お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

クレジットカードの海外損害補償について考えてみる

海外旅行に行く際に気になるのは事故やケガなどといった不慮のケースだと思います。
損害保険に加入するかどうか、その部分は悩ましいところでもありますよね。
そんな海外旅行の際の、クレカの海外補償付帯についてみていきましょう。

海外旅行には保険が必要

海外旅行に出かける前には、海外旅行保険を事前に必ず申し込む必要があります。
海外旅行保険は旅行中の不慮の事故や病気、携帯品の破損、損害賠償などを補償してくれます。
特に海外旅行中でけがや病気をしてしまうと日本の国民健康保険は使えず、高額な治療費がかかるので、海外旅行保険に入るのは「治療費の補償のため」といってもいいでしょう。
海外旅行保険は保険会社に申し込むほかに、クレジットカードの特典としても付帯しているので、海外旅行保険の代わりにクレジットカードを持っている方も多いと思います。
しかし、クレジットカードの保険にはカードによって保証額が違ったり、保証される範囲が違いますので、よく考えて選ぶ方がいいでしょう。

海外旅行におけるリスク

海外旅行の際に考えておきたいリスクの代表的なものをまとめました。

  • 傷害死亡・後遺障害補償…事故や死亡の補償
  • 傷害・疾病治療補償…ケガや病気の治療補償
  • 救援者費用補償…旅行中遭難や失踪などに掛かるお金を補償
  • 賠償責任補償…相手にケガを負わせてしまったときの補償
  • 携行品損害補償…携行品の破損、紛失を補償

上記は主なものです。
特に「疾病治療」に関しては、海外好きな友人が事故に巻き込まれるなど入院・手術が必要なケースも少なからず聞いています。

クレジットカードの海外旅行保険とは

一口に「海外保険」といっても、かかる保険料や補償範囲・補償金額などその種類は様々です。
大きく分けると、保険会社が提供する保険とクレジットカードに付帯する保険の2種類があります。
さらに、クレジットカードの海外旅行保険には、カードを保有しているだけで自動的に付帯する保険と、旅行前にカードを利用することで初めて付帯する保険があります。

保険料

クレジットカードに付帯される保険の場合、基本的に保険料などがかかることはありません。
(ただ一部有料のオプションとして海外旅行保険が用意されている場合もあります)一方、保険会社の海外旅行保険は保険料が発生し、旅行日数や保証額によって金額が変わります。

補償範囲

補償範囲については、一般的にクレジットカード付帯の保険よりも保険会社の保険の方が手厚くなっています。
ただし、詳しい保証の内容はそれぞれの保険や付帯サービスによって異なるので、一概にどちらがどれぐらい優れているという事はありません。

申込方法

クレジットカードの場合は特別な申し込みをしなくても、「カードを保有しているだけで保険が自動的に付帯される」あるいは「クレジットカードで旅費などを支払う」ことで保険が付帯されます。
どちらの条件で保険がスタートするかは、カードによって異なります。
保険会社の場合は、渡航先や渡航日、補償内容などを指定した上で別途申し込みをする必要があるため、やや手間がかかります。

日本の医療費はかなり安い

日本で無保険で入院・手術をする場合、脳卒中などの大きな手術でも平均120万円くらいだといわれています。(3割負担無しの場合)

1日あたりの医療費※1 A入院 45,400円
退院者在院期間※2 B平均 27日
入院時の総医療費 1,225,800円

出典:http://hoken.kakaku.com/insurance/hospi-rate/dis/c=0908/

日本の医療費は世界水準でも破格の安さで良心的だといわれています。

そんな日本の親切な医療現場の感覚で海外の病院に掛かると大変なことになってしまいます。
海外では基本的に公的医療ではなく、民間の保険に加入することがほとんどで、未加入者は医療を受けることができないと問題になっています。

なんと約1億円!海外の医療費

事故なんて無いし!と数千円の海外旅行保険料をケチることで、人生を狂わせかねない借金を背負ってしまうことがあるのは事実です。

海外旅行の際は短期間であったとしても、かならず海外旅行用の保険に加入してから渡航しましょう。

一般的なクレジットの海外損害補償が使える条件

クレジットカードを契約していると、海外損害補償が自動でついてくることがほとんどです。

しかし気を付けていただきたいのは、その補償が利用できる条件です。
クレカの海外損害補償には「自動付帯」と「利用付帯」があります。

 自動付帯…クレジットカード契約しただけで海外損害補償が利用できます。
 利用付帯…パックプランの際は旅行代金をクレジットカードで支払ったり、個人旅行の際は電車や飛行機、船などの公共機関のチケットをクレジットカードで支払ったりするという利用条件があります。

自動付帯か利用付帯かはクレジットカードの約款に記載されているので、旅行前によく確認しておきましょう。

クレジットカードの海外損害内容例

利用者数の多そうな「楽天カード」についてみてみたいと思います。
まず、楽天カードの海外補償利用条件は、日本を出国する以前に「自宅から出発空港までの交通費」または「海外旅行代金」を楽天カードで支払っていることが条件になります。つまり利用付帯ということですね。

また補償内容ですが、

・傷害死亡・後遺障害補償…最高 2,000万円
・傷害利用費用…1事故の限度額 200万円
・傷害・疾病治療補償…1疾病の限度額 200万円
・救援者費用補償…年間限度額 200万円
・賠償責任補償…1事故の限度額 2,000万円
・携行品損害補償…年間限度額 20万円

https://www.rakuten-card.co.jp/overseas/insurance/

上記のようになっています。
「最高~」「1事故の限度額~」といった条件が付いているのでご注意を。

クレカだけではなく海外保険に加入すべき?

クレジットカードの付帯保険だけでなく、別途海外保険に加入することがあると思います。
クレジットカードを持っていると、短期の旅行などではクレカの海外損害補償で十分カバーできる範囲だといわれています。

しかし未成年の方はクレジットカードの家族会員などであったとしても補償の対象ではないことがあります。
またクレジットカードの補償期間の多くは60日~90日の間で設定されています。そのため長期出張長期留学などの場合は期限切れになってしまうので、海外保険に加入する必要があります。

海外保険との併用は?

クレジットカードの海外補償と海外保険の併用に関してですが、死亡・後遺障害などの場合は保険を二重で掛けていたとしても、併用不可などとなっていることがほとんどです。

一方入院や傷害・疾病治療などの場合は併用の場合が多く、緊急搬送でICU治療などになって治療費が高額になりそうな場合にも対応できます。

海外旅行の保険に別途加入する際には、クレジットカードの付帯保険でカバーできていない部分を補填するように、カスタマイズして加入することも可能です。

カードのランクが上がると補償内容がアップする可能性も

各社名ブランドのクレジットカードには、ゴールドカードやプラチナカードといったグレード別のクレジットカードが設定されています。

こういったカードは収入や年間数千円~数十万円の年会費が必要なケースがありますが、その分通常ランクカードより手厚い海外損害補償内容が補償されます。

自分のステータスに応じてクレジットカードのランクを検討してみるのもいいですね。

付帯条件・内容を確認して補償を上手に使おう!

しかしその利用条件や補償内容など、それは契約しているクレジットカードによってさまざまです。

海外損害補償関連でクレジットカードの加入を検討している際は、こういった条件を確認して、年会費などの兼ね合いも含めて総合的に検討しましょう。

海外の医療費は?

今では格安で海外旅行に行ける時代になり、年々海外旅行者も増加しています。
もし初めて海外旅行を考えていらっしゃる方は、保険代だけは絶対にケチらないようにしてください。
なぜなら海外の医療費は日本人が思っているよりも海外の医療費が法外に高いからです。
参考までに国・地域別でどれぐらいの医療費がかかるかをご確認ください。

アメリカ合衆国・ニューヨーク周辺の場合

ニューヨーク周辺の医療費は非常に高額です。
ニューヨーク市マンハッタン区の医療費は、同区外の2~3倍高額といわれており、一般の初診料は150~300ドル(1ドル108円で換算すると16,000円~32,000円程度)専門医を受信すると200~500ドル(21,000円~54,000円)入院した場合は質量だけで1日数千ドルの請求を受けることがあるそうです。
例えば、急性虫垂炎で入院し、手術後腹膜炎を併発した場合は7万ドル(870万円)上腕骨骨折で入院手術は1万5千ドル(170万円)貧血による入院で2万ドル(220万円)などが実際に請求されています。
治療費は、診察料・施設利用料・血液検査代・画像検査代・薬品代などそれぞれ別個に請求されるので注意が必要です。
ニューヨーク周辺へ旅行する際は、渡航後に当地の医療保険に加入するか、渡航前に十分な補償額の海外旅行傷害保険に加入して備えるべきでしょう。

スペイン・マドリード周辺の場合

スペインの医療費も高額です。
盲腸の手術であれば約90万円ぐらいになります。
集中治療室は1日約6万円になり、入院費用は1日約4万円ぐらいになります。
外来初診料は2~3万円程度で、風邪などの発熱で受信した場合は約10万円ぐらいかかります。
軽い治療に対しても、高額な医療費が必要です。
少し医者に診てもらうだけで数万円かかると覚えておきましょう。

中国・北京周辺の場合

北京には、外国人専用外来のある中国系総合病院や、先進国と同様の医療が受けられる外資系クリニックがあります。
その医療レベルは高くなりつつありますが、それに伴い医療費も年々高騰しているようです。
外資系医療機関では、日本よりはるかに高額の医療費(緊急入院1日あたり10~20万円,日本への移送数百万~一千万円)を請求されることもあるようです。
ただし、ほとんど全ての医療機関は海外旅行傷害保険が使用できますので、たとえ短期であっても保険に加入しておきましょう。
中国系病院を受診する場合、一般的には最初に窓口で掛号費と呼ばれる受付料を支払い、診察医を指名します(医師のランクにより診察料が異なります)。
この時、カルテ作成料として1~5元(15~75円相当)を別途請求されることもあります。
また、入院や検査が予定されている場合は、受付時に保証金を預けなければならないことも多いようです。
長期入院が必要と判断されると5万元(75万円相当)程度要求する病院もあります。

韓国・ソウル周辺の場合

韓国の医療費は、日本と同じか少し高いくらいの額の医療費です。
盲腸の手術であれば約70万円程度になります。
入院は1日で約5万円ぐらいで、外来初診料は4千円~2万円ぐらいになります。

海外旅行傷害保険に加入しておくと安心

海外で治療を受けた場合、海外療養費制度で、健康保険から払戻しを受けることもできますが、あくまでも日本での治療費が基準です。
例えば、ニューヨークで盲腸手術を受け240万円かかっても、健康保険からは日本の水準で32万円しか戻ってきません。
差額の208万円はすべて自己負担となってしまいます。
また、患者が医療費を支払うことができるかどうかもチェックされます。
入院する際には最初にデポジット(保証金)を払わなければならないところもあり、クレジットカードや保険の加入証などを出さないと治療を受けられないケースが実際におこっています。
万一の場合に備えて、渡航する際は、海外旅行傷害保険には加入しておくと安心です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険と保険会社で契約する保険との違い

海外旅行に不安はつきものです。
もし万が一のためにも、あると安心なのが海外旅行保険です。
クレジットカードに付帯している海外旅行保険は優秀で、実際、クレジットカード付帯の保険で十分事足りるので、空港やネットで保険を申し込むなんて必要ないかもしれません。
ただ、クレジットカードの海外旅行保険といえどその内容は、クレジットカードにより大きく異なりますので、保険をよく見極めることが大切です。

クレジットカードと保険会社の違い

クレジットカードに付帯する海外旅行保険と、保険会社で契約する海外保険は基本的な補償内容は一緒です。
引受保険会社も同じですから大きな差異もありません。
ただし、保険会社の海外旅行保険ならではのプランがあり、保険期間や補償内容や、自分の旅行に合わせてカスタマイズできたりします。

補償期間

基本的に、クレジットカードは補償期間が主に90日間となっていますが、保険会社の海外旅行保険は、日数を自由に決めることができ、保険料もそれによって異なってきます。
しかし、クレジットカードの場合には、無料で何度でも利用できるのに対して、保険会社の場合には、保険料の支払いが発生することに加えて、1回限りの補償となっていますので、何度も利用することはできません。
3ヵ月以上の長期留学や出張などの場合には、クレジットカードの補償では、補償が切れてしまうことになります。
しかし、保険会社で加入する海外旅行保険であれば、長期の補償をしている専用の保険もありますので、長期留学や出張などにも対応することが可能となります。
海外渡航が長期になる場合には、保険会社の海外旅行保険に加入するのが安心です。
しかし、無駄を省くのであれば、クレジットカードの補償期間が過ぎたときに、保険会社の海外旅行保険に改めて加入をするという方法もあります。

病気死亡の補償

クレジットカードの補償には、病気が原因での死亡の補償は付いていません。
これは、基本的に病気の人が海外へは行くことはないという考えに基づいて補償をしているためです。
それに対して、保険会社の補償には病気が原因での死亡補償がついています。
つまり、クレジットカードの補償は、旅行をすることが前提となっているため、病気死亡の補償が付いていないのです。

☆キャッシュレス診療
保険会社の海外旅行保険では、治療費の支払いは保険会社が行いますので、現地での支払いについて立て替える必要はありません。
これをキャッシュレス診療といいます。
クレジットカードでは、キャッシュレス診療が可能なものもありますが、キャッシュレス診療ができないものもあります。
海外で病院にかかると、その治療費は日本とは違い、思いのほか高額になることがほとんどです。
そのため、立て替えて支払うことは困難な場合も多くなります。
クレジットカードの場合には、キャッシュレス診療に対応しているものを選ぶようにしましょう。

飛行機の遅延時の補償

保険会社の海外旅行保険には、航空機が遅延したときの補償が付いています。
条件はありますが、1回につき2万円の支払いが限度としているものが多くなります。
クレジットカードでは、こうした補償が付いているものもありますが、一般的に年会費がかかるクレジットカードのみについていることがほとんどです。
主な支払い対象となる費用は、宿泊施設の客室料・食事代・国政電話などの通信費用・交通費・目的地において提供を受けることを予定していたが、提供を受けることができなかった旅行サービスの取消料などです。
搭乗する飛行機が欠航になってしまった時などに、海外で宿泊をしなければならないなどの時には、補償があると安心です。

海外旅行の中身と種類

海外旅行保険の補償内容、補償適応範囲について把握しておくようにしましょう。
わかりづらい保険用語で記載されているので、覚えておいた方がいいでしょう。

【海外旅行の補償範囲と適応条件】

傷害死亡・後遺障害:ケガで死亡 or 後遺障害が残ってしまった場合
疾病死亡:病気中の病気が原因で死亡した場合 ※クレカには付帯せず
傷害治療費用:ケガで治療費が発生した場合
疾病治療費用:病気で治療費が発生した場合
賠償責任費用:第三者に対して賠償責任を追った場合(ケガ、破損)
救援者費用:捜索費や救助費が発生した場合 ※家族の現地への移動費も含む
携行品損害費用:持ち物が事故による損害を受けた場合(盗難、破損)
航空機遅延費用:飛行機が遅延・欠便した場合

航空寄託手荷物遅延費用:預けた手荷物の到着遅れた場合
海外トラブルで一番怖いといわれるのがケガや病気です。
これにかかわってくるのが「障害治療費用と持病治療費用と救護者費用です。
救援者費用は、救助費だけでなく、病院への移送費や、家族が現地へ移動する費用や、日本の病院への移送費も含みます。
保険金の支払額ベースで確認してみても、海外旅行保険全体で、約50%を占めるのも上記2つの補償となってます。
2番目に多いのが、約30%を占める「携行品損害費用」。
自分のミスで壊してしまった物も保険対象となるので、一番利用可能性が高い保険だと思います。
3番目に多いのが、約17%を占める「航空機遅延費用」や「手荷物遅延費用」。
一部ゴールドカードやプラチナカードで付帯する、搭乗遅延や手荷物遅延トラブルの保険。
補償金額こそ高くないですが、利用頻度は携行品損害保険に次いで高いです。
海外旅行保険で優先順位が高い3つとなるでしょう

おすすめの海外旅行保険

これまでお伝えしたように、海外で事故や病気で入院すると、日本では考えられないような額の治療費を請求されたりします。
そんな時に役に立つのが、海外旅行保険です。
これからご紹介するのはすべてインターネットで加入できる海外旅行保険になっています。
実は実際の店舗や直前の空港で加入するより、インターネットでの加入の方が同じ保証で安くなっているからです。

ジェイアイ損害火災保険(t@biho)

JTBとAIGの合弁会社として設立された会社で、「旅行保険のエキスパート」として、JTBグループの国内外の拠点で様々な事業領域を有するグループ会社です。
またJTBグループを中心とした保険代理店による万全な販売やサービスネットワークを展開しています。
ジェイアイ損害火災保険(t@biho)の一番の特徴は安さです。
他社の海外旅行保険とは異なり、唯一年齢によりリスク分散を行っているので、若い年齢の方は保健用が安くなる仕組みとなっています。
また、利用中の手続きや変更も全てスマホで可能なところもこの保険のすごいところです。
面倒な手続きも全て使い慣れているスマホからすることができるのです。
もちろん保障も充実していて、カスタマイズ(フリープラン、バラ掛け)が大変しやすいようになっているので、クレジットカードの保障に上乗せしたい方にも人気です。
子供の保障だけつけたい、とか子供の治療保障だけ多くしたい!などもできるので子供のみの加入にもおすすめです。

損保ジャパン日本興亜 新・海外旅行保険 off!

損保ジャパン日本興亜が提供している海外旅行保険です。
損保ジャパン日本興亜 「新・海外旅行保険 off!(オフ)」の1番の特徴は、加入に年齢制限がなく、保険料も変わらないことです。
多くの保険には年齢制限があり、70歳以上の高齢者が加入できない海外旅行保険はほとんどなので、70歳以上で持病のないかたはこの保険一択でしょう。
ファミリープランでは、家族で個人賠償補償や携行品保証をセットにすることで保険料を抑えることができます。
これはt@bihoにはないので、上回っている特徴と言えそうです。
ただ、t@bihoに比較的劣っているのは、アプリの使いやすさです。
他の損保ともまとめたものになっていて、いざという時に少し使いづらくなっているように感じます。

エイチ・エス損保 たびとも

エイチ・エス損保はエイチ・アイ・エスのグループ会社です。
カスタマイズができないのが残念ですが、クレジットカード用のプランもあるのでそれほどマイナスポイントでないかもしれません。
保険料もかなり安く、ハワイの例もそうですがt@bihoよりも安いことも多いです。
この保険の特徴としては、コンビニ払いができるとこも大きいです。
クレジットカードを持っていない高校生や、持ちたくない人にはありがたいですよね。
このあとご紹介するAIG損保もコンビニ払いが可能ですが、保険料が高めなので安くしたい方はこちらにたびともがおすすめです。
ファミリープランもあるので家族での旅行にも使えると思います!スマホアプリも使いやすくなっていますが、t@bihoでは変更まで全てアプリでできることを考えると少し負けてしまっているかもしれません。

AIG損保の海外旅行保険

AIG傘下の日本の保険会社で、保険業界で初めて全事業について事業継続に関する国際規格を取得している会社です。
この保険の最大の特徴は持病による入院や事故も保障してくれることです。
他の保険では、そもそも持病があるとほとんどの場合海外旅行保険に入ることができません。
t@bihoも持病があっても入ることはできますが、持病による入院は保障されません。
持病を持っている方はAIG損保で決まりになると思います。
また、AIG損保によると、提携医療機関が55万ヶ所あるそうです。
本当だとすれば、他の海外旅行保険を大きく引き離してダントツ一位の提携数になると思います。
提携する機関が多ければ大きほどキャッシュレスで対応してくれる場所が増えるので安心です。

条件別におすすめの海外旅行保険

海外旅行保険会社のサービスにそれほど差はありませんが、旅行期間や年齢・条件ごとに比較したときのおすすめできる海外旅行保険をご紹介します。

韓国や台湾などのアジア圏

台湾と韓国という比較的治安の良いアジアの国に行く際はt@bihoが一番格安で、便利です。
これらの近い国だと、短期間の旅行・出張の方も多いと思います。
短期間の加入の場合、手続きが楽ですぐに終わるものがいいですよね。
t@bihoであれば、他の海外旅行保険と比較しても、保険料が一番安かったり、アプリで簡単に手続きができるのでお勧めです。
実は海外旅行保険では、多くの場合ベトナムやシンガポール、カンボジアやフィリピンやインド、そして上海や香港をはじめとする中国といったその他のアジア圏に行く際は、台湾や韓国よりは少し割高になります。
(リゾート地で有名なモルディブもここに含まれます)その際はたびとももかなり安いので比較してみることをおすすめします。

持病を持っている方

持病(既往症)を持っている方が入ることのできる海外旅行保険は大変数少ないです。

そもそも加入できるのはジェイアイ傷害火災保険の「t@bihoたびほ」とAIG損保の海外旅行保険の2つしかありません。
しかもそのうち、持病による治療費も補償してくれるのはAIG損保だけです。
これは大変すごいことです。
AIG損保の高い保険料は持病の方の治療費を支えるためにあるのではないかとまで思ってしまいます。
ただし、70歳以上になると入ることができなくなってしまうのは注意が必要です。
70歳以上の方で持病を持っている方はt@bihoに加入しましょう。

70歳以上の方

あたりまえの話ですが、25歳の方と65歳の方であれば80歳の方の方が病気になりやすいし、事故にも遭いやすいです。
そのため、多くの海外旅行保険では70歳以上の高齢者の加入を制限しています。
もしくはt@bihoは、年齢により料金を変えています。
しかし、年齢によって料金が変わらないのに、年齢制限のない海外旅行保険が唯一あります。
それが損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険【off!(オフ)】です。
今後改定される恐れもありますが、金額に大きな開きがあります。
70歳以上の方は持病さえなけらばoff!に加入するのがおすすめです。

友達、学生の旅行の方

友達や学生の卒業旅行や、高校生の修学旅行で海外に行く場合は、ジェイアイ傷害火災保険のt@bihoがおすすめです。
何がいいかというと、t@bihoであれば一回で全員分の保険を申し込むことができるのです。
他の海外旅行保険だとファミリープランはありますが、友達同士で行く際のプランは用意されていないことが多いです。
そのため一人一人契約しなければならないのですが、t@bihoであれば一回で全員分の契約をすることができます。
旅行の幹事になりみんなの保険やチケットを用意することになったら、t@bihoの利用をおすすめします。

提携病院を調べましょう

グアム・ハワイやサイパン、タイやオーストラリアといった有名な旅行先ではない国に行く際は、提携病院数にも注目しましょう。
例えばアフリカに旅行に行く場合、t@bihoには提携病院がありませんが、off!にはあります。
しかし、カナダはt@bihoの方が提携病院数が豊富で、off!のほうが少なかったりします。
保険会社によって得意な地域も違うので、それほどメジャーな旅行先でない場合は行き先の提携病院を調べてみるとより良いでしょう。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト