お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

教育資金にも!日本政策金融公庫で低金利で融資を受けよう

日本政策金融公庫とは株式会社日本政策金融公庫が運営する会社ですが、大元は国の融資する金融機関になります。
そのため銀行と比較して金利が低いなどの特徴がありますが、どのように利用できるか大まかにみていきましょう!

銀行で融資を受け難いような人が対象

一般的に融資というと銀行で融資を受けるのが一般的です。
しかし銀行では一般的に働き盛りの年収のある男性に融資をすることが多く、そうでない方は融資の審査に落ちてしまうことがあります。

たとえば年収が低い方やシングル家庭の方など、いわゆる社会的弱者と言われる人に対して融資を積極的にする機関なのです。

そのため低金利でまとまったお金を融資してほしいという人にとっては、積極的に利用したい金融機関になります。

自営業の起業資金に

日本政策金融公庫はさまざまな理由で融資を受けに来る人が多いですが、その中でも自営で起業をしようとしている人のための融資を行っています。
自営業といっても大企業ではなく、個人事業主や中小企業の融資がメインのようです。
低金利で融資を受けたいと考えている方は検討してみましょう。

日本政策金融公庫の融資制度

日本政策金融公庫の融資制度から、代表的なプランをまとめています。
いずれも、起業時に活用できる借入プランなので、開業資金として積極的に検討できます。

新規開業資金

これから事業を始める場合はもちろん、事業を始めて7年以内の方であれば融資が受けられます。
日本政策金融公庫で開業資金を調達する多くの人が、この融資制度を利用しています。

借入額として、設備資金の場合は最高7,200万円(返済期間最高20年)、運転資金の場合は最高4,800万円(返済期間最高7年)になります。

現在働いている会社と同じ業種で起業する場合、6年以上の勤続または同業界に6年在籍していれば条件を満たします。
大学や専門学校で学んだ技能と関連する業界での起業をする場合、勤続年数2年以上で条件を満たします。

美容室の開業などは、この条件にマッチするのではないでしょうか。
その他、「雇用の創出を伴う事業を始める場合」や「技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める場合」など。

元々が、開業前の資金を融資することを目的としている制度なので、条件クリアのハードルは低いです。
融資してもらえる資金は事業計画書と審査の結果次第ですが、融資限度額は非常に大きいので、この融資だけでも開業資金は十分まかなえると思います。

女性、若者・シニア起業家支援資金

前述の「新規開業資金」よりも有利な利率で借入ができるのが、女性や若者、シニア向けの融資制度です。

条件は女性であること、30歳未満の若者であること、55歳以上のシニアであることです。
女性は年齢を問わずに特別金利で融資が受けられるので積極的に活用したいところです。

借入額として、設備資金の場合は最高7,200万円(返済期間最高20年)、運転資金の場合は最高4,800万円(返済期間最高7年)になります。

条件次第では新規開業資金の方が利率が優遇されることもありますが、最もお得な制度を日本政策金融公庫の担当者が提案してくれるので安心です。

再挑戦支援資金

事業に失敗した経験がある方でも借りれるという再チャレンジのための融資です。
条件として、過去に廃業経験がある方や、廃業した事業が新規事業に影響を与えない程度に整理されていることだったり、廃業の理由や事情がやむを得ないものである場合です。

借入額として、設備資金の場合は最高7,200万円(返済期間最高20年)、運転資金の場合は最高4,800万円(返済期間最高7年)になります。

実際に借りれる金額とは

上記3つの融資制度を見てこんなに借りれるのかと思われたでしょうが、実際のところ現実に借りることができるお金は数百万円程度です。

中小企業・個人事業主が利用する日本政策金融公庫の国民生活事業によると、1社あたりの平均融資残高は700万円弱となっています。
信用金庫よりもやや大きめの金額を貸し付けているわけです。

教育支援ローンも

日本政策金融公庫は教育支援のローンも行っています。
教育ローンというと奨学金が多いと思いますが、実は自営業の世帯などは収入があるように見えても実際には経費に計上できず、売り上げが無いところも多いのです。
収入がある程度あるように見えれば奨学金の審査が下りる可能性が低くなります。
そんなときにも利用できるのが日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫は奨学金のように月払いではなく、まとまった額を融資するため、大学から一人暮らしをする際の資金としても利用することができます。
無利子ではないため利子が付きますが、それでも他の金融機関と比較してみても低金利なので、奨学金の審査に落ちて困っているという方は検討してみても良いかもしれませんね。

低金利で様々な優遇措置もある、国の教育ローン

国の教育ローンは民間金融機関に比べて金利も低く、返済期間も長期で設定できるなど様々な魅力があります。
また、何かと出費のかさむ在学期間中は元金は据え置きして利払いのみという方法も選択できるので無理なく返済をすることができるのも特徴です。

借り入れ条件

融資限度額は子ども一人当たり350万円まで、6ヶ月以上の海外留学資金の場合は450万円となります。
返済期間は最長15年、金利は固定金利1.76%(保証料別)となっています。

ただし、母子、父子家庭や世帯年収200万円(所得122万円)以内の方、子ども(扶養内)3人以上の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方等は、金利は年1.36%、返済期間18年以内といった優遇措置があります。

世帯年収上限

国の教育ローンの申込み要件の一つとして、保護者の世帯年収上限額が定められています。
子1人の場合は790万円(所得590万円)、2人なら890万円(所得680万円)というように、子どもの人数によって上限額は異なります。
条件によっては上限が緩和され、申込みができるケースもあります。

資金使途

入学金、授業料、受験料といった学校納付金はもちろん、敷金や家賃などの住居費用、通学費用、教材やパソコン購入費なども対象です。
更には学生の国民年金保険料などもカバーでき、幅広い用途に使用することができます。
融資の対象となるのは、今後一年間に必要となる費用に限りますので、前倒しでまとめて4年分借入をすることはできません。

日本政策金融公庫から融資を受ける手順と方法

融資の進め方として、自分ですべて行う方法と税理士をはじめとする専門家を利用する方法があります。
今回は自分で日本政策金融公庫へ融資の申し込みをする流れをご説明します。

融資の相談

事業資金相談ダイヤル(0120-154-505)への問い合わせと、支店窓口への報恩で、融資制度や申込についての相談をします。
窓口で相談をする場合は、計画書など融資に必要な書類を準備することをおすすめします。

借入申込書を窓口に提出

日本政策金融公庫でお金を借りる場合、必ず「借入申込書」を作成します。
申し込みをしたらすぐにお金を借りたい!と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、申し込みから着金まで1か月ほどかかりますので、資金調達の際は余裕を持って準備をしておくことが大切です。

面談

申込書を提出してから、1週間~2週間ほどで日本政策金融公庫の担当者と面談をします。
面談では提出した資料をもとにさまざまな質問をされますので、事業に対する想いや事業計画など、何を聞かれても答えられるようにしっかりとシミュレーションをしておきましょう。
面談時間は30分~1時間半程度です。
好感を持ってもらえるようにスーツで面談に臨みましょう。

融資決定後の手続き

無事融資が決まると、契約に必要な書類が郵送されてきます。
返送し確認が終了した3日後に口座へ送金されます。
書類に不備があると、その分融資を受けるまでの時間が延びてしまうため、不備のないように注意が必要です。

また、ネットバンクへの送金はできません。
年末や3月末は繁忙期となるため、これらの月はその限りではありませんが、基本的には1ヶ月ほどで融資を受けることできます。

返済について

返済は原則として月賦払いとなります。
返済日は選択が可能ですので、確実に返済が可能な都合のいい日を選択し、また返済方法も、元金均等返済、元利均等返済、ステップ返済など、複数ありますので、担当者に報告します。

さらに、選択した期間は利息のみが発生し、次月以降から元本の返済がスタートする、据え置き期間の選択も可能です。

申し込みを検討している人が注意したい点

ブラックリストの人は借りられない

自己破産を行った人やクレジットカードの支払いを延滞し続けた人は融資を受けられない可能性が高いです。
社会的弱者に融資することが目的の日本政策金融公庫ですが、ブラックリストの人はほとんどが審査落ちしてしまうようです。

融資までが長い

金利の高めの消費者金融などでしたら即日融資!なんてこともありますが、日本政策金融公庫は融資までがなが~いです。
お金が必要になるかもしれない2~3か月前から準備しておいた方が良いと言われています。

特に事業開始のための融資の場合は、事業計画書が必要になるため、計画的に融資を受ける準備を進める必要があります。

一度融資を受けられると次回から融資が受けやすくなる

日本政策金融公庫で一度融資を受けると、次回からの融資は通りやすいと言われています。
とはいっても、日本政策金融公庫の初回の審査通過率は5~6割という噂。
つまり一度融資を受けることができると長いお付き合いをしていくことも可能になります。
初回の審査に通るとその後も融資を受けやすくなることが多いため、準備万端で審査に臨みたいですね!

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト