訓練の内容や家族構成によって異なります。また、受給期間も訓練内容によって異なりますが、原則として訓練を受ける予定月数分だけ受給することが可能です。
受給の申請手続きについては最寄りのハローワークで受け付けており、事前の相談や所定の申請書の提出を経る必要があります。
返済は、訓練終了月の3か月後の末日までは利息のみ、4か月後の末日以降は貸付日から5~10年以内に元利均等払いによって行います。

母子父子寡婦福祉資金貸付

この父子父母寡婦福祉資金貸付金は、各都道府県あるいは中核都市などの指定都市により貸し付けられるお金です。
用途は子供の就学やその親の就業や住居の引っ越しなど12に区分されており、総じていうと、親と子を経済的に援助することで一定レベルの安定した生活を送れるように促すことが目的です。

あくまで貸付金であるためいずれは返済しなくてはいけない義務はありますが、子供の教育資金が目的であれば無利子で借りられるなど、一般的なキャッシングを利用するより好条件でお金を得ることができます。

ひとりで子育て中で経済的な苦慮に思い悩んでいるのならば、一度所属する自治体に相談し、細かな利用条件を聞き、自分に役立つものかどうかを確認してみるといいでしょう。

母子父子寡婦福祉資金貸付の融資内容とその種類

母子父子寡婦福祉資金貸付にはその用途別に12種に分かれており、それぞれによって貸付限度額や利用条件が異なっています。貸付金の12種の区分は以下の通りです。

  • ●事業開始資金・・・親が事業を始めるときに必要な設備類の購入資金
    ●事業継続資金・・・親の事業を継続させるための設備類や運営に使用する資金
    ●修学資金・・・子の高校や大学、高等専門学校・専修学校の修学資金
    ●就学支度資金・・・子の小学校から大学までの入学に必要な資金
    ●技能習得資金・・・親の運転免許取得または事業に必要な技能を習得するための資金
    ●修行資金・・・子の運転免許取得または事業に必要な技能を習得するための資金
    ●就職支度資金・・・就職に必要な物品を購入するための資金
    ●医療介護資金・・・医療行為、および親の介護を受けるための資金
    ●生活資金・・・①技能習得期間中、②医療介護期間中、③ひとり親家庭になって7年未満、④失業期間中、これらの間の生活の安定のための資金
    ●住宅資金・・・住宅の建設、補修、改築に必要な資金
    ●転宅資金・・・住宅を移転するときに必要な諸費用のための資金
    ●結婚資金・・・子の結婚のための諸費用のための資金

これら12種それぞれで上限額が決まっており、また資金の中にはさらに条件が細分化されて金額が決められているものもあります。その金額も自治体により異なります。

名称を見ていてもわかる通り、親のための事業関連の資金や、住宅関連の資金、そして子供の学業のための準備資金など、暮らし全般にかかるお金を広くカバーしているので、生活の折々の局面で役に立つことができる貸付金です。

何より自治体の精度なので信頼性も十分です。お金に困り、利用条件に合いそうであれば、活用を考えてみることをおすすめします。

年金担保貸付

公的年金の受給者が、その年金を担保として融資を受けられるのが年金担保貸付制度です。年金受給者が一時的にお金が必要となったとき、低金利で資金を融資する公的な制度です。

一般的に、年金を担保として融資を行うことは貸金業法によって禁止されています。しかし、福祉医療機構が唯一、年金担保融資の取り扱いを認められています。福祉医療機構とは、国の施策と連携しての福祉の増進と医療の普及向上を目的として設立された独立行政法人です。

利用者の条件

年金担保融資の融資対象となるのは、年金証書を持ち、その年金を受給中の人です。年金の種類は老齢年金、老齢基礎年金、障害年金、遺族年金です。自分もしくは親族などが融資の利用を考えている場合、次の年金証書を持っているか確認しましょう。


●厚生年金保険年金証書(厚生年金基金及び企業年金連合会から支払われている者は除外)
●国民年金証書(無拠出制の老齢福祉年金、特別障害給付金及び国民年金基金は対象外)
●国民年金・厚生年金保険年金証書
●船員保険年金証書(2010年1月以降の事故による船員保険の傷害・遺族年金は対象外)
●労働者災害補償保険年金証書(石綿健康被害救済法に基づく特別遺族年金は対象外)

その他、年金の支給が全額停止されていないことや生活保護を受けていないことなどの要件を満たす必要があります。なお、恩給または共済年金による融資の取り扱いについては日本政策金融公庫にお問い合わせください。

借りられる金額や金利について

融資限度額は次の要件を満たす金額の範囲内です。

●10万~200万円(ただし、生活必需品の購入の場合は10万~80万円)
●受給している年金の年額の80%以内(ただし所得税額に相当する額を除く)
●1回あたりの定額返済額の15倍以内(元金相当額を2年6か月以内で返済)

年金担保融資の申し込みは、「独立行政法人福祉医療機構代理店」という表示のある金融機関で行うことができます。なお、年金の受取口座にある金融機関が、年金担保融資の窓口でない場合、年金受取口座を取扱金融機関に変更する必要があります。
金利は、福祉医療機構のホームページや、取扱金融機関で確認できます。

生活福祉資金

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障碍者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。
貸付制度は、都道府県社会福祉協議会を実施主体として、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となって実施しています。低所得世帯や障がい者世帯、高齢者世帯など世帯単位に、それぞれの世帯の状況と必要に合わせた資金の貸付を行います。

この生活困窮者自立支援制度の施行に伴って、本貸付制度においても、より効果的に低所得者世帯などの自立支援を図るために、生活困窮者自立支援制度と連携した貸付を行うことで、その見直しが行われました。総合支援資金と緊急小口資金の貸付に当たっては、就労支援をはじめ包括的な支援が必要であることから、就職が内定しているものなどを覗いて生活困窮者自立支援制度における自立相談支援事業の利用を貸し付けの要件とすることになりました。

貸付の対象

生活福祉資金の貸付の対象となる世帯は以下の通りです。

●低所得世帯・・・資金の貸付に併せて必要な支援を受け取ることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯
●障害者世帯・・・身体障碍者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者の属する世帯
●高齢者世帯・・・65歳以上の高齢者に属する世帯

借入申込者は原則として、連帯保証人を立てることが必要ですが、連帯保証人を立てない場合も借り入れを申し込むことができます。貸付利子の利率は、連帯保証人を立てる場合は無利子、立てない場合は年1.5%となります。

教育一般貸付

この教育一般貸付は、日本政策金融公庫という国の機関が融資を行っているローンです。一般的な消費者金融のキャッシングより金利は安くお金を借りることができ、固定金利で返済期間も15年と長く返済計画を立てやすい商品です。

また、中学卒業以上の子供のための幅広い使途のために使うことのできるローンなので、子供のためにお金を必要とする様々なケースにおいて役立てることもできます。

貸付の条件

中学校を卒業した子供が融資の対象となる学校へ入学される保護者が貸し付け対象となり、以下の通り世帯年収の上限があります。

●子ども1人の場合:790万円(事業所得者の場合:590万円)
●子ども2人の場合:890万円(事業所得者の場合:680万円)
●子ども3人の場合:990万円(事業所得者の場合:770万円)

以降子供の数が増えるにしたがって所得の上限も少しずつ上がっていきます。この世帯年収とは世帯主の年収だけでなく、配偶者の所得も含まれるため、合算してこの数字を上回る場合には融資の適用外となります。

世帯年収の下限は設けられていませんが、年収に対して融資金額が多すぎると判断された場合には返済が危ぶまれると判断され、融資を断られるケースもあります。
有志の対象となる教育機関は高等学校・短大・大学・大学院のほか、予備校や各種専門学校、特別支援学校(高等部)など幅広く、半年以上通い続けることが条件です。

この学校に通うための授業料や入学金に使途が限定されているわけではなく、個人的に生活費から捻出するような受験時の遠征費用や教材費、修学旅行の費用なども使途対象となります。

申し込み方法

申し込みは日本政策金融公庫のホームページから24時間365日行うことができます。日本政策金融公庫の全国の関連支店や、銀行や信用金庫などでも直接申し込みが可能です。また、郵送での申し込みも可能ですが、この場合はあらかじめコールセンターへ連絡して借入申込書を取り寄せ、記入する必要があります。

看護師等修学資金

看護師を目指している看護学生向けの貸付金制度です。

これらの公的融資制度は無利子もしくは1.5%程度で融資してくれる救済策でもあります。貧困で何かを諦めたくない、そんな人は一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

タイプ別お金を借りる方法

お金のピンチは、なぜか突然にやってくるものです。
一時的にお金が足りない状態であれば、お金を借りることでやり過ごすことができます。ただし、毎月赤字状態の場合、お金を借りることはお勧めできません。
お金を借りた次の月からはすぐに返済がスタートするので、赤字状態続きでは返済ができなくなってしまいます。借りたお金は必ず返す必要があることを忘れてはいけません。借りたお金は「自分のお金ではない」ことを、しっかり意識しておきましょう。
ここでは、タイプ別にお金を借りる方法をご紹介していきます。

未成年がお金を借りる方法

未成年者は基本的にカードローンでお金を借りることができません。消費者金融や銀行のカードローンの審査申込条件に、満20歳以上と明記していますので、条件をクリアしていない未成年者は審査に通ることはありません。
また、各銀行や消費者金融の審査申込条件だけでなく、未成年者は民法上でも制限を加えられています。貸金業者側に立てば、返済義務が免除され得る未成年者にお金を貸したところで、単に貸し倒れリスクを負うだけでメリットは全くありません。したがって、銀行や消費者金融などの貸金業者は未成年者を対象に貸付を行っていないのです。
ただ、18~19歳の未成年者は絶対にお金を借りることが出来ないというわけではありません。18~19歳の未成年者がお金を借りる方法は2種類あります。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードは買い物するために特化したカードと思いがちですが、キャッシング枠が付与されれば、ATMから現金を引き出すことができます。ただ、クレジットカードでも未成年者を対象に、更にキャッシング枠を付与しているカードは珍しいです。
18~19歳の未成年者でもキャッシング枠が付与される可能性があるクレジットカードは、
●学生専用の三井住友VISAカード
●学生専用のライフカード
●エポスカード
上記のカードが有名です。

学生専用ローン

学生専用ローンは、大手消費者金融では扱っていませんが、中小消費者金融では扱っているところがあります。ただ、未成年者が学生ローンの契約を結ぶためには、親の同意書が必要です。
学生専用ローンでは、親の同意書を提出すれば、未成年者でもお金を借りることができ、民法上でも、法定代理人の同意さえあれば、未成年者が契約を結んでも問題ありません。
●アイシーローン
●学生ローンカレッヂ
●学生ローンのフレンド田
●筑邦銀行キャンパスカードローン
以上の学生ローンは、18歳以上の方であれば審査に申し込みできます。

無職の人がお金を借りる方法

無職と一言で言ったも、いろんなタイプの方がいます。例えば、専業主婦や失業中の方、年金受給者など、共通しているのは、労働による収入がないことです。

無職の専業主婦がお金を借りる方法

無職の専業主婦の場合は、基本的の消費者金融でお金を借りることはできません。なぜなら、消費者金融は貸金業法で年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないことになっているからです。
ですが、専業主婦の場合「配偶者貸付」を提供している消費者金融ならお金を借りることができます。配偶者貸付は、貸金業の総量規制の「除外貸付」に分類される契約だからです。配偶者、つまり旦那さんとあなた(専業主婦)の年収を合算して、年収の3分の1以下ならお金を借りられます。年収が0円でも、旦那さんの年収が600万円あれば、その3分の1「200万円」までお金を借りることができます。
配偶者貸付でお金を借りるには、旦那さんの同意書や住民票、旦那さんの収入を証明する書類などが必要になってきますので、旦那さんで内緒でお金を借りたいと思っている方には向きません。

専業主婦でも銀行カードローンならお金を借りれる

銀行カードローンは、貸金業法の総量規制とは関係ないので、年収の3分の1以上のお金を借りることができます。もちろん収入が0円の無職の専業主婦でも借入できます。しかも、消費者金融の配偶者貸付とは違い、旦那さんに内緒でお金を借りることも可能です。
ただし、法律的に無職の専業主婦でもお金を借りられるとは言え、各銀行のルールで無職の専業主婦にはお金を貸さないと決めている銀行もあります。例えば、メガバンクである三菱UFJカードローンや三井住友銀行、みずほ銀行のカードローンは専業主婦の借り入れは不可となっています。
専業主婦が借り入れ可能な銀行カードローンは、
●イオン銀行カードローン 実質年率:3.8%~13.8% 借入限度額:50万円
●楽天銀行スーパーローン 実質年利:14.5%      借入限度額:50万円
●横浜銀行カードローン  実質年利:1.9%~14.6% 借入限度額:1,000万円
です。無職の専業主婦の方はカードローンを検討してみてはいかかでしょうか?
しかし、現在の銀行カードローンは、申込者が反社会勢力ではないか警視庁のデータベースに照会をかける義務があるので、即日融資は不可となっています。

失業中でもお金を借りることができる

消費者金融や銀行のカードローンは、基本的に定職についていることが利用条件となっているので、失業中の方はこれらの金融機関からお金を借りることはできません。
前の勤務先を偽って申し込みしたらバレないのでは?と思われるかもしれませんが、ローンの審査では勤務先として申告した会社に電話で在籍確認が行われるので、嘘の申告は通用しません。

生活福祉資金貸付制度

失業中などの理由によって収入がない人の場合、国や地方公共団体からお金を借りることを検討しましょう。
都道府県の社会福祉協議会という組織が運営している生活福祉資金貸付制度では、失業中の方や低所得者の方向けの貸付制度があります。
現在、たくさんのお金を借りていて多重債務状態という方でも、債務整理を行うための費用立て替えをしてもらえる可能性がありますので、生活を再建するために一時的に生活福祉資金貸付制度でお金を借りることを選択肢に入れてみるといいかもしれません。
ただし、すでに消費者金融などで借りているお金の借り換えには生活福祉資金貸付制度は使えませんので注意してください。

産休中や育児休暇中の人がお金を借りる方法

お金に困っている産休中や育児休暇中の方は、出産手当金・出産一時金を利用しましょう。産休中・育児休暇中の人は、金融機関からお金を借りるよりも、出産手当金や出産一時金などの雇用保険を利用する方が、生活費を工面できる可能性があります。

出産手当金と出産一時金は別々の制度になるため、支給対象者の条件を満たしてれば、両方を受給することが可能です。
ただし、産休中・育児休暇中の人が出産手当金や出産一時金を受給するには、社会保険または国民健康保険に加入している必要があります。
出産手当金や出産一時金を利用したい方は、在籍している会社を通し、健康保険組合に申請しましょう。その際、会社の労務担当であれば、出産手当金や出産一時金について相談に乗ってもらいましょう。

年金受給者がお金を借りる方法

お金に困っている年金受給者は、年金担保融資を利用しましょう。
年金担保融資は、年金を担保にしてお金を借りる方法です。独立行政法人福祉医療機関と株式会社日本政策金融公庫という公的機関が取り扱っています。なお、年金を担保にしてお金を借りたい年金受給者は、自分が加入している年金の種類を確認し、福祉医療機構と日本政策金融公庫のどちらに申し込むかを決める必要があります。

担保にできる年金の種類は、以下の通りです。
●福祉医療機構:厚生年金、国民年金、船員保険年金、労災年金
●日本政策金融公庫:恩給、災害補償年金、共済年金、共済組合が支給する厚生年金

また、年金受給者が年金担保融資を利用するには、以下の条件をすべて満たしている必要があります。
●年金証書をお持ちであり、公的年金を受給中の方
●年金の支給が全額停止されていない方
●生活保護を受けていない方
●生活保護廃止後5年以上経過している方

また、年金担保融資で借りられる金額は、下記の範囲内で設定されます。
●10万円~20万円(1万円単位。生活必需品の購入は10万円~80万円)
●受給している年金金額の0.8倍以内(所得税額に相当する額を除く)
●1回あたりの定額返済額の15倍(元金をおおむね2年6か月以内で返済可能な金額)

年金担保融資の返済方法は毎月受給する年金からの天引きとなるため、借りられる金額は年金受給者の生活に無理が生じないような範囲で設定されます。
年金担保融資を利用したい方は、自身が加入している年金の種類を確認し福祉医療機構または日本政策金融公庫に問い合わせしてみてください。

転職活動中の方がお金を借りる方法

転職活動中の方でお金を借りたい場合は、失業保険を利用しましょう。転職活動中の人は銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りるよりも、失業保険などの雇用保険を利用することで、生活費を工面できる可能性があります。
失業保険の給付額は、退職前6か月間の総支給額を180日で割った金額が1日当たりの賃金日額となり、指定の銀行口座に失業手当として支給されます。

安定した収入がある方

安定した収入がある人は消費者金融や銀行カードローンでもお金を借りられますが、勤労者ならではの借り方方法も選べます。
安定した収入とは、月に1回以上継続的に受け取っている給料などの所得のことです。毎月決まった収入を得ている人は返済に当たるための経済力を持つ人物であると判断され、審査に通過しやすくなります。
会社員が生活費を借りたい場合はもちろん、個人事業主などの自営業者が事業資金w調達したい場合にも借り入れが可能です。

働く人にとって利用しやすい方法としては、勤労者のための金融機関である、ろうきんのカードローンが挙げられます。
ろうきんのカードローンは働いて安定した収入を得ている人ならだれでも申し込めますが、特に労働組合に所属している会社員は他社で借りるよりも優遇を受けられます。

会社員がお金を借りる方法

お金を借りたい会社員の方は、社内貸付金制度(従業員貸付制度)を利用しましょう。社内貸付制度とは、勤めている会社からお金を借りられる制度です。
舎内貸付制度は福利厚生の一環であり、すべての会社が設けているわけではありません。中小企業の場合、社内貸付制度が存在しない可能性があり、利用できたとしても「勤続年数5年以上」など、何かしらの条件が設けられている場合があります。
また、社内貸付制度は会社ごとに規定があるため、お金を借りる際の貸し付け条件に差があります。さらに、資金用途が制限されることが多く、病気やけがによる医療費やお葬式にかかる費用など、緊急時のみ利用が認められるケースがあります。
住宅購入費用や自動車購入費用、生活費など緊急時でなくても社内貸付制度を利用できる会社は少ないので、会社の上司や同僚に確認してみましょう。

個人事業主がお金を借りる方法

お金を借りたい自営業者や個人事業主は、日本政策金融公庫を利用しましょう。日本政策金融公庫ならば事業の運転資金のお金を借りられる可能性があります。
個人事業主の場合、会社員に比べると収入が安定しておらず、貸し倒れのリスクが高いことから銀行や消費者金融でお金を借りづらい傾向があります。そのため、資金繰りが悪化した個人事業主は、事業資金を工面するのに苦労する方が多いです。
しかし、日本政策金融公庫は個人事業主に対して積極的に融資を行っており、民間の銀行や消費者金融でお金を借りられなかった人でも借入できる可能性があります。

公務員がお金を借りる方法

お金を借りたい公務員は、共済組合貸付制度を利用しましょう。公務員は銀行や消費者金乳からの融資を受けられますが、借入目的が生活費や住宅費であれば、共済組合貸付制度の方が利息を抑えられます。
共済組合とは、公務員及び私立学校教職員を対象とした社会保険組合のことで、公務員の生活を公私共に支えるために貸付制度を用意しています。

パート・アルバイトがお金を借りる方法

お金を借りたいパートやアルバイトの方は、クレジットカードのキャッシングを利用しましょう。
クレジットカードのキャッシングはコンビニATMでも利用できるため、深夜や早朝など、時間帯を問わずにお金を借りられます。そのため、クレジットカードのキャッシングは、深夜や早朝に勤務が終了するパート・アルバイトの人でも利用できます。
なお、現在クレジットカードを持っていない人でも最短で即日発行可能なクレジットカードに申込をすれば生活費を工面することができます。

利用してはいけない方法

お金がないからと言っても、絶対に利用してはいけない方法があります。

ヤミ金融業者からお金を借りるのは危険

お金を借りたい人の中には、闇金融業者を利用してしまう方がいます。
ヤミ金融業者は、国の許可を得ずに貸金業を営む違法貸金業者で、「在籍確認なし」「書類提出無し」などの言葉で、お金に困っている人を誘惑します。
ヤミ金融業者からお金を借りてしまうと、法外な高金利を課せられるうえに、個人情報を流出される危険性があります。最悪の場合には、事件やトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、闇金融業者から絶対にお金を借りてはいけません。

個人間融資掲示板からお金を借りるのは危険

個人間融資とは、名前のとおり個人間でのお金の貸し借りのことで、インターネット上にある個人間融資掲示板を通して行われます。
個人間でのお金の貸し借り自体は違法ではなく、個人間融資掲示板を利用しても罪には問われません。しかし、個人間融資掲示板に出入りしているのは、大半が闇金融業者です。ヤミ金融業者はお金を借りたい人の弱みに付け込み、法外な利息で融資を行ったり、個人情報を盗み取って悪用します。
最近では、TwitterやLINEなどのSNSを通して個人間融資掲示板に誘導し、法外な利息を請求する闇金融業者もいるため、お金が欲しいと言っても個人間融資は利用しないようにしましょう。

クレジットカード現金化は危険

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して高換金率の商品を購入し、その商品を売り払って現金を手に入れることです。
クレジットカード会社は厳禁を手に入れるためにショッピング枠を利用する行為を禁止しているので、クレジットカードの現金化が発覚した場合には、カードが利用停止になります。
また、クレジットカード現金化業界には、悪徳業者が多く存在します。悪徳業者を利用すると、消費者に数十万円の決済をさせておきながら、「現金のキャッシュバックを行わない」「法外な利用手数料を請求する」「個人情報をヤミ金融業者に流出させる」などの被害に遭ってしまいます。

給料ファクタリングでお金を借りるのは危険

給料ファクタリングとは、自身の賃金債権をファクタリング会社に譲渡する代わりに、給料から手数料を引いた現金を受け取ることができるサービスです。
給料ファクタリングは、給料の前借感覚で利用すると法外な手数料を請求され自己破産に追いやられる可能性があるので、利用してはいけません。実際に、日本経済新聞においても、弁護士やフィナンシャルプランナーなどの専門家が闇金まがいの給料ファクタリングに注意を呼び掛けています。
給料ファクタリングは、金銭の貸し借りではないので利息制限が適用されません。そのため、消費者金融の平均金利18%に比べ、給料ファクタリングは手数料を金利に換算すると年利600%に設定されることもあるので、非常に危険です。

どこにも借りれない状態を作らない

最終手段でもお金を借りられない状態になってしまった場合、すべて審査に落とす銀行や消費者金融、または大至急の状態で借りたくて困っているのに手を差し伸べてくれない親や友達が悪いような考え方になってしまいがちです。
そういった状況を引き起こしているのもすべて自分の自己責任であることを理解しなければなりません。最後にブラックであるという事もそうなってしまった理由を、工面方法の前にもう一度確認しなくてはいけません。

自己破産をしたり債務整理をする以外にも延滞や滞納などでブラックとなってしまった状態では個人信用情報機関にその履歴が掲載されてしまっているので、そのままでは間に合わずに最終手段を使用してもどう頑張ってもお金を借りれないでしょう。
ある程度の期間を必要とし、消費者金融や銀行のカードローンではお金はすぐに借りれないでしょう。

もしそのような状態に陥ったときは、素人の一般人がいくら頑張っても解消ができません。まずはいますぐにプロに相談してみましょう。

 

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト