お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

新社会人になったら持ちたい!クレジットカードについて

新社会人になるとクレジットカードを持つ機会が増えることだと思います。
そんなときにただなんとなく加入するのではなく、はじめはしっかりと実用性の高いものを選んで良いクレヒスを積み立てていくことが出来たらよいですね。

クレジットカードのメリットとは

18歳~22歳で新社会人となり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しい」と思っている人は少なくないと思います。
クレジットカードには18歳~65歳と年齢制限が決められていて、高校生でなければ18歳の新社会人でも作ることができます。
クレジットカードを持つことでどんなメリットがあるのかをご紹介いたします。

ライフスタイルに合わせてクレジットカードを使えばお得になる

社会人になると、学生時代とはライフスタイルが大きく変わります。
例えば、新社会人になる機会に都会で一人暮らしを始める人が多いのではないでしょうか。
新しいアパートやマンションに引っ越すとき、家具や家電・日用品を一式そろえないと生活が不便だったり、今まで払っていなかった水道代や電気代など公共料金の支払いも必要になります。
そんな時に、現金よりもお得に支払いができるクレジットカードがありがたい存在になります。
一人暮らしに限らず、新しいライフスタイルに合ったクレジットカードを選べば、これからの新社会人生活をより良いものにできるでしょう。

急な出費の時にも安心

新社会人の準備に必要なものは数多くあります。
例えば新しいスーツを買わないといけなかったり、家具を買わないといけなかったり、電化製品などの生活必需品など新社会人の準備に必要なものは高額なものばかりです。
そうなると大金を持って店舗に行くことになるので、銀行からお金をおろさないといけないし、そもそもそんな大金を持ったことがないので不安が多いと思います。
でもそんなときにクレジットカードを持っておくと、銀行に行かなくてもいいし、大金を持ち歩くこともありません。
また貯金がなかったらほしい家具やスーツも買えないけど、クレジットカードがあれば、ひとまずその場は準備できます。
くれぐれも次の月には確実に払える金額に留めましょう。
またカードをなくしてしまった場合はすぐに利用停止の手続きをとることを忘れないようにしましょう。

社会的信用を得られる

クレジットカードには利用実績というものがあります。
クレジットカードを使ったことがない人には初めて聞く言葉だと思います。
きちんと毎月滞りなく支払っているという情報がカードに残ってゆき、きちんと支払っている履歴が残ることで、カード会社から「この人は今まできちんとカードの支払いをしているので、ローンの支払いも信用できる」といった社会的信用を得られることができます。
この利用実績は、将来、車や家など一生に数回しかない大きな買い物をするときにとても役立ちます。
またカードを持っているだけでも信用情報として蓄積されるので、早めに作ることをおすすめします。

クレジットカードを作るタイミング

先ほどクレジットカードのメリットをお伝えしたように、クレジットカードにはいろいろなメリットがあります。
でもどのタイミングで作ればいいかお悩みの新社会人は思っている以上の多いのです。
では、新社会人の場合いつクレジットカードをすくればいいかというと「いつでも大丈夫」です。
肩透かしかもしれませんが、基本的に作りたいと思った時に作るのが正解だといえます。
ただ、社会人としてクレジットカードを作りたいのであれば、やはり新社会人になってからでもすぐに作っておいた方がいいでしょう。
ちなみに学校を卒業し、内定をもらっているのであれば社会人となることが証明できますので、学生のうちにでもクレジットカードを作ることができます。
内定通知書等内定を証明する書類を提出することによって、一足早く社会人としてクレジットカードを作ることもできます。
新社会人を始めるには準備が色々と大変で、クレジットカードを作る時間がないこともありますので、早めに準備した方がいいでしょう。

クレジットカードの審査

クレジット会社に限らず、審査についてはどこも行われています。
例えば、社会人になってから間もなかったり、年収が低い会社に勤めているからクレジットカードを作れないのではと不安を抱えている新社会人は多いと思います。
確かに、クレジットカードを作る上で信用情報は欠かせませんし、安定した収入と返済能力を有するかどうかチェックされます。
勤続年数が短かったり、収入が少ないことや親元を離れて一人暮らししていることなど、該当する新社会人が審査に通りにくいのは事実です。
しかし、クレジット会社もそのことは熟知してくれていて、クレジットやローンの利用経験がなければしっかりと支払いをしてくれると考えてくれるので、あっさりと審査に通るケースも少なくありません。
逆に言うと、今までカードの契約がないまま年齢を重ね、自営業や個人事業主の50代の人が作るとなると収入が多くても審査に落ちることがあります。
それに、去年の収入がなくても、申請する際の項目では見込み年収でも大丈夫ですので、不安な方はカード会社のサイトを確認するか、直接問い合わせしてはいかがでしょうか?

押さえておきたいクレジットカードの魅力

先ほど紹介したように、クレジットカードにはメリットが多くありますが、それ以外にもクレジットカードならではのサービスが数多くあります。
新社会人になってから初めて持つクレジットカードであれば、失敗したくありませんよね。
ですので自分にとってもっとお得なカードを選びましょう。

クレジットカードのポイントサービス

まず皆さんにご紹介したいのは、クレジットカードを使うことでポイントが貯まることです。
ポイントは利用金額に応じてたまる仕組みで、カード会社によってポイント還元率は変わりますが、貯めたポイントを使って商品を買ったり、キャッシュバックにも利用できます。
またANAカードやJALカードのような航空系クレジットカードであれば、ポイントではなくマイルが貯まるので旅行が好きな方にはおすすめです。
そのため、ショッピングだけではなく、水道光熱費や携帯電話などの支払いをクレジットカードにするだけで、今まで貯まらなかったポイントがもらえるのです。

割引や優待サービス

もう一つとして、クレジットカード会社が用意する割引や優待サービスを受けることができます。
たとえば旅行やホテルで優待を受けられる「アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン」やポイント還元率が最大10倍にもなる「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」、ビックエコーで30%割引ができる「エポスカード」など様々です。
このほかにもクレジットカードによって様々な割引や優待サービスがあるので、ご自身のライフスタイルに合わせたクレジットカードを持つことが大切だといえます。

新社会人におすすめのクレジットカード10選

新社会人におすすめのクレジットカードを選ぶポイントは以下になります。

  • 幅広いお店で使うことができる
  • 審査が通りやすい
  • ポイントを貯められる
  • 年会費が無料

これらの要素を踏まえて、おすすめのカードをみていきましょう。

楽天カード

①楽天カードなら幅広くポイントを貯められる

楽天カードは総合的に評価の高いカードです。
まず、楽天カードの最大のメリットはポイントをためやすいところです。
楽天ポイントを付与している店舗は幅広く、さまざまなお店でポイントを貯めることができます。

楽天ポイント提携店
https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/
また貯まった楽天ポイントは楽天サイトで利用できますが、同じように提携店でも使用することが可能です。
貯まる⇔使うがスムーズなので、お得に買い物ができると人気のカードなのです。

それに加えてクレジットカードの中でも審査の通りやすいカードで種類も豊富です。
VISAやマスターカード、JCBなどから選ぶことができますよ。
マイルを貯めたい人も、楽天カードで貯めることが可能。

https://www.rakuten-card.co.jp/card/
ネット通販をよく利用するという方は、楽天銀行も併せて使用するとポイントアップすることがあるので使ってみても良いかもしれませんね。

エポスカード

②マルイなどのショッピング派にはエポスカード

エポスカードも審査の通りやすいクレジットカードの中に含まれます。
20代向けのマルイなどで入会を勧められることがあると思いますが、エポスカードはショッピングや旅行好きな人にとって便利なカードですよ。

エポスカードはショッピングで200円で1ポイントのエポスポイントが付与されます。
またゴールドカードを持っていると、年間使用料に応じて通常の使用ポイントの他に2500~ポイントが付与されます。

さらに海外旅行の際の保障としても年会費無料系クレジットカードの中では保障内容の質が高いです。
エポスカードはこのようにショッピングや旅行などが好きな人におすすめのクレジットカードになります。

JCBカード

③JCBブランドだから安定のクオリティ!

日本ブランドのJCBは国内のシェアが高く、多くのお店で使用することができます。
またJCBカードの魅力はJABカードび利用で貯まるOki Dokiポイントです。

Oki Dokiで交換可能なものはたくさんありますが、一番魅力的なのはやはりJCBギフトカードですね。
JCBギフトカードは使えるお店が多いので、ある意味キャッシュバックのようなものかもしれません。

海外旅行の際ではハワイや台湾といったところでしか使えないのがデメリットかもしれませんが、ネット通販もあまりしない、ショッピングや旅行にもあまり興味が無いという方にはおすすめのカードかもしれません。

MUJIカード

無印好きのあなたに

家具を無印良品で揃えたい方や無印良品のファンの方であれば、無印良品が発行する「MUJIカード」をおすすめします。
現在、全国各地に出店している無印良品は、ファッションアイテムや小物類はもちろん、食品をはじめ大型家具なども販売しているので、無印良品で買い物する方も多いと思います。
この「MUJIカード」を持っておけば、新規入会で1,000MUJIショッピングポイントがもらえます。
お誕生日月や5月と12月にもMUJIショッピングポイントをプレゼントされます。
もちろん会員限定の期間限定セールや優待サービスが受けられますので、とってもお得に無印良品を楽しむことができます。
またMUJI passportアプリをダウンロードして会員情報とつなぐと、ショッピングポイントの確認ができたり、無印良品ネットストアでもポイントが使えます。
さらに毎年3月にMUJIマイルを3,000ポイントもらえますので(MUJIカードのサービス内容については公式サイトをご確認ください)お得に楽しく無印良品を利用できます。

ライフカード

ポイント還元率を意識するなら

ポイント還元率が高いクレジットカードで押さえておきたいのが「ライフカード」です。
通常1,000円で1ポイントと他社と変わらない還元率ですが、初年度のポイントは1.5倍になります。
更に利用金額に応じてどんどんポイントが貯まるステージプログラムを用意しており、ポイント2倍になるサービスもあります。
スペシャルボーナスとして、1年間の利用金額が50万円以上だと300ポイントもらえます。
また誕生日月はポイント3倍となるので利用金額によって大いに力を発揮します。
また新規入会の特典として、1,000円相当になる200ポイントがもれなくもらえるキャンペーンや入会後3か月後の月末までカードショッピング利用金額に応じて、最大9,000円相当になる1,800ポイントがもらえるキャンペーン(キャンペーン期間やポイントなどは公式サイトをご確認ください)を行っているので、覚えていて損はないと思います。

三井住友VISAデビュープラス

初めてのクレジットカードに選ばれるカード

18歳~25歳までの方が作れる三井住友VISAデビュープラスカードは、初めてのクレジットカードとして特に人気があるカードです。
年会費に関しては年一回の利用で無料になりますし、ポイント還元率がずっとポイントが2倍貯まり続けます。
さらに入会後3か月間はポイント5倍になるので長く使っていきたいカードといえるでしょう。
また新規入会とVpassアプリのログインをすると、もれなくご利用金額の20%(最大12,000円)をもらえるキャンペーン(詳しくは公式サイトにて)を行っているのでお得になります。
また三井住友VISAカードは2019年3月から、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど大手コンビニのポイントUPサービスを開始しました。
ポイント還元率が優遇されている三井住友VISAデビュープラスの場合、超高還元率の常時3.0%で利用することができます。
コンビニ業界は大手3社の独壇場なので、コンビニでよくお買い物をされる方にとって最もおすすめなカードといえます。

VIASO(ビアソ)カード

最短翌営業日のスピード発行が魅力

三菱UFJグループのVIASOカードは、最短翌営業日のスピード発行ができ、さらに年会費永年無料のカードです。
ポイント還元率は利用金額1,000ごとに0.5%ですが、VIASOeショップ経由でお買い物をすると、Amazon利用で2%、楽天市場やYahooショッピングで3%のポイント還元など0.5%~10%のポイント還元が可能です。
しかも獲得ポイントが毎年自動でキャッシュバックされるので、ポイントを現金で使いたい方にはおすすめです。
入会後から3か月後の末日までに、15万円以上のショッピング利用で7,000円相当のポイントがもらえ、さらに楽Payを登録すると2,000円相当のポイントがもらえる上に、携帯電話料金の支払いで利用すると1,000円相当のポイントももらえるので、使い方によっては最大10,000円相当のポイントがもらえます。
キャンペーンについては公式サイトをご確認ください。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

マイルを貯めたい人は必見!

ANAグループの利用と海外向けのサービスが充実したカードで、ANAマイルがとにかく貯まる1枚です。
新規入会でもれなく1,000マイルをもらうことができ、毎年カードを継続すると、毎年1,000マイルがもらえます。
ANA航空券や機内販売・旅行用品など、ANAグループのカード利用はポイント1.5倍になります。
またANAカードマイルプラス提携店ならばポイントと100円につき1マイルをダブルでもらえます。
さらに空港ラウンジが同伴者1名まで無料に使えるサービスがあるので、飛行機を使った旅行などには最適です。
入会特典として、入会後から3か月以内に70万円のカード利用で、合計35,000マイル相当が獲得できます。
これは日本からハワイまでの特典航空券(エコノミークラス・ローシーズン・往復1名分)に交換できますのでとてもうれしいキャンペーン(詳細は公式サイトをご確認ください)です。

ゴールドポイントカード・プラス

家電好きにはこちらがオススメ

ヨドバシカメラで家電の購入を考えていたり、ヨドバシカメラのヘビーユーザーでしたらゴールドポイントカード・プラスをお勧めします。
10%ポイント還元商品が11%にポイントアップします。
ヨドバシカメラ以外の店舗でも1%還元されます。
またヨドバシカメラでお買い物をした商品が万が一、破損・水没・盗難・火災など偶発的な事故にあった場合、ご購入日から90日間補償してもらうことができます。
さらにゴールドポイントカード・プラスなら、ヨドバシカメラで使う場合、最長60回の分割払いも利用できるので、あこがれの高額商品も無理なく計画的に購入できます。
また、カード会員限定で厳選商品特別価格販売やキャンペーンなど、お得にお買い物できる企画を定期的に開催しているので、ヨドバシカメラで大いに力を発揮する優れたカードといえます。

majica donpen カード

お馴染のドンキのお買い物がお得に

majica donpenカードはmajika(マジカ)にクレジット機能が付いたカードで、カード会社とドン・キホーテが提携しているカードです。
このカードは利用した分だけお得になるポイントプログラムがあり、スマホやパソコンでのクレジットチャージでは200円で3ポイント、レジでの現金チャージでは200円で2ポイント、ドン・キホーテなどのクレジット払いでも200円1ポイントが獲得でき、このポイントはドン・キホーテで1ポイント1円として使うことができます。
またこのカードには「ランクアップ」制度があり、ドン・キホーテにおいて年間の購入金額により、次年度のランクが変わる制度です。
特にゴールド以上のランクになると、カード会員のみ付与される特別ポイントがありますので、お得感がさらにアップします。
majica donpenカードの皆様を対象とした「クラブオフ」という会員特典サービスがあり、国内外役200,000か所のホテルやツアー、レンタカー、レジャー、グルメ等の様々なサービスが会員特別価格で利用できます。
また新規ご入会キャンペーンとして、様々なポイントがプレゼントされます。
新規入会であれば500ポイント、majicaへのクレジット100,000円チャージで3,000ポイント、ドン・キホーテ以外の店舗で10,000円以上のご利用で1,000ポイント、ETCカードの入会後1,000円以上の利用で500ポイントなどもらえるポイントサービスが豊富ですので、ドン・キホーテをよく利用される方はとてもおすすめのカードです。

クレジットカードを作ったらまずすること

クレジットカードを作って最初にすることは、まずカードの表に記載されている氏名が間違っていないかを確認しましょう。
めったに名前が間違えられることはありませんが、もし表記に誤りがあると使えないので、念のために確認しましょう。
つぎに、カードが張り付けられていた台紙を確認しましょう。
その台紙にはいくらまでカード利用ができるかという「利用限度額」とともに、毎月の支払い日が記載されています。
支払日までにカードの引き落とし口座に振り込んでおかないと、支払いの延滞をしたとみなされるので注意しましょう。

カード払いが使えるかどうかの確認

まず、クレジットカードを使う上で非常に重要なのが、そのお店でクレジットカード払いが使えるかどうかを確認しましょう。
クレジットカード払いを受けてくれないお店の場合には、当然ながら店員さんにクレジットカードを渡したところで、支払いを受け付けてはくれないので、初めてカード払いを試したいのであればカード払いOKのお店を探すところから始めてみてください。
とはいえ、どのお店がカード払いできるかなどというのは、初心者の方には難しいものです。
そこでおすすめするのがセブンイレブンやローソンなどの大手コンビニです。
これらのお店は驚くほど簡単にクレジットカード払いを利用できるのでおすすめです。
よく言われているサインも暗証番号の入力も、セブンイレブンやローソンと言ってコンビニではする必要性が全くないの簡単です。

カード利用時には支払回数を選ぶ

クレジットカードには支払回数というものがあります。
よく知られているのが1回払いですが、テレビCM等でリボ払いや分割払いといった言葉を聞いたことがあるという方は多いと思います。
もし店員さんから「支払方法はどうしますか?」や「支払は1回払いでよろしいでしょうか?」といった質問を投げかけられた時には、手数料がかからない1回払いの方がおすすめです。
もし高額な商品の支払い回数を1回にしてしまい、家に帰ってよく考えてみてみると、カードの支払い日にお金が足りなくなりそうだと思ったら、毎月の支払額を考慮して、後から支払回数やリボ払いに切り替えることができます。
リボ払いであれば、毎月の返済額がほぼ一定となるので、計画的な返済が可能になります。
またカード会社によっては、金額的に余裕がある月はリボ払いの増額や、全額払いを行うこともできるので安心です。

一回払いだと金利手数料が発生しない理由

なぜ一回払いだと金利手数料が発生しないかというと、クレジットカードの一回払いであれば、金利手数料が発生しないので、手数料不要でそのまま支払いをすることができるからです。
そのため、金利のことをよくわかっていないカード初心者の方は、とにかく一回払いを使うのが一番です。
これであれば金利が発生することもありませんし、借金が膨れ上がって返済で首が回らなくなるといったこともないので安心です。

ネットショッピングの支払いはクレジットカードがおすすめ

ネットショッピングの支払い方法は、利用するオンラインショップによって異なりますが、主にクレジットカード決済・銀行振込・代金引換・コンビニ振込・電子マネー決済があります。
銀行振込は、振込先や振込金額によって手数料が異なります。
大体200円~400円程度の手数料がかかります。
代金引換の手数料は、運送業者やオンラインショップ、引換額によって変わってきますが、300円~400円ぐらいかかるのが一般的です。
コンビニ振込は、利用するオンラインショップによって手数料が変わってきますが、無料の場合と有料の場合があり、その手数料は220円からになってます。
電子マネー決済は、初期設定やサービス登録が済んでない状態でないと利用できません。
しかし、クレジットカード決済は、手数料が無料です。
銀行やコンビニへ行くこともないので支払いの手間がかかりません。

クレジット決済の安全性

クレジットカード決済には、当たり前のようにカード会社ごとセキュリティ対策を万全にしています。
オンライン利用時に本人認証サービスの入力を求めたり、カード利用時にお知らせメールで連絡をくれることもあります。
不正使用探知システムで不正利用の疑いがある場合には、取引を止めて本人に確認の電話を入れるなどの対策をとっていることも一般的です。
氏名や住所など入力した個人情報は、SSLシステムによって、ネット上でデータを暗号化して安全にやり取りできるようにしています。
オンラインショップ側は、安全にやり取りできるようにSSLを搭載するのが基本です。
SSLを搭載しているショップでは、「弊社ではSSLというシステムを利用しています。
カード番号は暗号化されて送信されます」このような文章や、URL部分に緑色の錠前カードマークや鍵マークが表示されます。
楽天市場、Yahooショッピング、Amazon等の大手ネット通販を利用するときには大丈夫ですが、小さなショップや聞いたことのないネットショップでカード決済をする場合には、SSL搭載ショップかどうかを確認しましょう。
見分け方の一つとして、暗号化されているとURLが「https://」になるので、確認できるのではと思います。

ネットショッピングでカード払いをする注意点

クレジットカードには不正利用に対して補償がありますが、利用する側としても十分に注意して安全対策をとる必要が大切です。
海外のサイトを利用するときには、とくに注意しましょう。
なんだか変な日本語や文章になっているショップは要注意です。
クレジットカード初心者なら、楽天市場・Amazon・Yahooショッピングなどの大手のショッピングサイトで買い物することが一番だと思います。
ネットショッピングしたらしっぱなしではなくて、カード払いした金額を把握することや、利用明細を確認して不正利用がないかチェックすることも重要です。

クレジットカードの注意点を理解しましょう

ここまでクレジットカードのメリットや魅力をお伝えしましたが、クレジットカードには注意点もあります。
それは「クレジットカードの支払いは借金」という事です。
クレジットカードを使っていると、お金を使っている感覚がなくなることがよくあります。
カードを渡して暗証番号を打つだけだったり、サインだけ支払いができるのは非常に便利ですが、簡単すぎて使いすぎてしまうことがあります。
でも、カード払いはあなたを信用しているカード会社が一旦立て替えてくれているだけのことです。
そのことを忘れないようにしましょう。
またカード払いには一括払いのほかに、分割とリボ払いがあります。
分割とは1か月の支払いを何回かに分けて行うことで、リボ払いとは毎月定額で支払っていくことを言います。
言葉だけ聞くと負担が減るようでとても魅力的ですが、これらには手数料がかかります。
その場で負担を減らしても、全体的に負担が大きくなっているので注意しておきましょう。
またクレジットカードにはキャッシングという機能がついてます。
これはクレジットカードで現金を借りることを指します。
必要な時に現金が出てきて便利ですが、キャッシングにも手数料がかかります。
引き出した現金より多くの額を返すことになるので、カードを使い慣れていない新社会人の方には理解しておいてください。

クレジットカード初心者がやってしまいがちな、致命的なミス

新社会人などで初めてクレジットカードを持っている方が、やってしまうことが多い致命的なミスをご紹介いたします。
脅すようではありますが、冗談ではなくこれらのミスは1歩間違えると人生が終わりかねない致命傷になる可能性があります。
数百万円以上もの借金をせおわされることや、結婚できなくなってしまう可能性すらあり得ますので、これから紹介する行為はしないように参考にしてください。

家族や友人にカードを使わせること

買い物などの時に、自分の手が離せないとき「このカードを使って払っておいて」とやったことがある人は多いのではないでしょうか?大したことではないこと思われるかもしれませんがこれは問題なのです。
クレジットカードはカード保有者とカード会社の契約に基づいて使える支払い手段なので、ほかの人が利用できる契約にはなっていません。
たとえば家族や友人にクレジットカードを貸したときに、あなたのクレジットカードが悪用されてしあった場合には、その損害はあなたが自腹を切るしかないのです。
なぜならクレジットカード会社が損害分を補償してくれるのは、あなた自身が利用していた時のみだからです。
家族はもちろんのこと、どんな信頼できる友人や恋人であってもカードだけは渡さないようにしてください。
また逆の立場になったばあいは、カードを貸してもらっても断ったほうがその人のためになるのです。
もしカードを家族だけでしか使わないのであれば、家族カードを作成するのがおすすめです。
これであれば家族用に発行するクレジットカードなので、不正利用されてもちゃんと補償があります。

カードの裏面にはきちんとサインをすること

クレジットカードが届いたらまず初めに、カードの裏面に油性ペンで自分の名前を書きましょう。
名前を書くことであなたが利用者という事が示されるからです。
油性ペンが好ましい理由は、水性ペンやボールペンだとだんだん書いた名前が消えてしまうからです。
油性ペンで書いても薄くなってきた場合は、カード会社はサインの上書きを推奨していませんので、上書きはせずカードの再発行手続きをしてください。
もし万が一サインをしないで落として誰かに不正利用されてしまった場合、拾った人が自由にサインをすることができます。
そのあとはクレジットカードを使って自由に買い物ができてしまうことになってしまいます。
そうなってしまうと10万円や100万円といった高額な買い物で悪用されてしまう可能性もあります。
カード裏面にきちんとサインをしていた場合は、クレジットカードの盗難補償で不正利用による損害をカバーしてもらうことができます。
反対に、裏面に署名サインをしっかり書いていないと、クレジットカード保有者に落ち度があったとして盗難補償の対象外になってしまうことがあります。

暗証番号の管理はきちんとしましょう

クレジットカードを作成する場合、4桁の暗唱蛮行を必ず設定する必要があります。
この暗証番号は店でカード払いをするときによく求められます。
言い換えると、暗証番号がわかっていればクレジットカードで何でも買い物ができてしまうのです。
暗証番号は家族にも第三者にも教えないことと、暗証番号を買いたメモとクレジットカードを一緒に保管しないことが注意点として挙げられますが、他人に推測されないような暗証番号にしないことも大事です。
他人にクレジットカードを不正に利用されてしまった場合「盗難保険」というサービスがありその代金を補償してくれます。
しかし、本人の管理不足や重大な過失によって生じた損害については補償されません。
どんな場合でも、4桁の数字はあなたの心の中にだけとどめておくようにすれば大丈夫だと思います。

カード代金の支払いを忘れてしまう

初心者がやってしまいがちなミスの1つに、クレジットカード代金の支払いをつい忘れてしまう事があげられます。
これについては1度や2度くらいであればそれほど問題ありません。
しかし、電気料金やガス代を払っている感覚で、毎月毎月クレジットカードの支払いを遅らせているととんでもないことになる可能性があります。
もしクレジットカード代金の支払いが頻繁に遅れてしまうと、俗にいう「ブラックリストに掲載される状態」になる可能性があります。
理由は単純であなたのクレジットカードの返済履歴というのはすべてのクレジットカード会社や銀行などで共有されている情報なので、クレジットカード代金の返済を頻繁に遅れている人は、「貸したお金を期日通りに返してくれない信頼のおけない人」という扱いを受けることになるので、結果としてブラックリスト入りしてしまうのです。
当然、新規にクレジットカードを申し込んでも発行してもらうことができなくなることに加えて、車や住宅のローンも組めなくなる可能性が高くなります。
この理屈も同様で、あなたが「貸したお金を期日通りに返してくれない信頼のおけない人」だからです。
そんな人に住宅ローンなり、車のローンなりで数百万~数千万円を貸してしまったら、銀行としても貸したお金の回収ができなくなってしまうので、ブラックリスト入りした人はローンも組めなくなってしまうのです。
特に地方在住の人にとって車が買えなくなることは死活問題です。
そうなりたくなければとにかくクレジットカードの支払いだけはどんなことがあっても遅れないようすることです。

明細を確認すること

自分が現在何にどれぐらい使っているか確認するため、明細は必ず確認しましょう。
加えて、明細を確認することで「不正利用」を発見することもできます。
明細を確認していなければそういうようなこともすぐに発見できないのです。
最近では1万円未満の少額をあえて悪用し、それに利用者が気付くかどうかをチェックしてから悪用する詐欺集団もあるようです。
毎月の利用明細書をチェックしていない利用者は、そういった悪意のある方にとってはカモみたいなものです。
これまでご紹介した内容をご覧の方は、クレジットカードには盗難補償がついているから、不正利用されても大丈夫じゃないかと思われていると思います。
確かにおっしゃるようにクレジットカードの盗難補償は、悪意のある不正利用からあなたを守ってくれるありがたい補償制度です。
この補償がある限り、あなたは不正利用から守られていることになるわけですが、多くの場合、盗難補償には約60日程度の申請期限があります。
補償期限内であれば不正利用されても補償されますが、期限外であれば不正利用されても自己負担になることもあります。
つまり、半年前の不正利用を見つけたとしても後の祭りという事です。
クレジットカード会社は補償期間外として不正を申し立てを受け付けてはくれないので、毎月しっかりと利用明細書を確認して、不正利用がないかどうかを確認することが大切です。
毎月1回くらい確認していれば不正利用などは怖くありませんので、よく注意しましょう。

リボ払いの仕組みを理解しましょう

リボ払いは毎月定額を支払う仕組みになります。
利用する人にとって毎月の負担額が軽くなることになりますが、ここで注意しておかなければいけないことは、リボ払いするととにかく金利手数料が高いという事です。
例えば300,000円借りたとします。
支払はリボ払いで金利は15%です。
そして月々の返済額を10,000円とします。
そうすると支払額は300,000円のほかに、金利手数料として78,348円がかかりますので、30万円の商品が38万円になってしまいます。
これは大きな損をしていることと同じです。
リボ払いを利用する方は、総額いくら支払わないといけないかをよく把握しておきましょう。

カード限度額は初めのうちは最低限にしましょう

クレジットカードはいわば魔法のカードです。
もし手元にお金がなくてもカードを使えば買い物ができます。
クレジットカードを持ったばかりだとその魅力につられて、ついつい無駄遣いをしてしまったりする可能性があります。
その時もし始めからカードの限度額を高めに設定してしまっていると気づいた時にはえらい金額になっている場合があります。
なのでそれを避けるためにも初めは最低限の金額にしておいた方がいいでしょう。
またキャッシングについてですが、決められた限度額内でお金を借りることができるもので、多くのクレジットカードで利用できるサービスです。
しかし当然金利手数料が発生します。
手数料は会社によって違いますが、無金利ではありません。
借りたお金より、返すお金の方が多くなってしまいますので、なかなか借金を完済することが難しいものです。
キャッシング機能は急にお金が必要になった時など便利な機能ですが、利用する際はよく考えて医療するようにしましょう。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト