お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

現金化でよく見るクレジットカードのリボ払いとは

そのときにほとんどが「一括で…」というのがほとんどだと思います。
それ以外では「分割」という方法になるのですが詳しくみていきたいと思います。

クレジットカードの支払い方法が多くて複雑

クレジットカードを利用して支払った金額は、カード会社が指定した支払日に、登録した金融機関から自動的に引き落とされます。
ほとんどのクレジットカードは「1回払い」が基本になり、今月に利用した分金額分を、翌月の支払い日にまとめて支払います。
一方で「高額な買い物をしたいけど、来月に全額引き落とされると生活費が心配」という場合は、3回や5回など、数か月に分けて支払うことで負担が軽減します。
分割で支払うことは、支払い金額を何回かに分けれ支払うものぐらいしかお分かりでない方は、この機会に分割払いの仕組みやリボ払いの仕組み、それにかかる手数料を学んでみてはいかがでしょうか。
確かに金利が発生する支払方法ではありますが、使い方次第では家計を助けてくれる支払方法になるはずでしょう。

分割払いについて

分割払いとは、ある商品を購入した際に「返済する回数(1回以上)」を選んで返済する方法になります。
分割払いの回数はカード会社によって違いますが、主に、3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回が利用できます。
楽天カードは「30回・36回」イオンカードは「30回・36回・42回・48回・60回」など、さらに支払い回数が多いクレジットカードもあります。
クレジットカードの支払い日は毎月1回なので、支払い回数が多くなれば、毎月の支払額は安くなる一方で支払い期間が長くなります。

手数料は支払い回数で変わる

分割払いは便利で無理なく支払いができる方法ではありますが、残念ながら分割払いには金利手数料が別途発生します。
金利手数料は1回目の支払いからかかり、その手数料はクレジットカードの利用金額と支払い回数、分割払手数料率(実質年率)によって変わります。
分割払いは言わば、クレジットカード会社からお金を借りて少しずつ返済していくようなもので、まだ支払いをしていない残金に対して金利がかかってしまうのは、仕方がないことです。
実際に毎月どれだけの金額を支払うのかについては、各カードの利用代金100円当たりの分割手数料を確認するとわかると思います。

例)9万円の商品を分割3回で返済

3回払いのときの金利の年率をみてみると「利用代金100円あたりの分割払手数料の額(円)」=2.01円という場合でみてみたいと思います。

そのため9万円の商品を分割3回で返済する際の月額の支払い額は…

9万円÷100円×2.01円=1,890円

(9万円+1,890円)÷3=30,630円

となります。

つまり、分割払いで9万円の商品を購入すると、利息部分として1,890円支払うことになります。

一括の場合は金利が掛からないクレジットカードが多く、分割数が増えれば増えるほど金利も上がっていきます。

分割払いの計算式

分割払い手数料=利用代金×(利用代金100円当たりの分割手数料÷100円)
支払総額=利用代金+分割払い手数料

分割払い手数料(実質年率)とは

これまでご紹介したように、クレジットカードの分割払いに記載されている「分割払い手数料(実質年率)」とは「1年間借りた場合の手数料率」なので、支払い回数が少なければ、当然て金利手数料も安く済みます。
カード会社によって手数料は違いますが、ざっくり言えば「3回払いは利用金額100円ごとに2円」「6回払いは利用金額100円ごとに4円」というように、支払い回数が増えると手数料も高くなります。
分割払い手数料率の相場は12~15%ぐらいですが、支払い回数で比較するとカードごとに大きな差がないことがわかると思います。
クレジットカード払いをすると、利用金額に応じてポイントが貯まりますが、一般的な高還元率のクレジットカードでも100円ごとに1ポイントぐらいです。
そう考えると分割払いを利用すると100円ごとに2円が失われていくので、利用しすぎには注意が必要です。
同じ利用金額・支払い回数でも、利用金額100円当たりの分割手数料が違えば、最終的に支払う金額はカード会社によって、数百円から数千円単位で変わってきます。
分割払いの支払い回数が多いと、手数料も高くなるのはどこのカード会社も同じなので、毎月の負担が大きくてもなるべく少ない支払い回数を選ぶことで、手数料を節約することができます。

2回払いは金利がかからない

分割払いをすると金利手数料がかかるという事と、支払い回数が多くなると支払わなければいけない手数料が増えてしまうことは、これまでご紹介した内容をご覧になった方はお分かりになったと思います。
一括払いは金利手数料がかかりませんが、実はもう一つ、分割払いでも金利手数料がかからない方法があります。
それは翌月と翌々月の2回に分けて支払う2回払い(ショッピング2回払い)にすることです。
ただし、夏と冬のボーナス時期に2回に分けて支払うボーナス2回払いになると、2回目の利用金額に対して手数料がかかる場合があります。
ボーナス2回払いが使えるクレジットカードは意外と少ないので、対象のカードを持っていない限りは、使う機会はないと思います。

リボ払いとは

リボ払いと聞いても、いまいちわからない方も多いと思います。
リボ払いの正式名称は、リボルビング払いといいます。
リボ払いは通常の分割払いと違います。
分割払いは「返済回数」を決めるのに対して、リボ払いは「1回ごとの返済金額」を決めるという点です。
たとえば、10万円の借り入れを行った場合、分割払いでは返済回数を5回というように決めます。
それに対しリボ払いの場合は一回ごとに返済する金額を1万円というように決定します。
これのどこが違うかというと、リボ払いの場合は最初10万円借り入れをして、そのあと追加でさらに10万円の借り入れを行ったとしても、返済する金額は最初に決定した1万円で固定です。
それに対して分割払いの場合は、返済金額の計算をし直しが発生します。
どれだけ借り入れを行おうが、基本的には月々の返済金額に変動ないのがリボ払いの特徴です。

リボ払いのメリット

リボ払いのメリットは「月々の返済額が決まっていること」です。
毎月決まった金額を支払うことになるので、家計への負担を抑えることができます。
また、お金に余裕があるときは「繰り上げ返済」を行うことができます。
毎月の支払いより少し多めに返済することで、返済が終わる期間を早めることができます。
余裕のある時とない時で、借金金額をコントロールできるのも、メリットであるといえます。

リボ払いのデメリット

まず1つ目のデメリットとして「金利が高い」という事です。
分割払いでもリボ払いでも、利息を上乗せして返済していくことになりますが、分割払いと比べるとリボ払いに適用される金利はかなり高くなっています。
そのため、返済が長引くと利息分だけでかなりの支払いになってしまう可能性がります。
もう一つは「返済期間が長くなる」ということです。
先ほど金利が高く返済が長引くと支払金額が増えるとお伝えしましたが、リボ払いというのはそもそもが、返済期間が長くなりやすい仕組みがあるのです。
リボ払いの種類があり、キャッシングで適用されることの多いものは「残高スライド方式」というものがありあす。
この方式では、借入残高に応じて返済金額が決まるようになっており、借入残高が減ってくるにつれて、月々の返済も減るようになっています。
リボ払いだと月々の返済が減るというと聞こえはいいのですが、借入残高の減少に伴い返済スピードが遅くなることになるので、結果として利息をかなり多く払うことになります。
リボ払いを使う場合はきちんと返済計画を立てて、完済までに支払うことになる金額を計算したうえで、借金残高が減ってきたら繰り上げ返済を利用して、返済スピードを遅らせることなく完済までもっていくことが重要です。

リボ払いを提案するカード会社

常に高額のクレジット枠を使用しているようなお客さんには電話会社から電話が掛かってくることがあります。

「リボ払いにしませんか?」と。

実際にはリボ払いは分割支払いよりも年利が高くなる傾向があります。
リボ払いを検討する人の中は「分割よりも楽になった!」と感じているのかもしれませんが、それは「支払い回数を(実質)増やしただけ」なのです。

毎月2万円までなら楽勝で返せる♪と思ってあと数回をリボ払いにしたものの、ついつい翌月にちょっとした高めのお買い物をしてしまうと永遠のごとくリボ払いが続いていきます。

実際に私の周りでもリボ払いが膨れ上がって数百万単位になっている人もいました。
結局親に泣きついて返済してもらったようですが、返してくれる親御さんがいて本当に良かったとおもうばかりです。

膨れ上がったリボ払いを一括払い

リボ払いは金利が高いにも関わらず、中々返済が終わらないので、なるべく早く返済してしまうようにしましょう。
ボーナスなどの一括で支払いたい場合は、カード会社のウェブマイページから変更するか、電話で支払いの旨を伝えると口座番号などを教えてもらうことができます。

手持ちが無い、という方でも分割払いに戻すなどの方法によって少しでも毎月の返済額をアップさせましょう。

決済後に支払方法を変更する方法

問題なく支払えるつもりで1回払いにしたけれど、実際に支払い日が近づいてきたら意外とお金が厳しいことがあるでしょう。
そんな時は支払い方法が変更できる「あとから分割・あとからリボ」というサービスを利用することができます。
このサービスは各加盟店側とは無関係にカード会社が提供するサービスなので、予定外の支払い方法の変更だけでなく、お店側の事情で分割払いができなかった場合にも使えます。
クレジットカードの支払いは待ってはくれません。
支払うことができずに延滞してしまえば、遅延損害金が発生するだけでなく、カード会社からの信用も失うことにつながります。
延滞の程度によっては、カードの一時利用停止などのペナルティが課せられると、利用に影響が出ることもあります。
だからといって無理にお金を都合してその月の支払いを乗り切ったとしても生活に影響が出たり、翌月以降の支払いができなくなってしまったりと困ってしまう状況になる可能性があります。
そんな時、支払い方法を変更できる「あとから分割」「あとからリボ」はとても頼りになるサービスです。
ぜひ使えるサービスは利用して、無理の内容にクレジットカードを使い続けるようにしましょう。

「あとから分割・あとからリボ」の仕組み

「あとから分割」「あとからリボ」は、どちらも一回払いや2回払い、ボーナス1回払いなどで支払いを決済分の支払い方法を、後日分割払いやリボ払いに変更できるサービスです。
分割払いの場合は、1件の利用分を5回や10回というように回数で割って1回ごとの支払額を決めるので、原則1件ごとの適用となります。
リボ払いの方は、支払い回数の制限を設けずに月々の支払額を一定にするという支払方法なので、1件ごとではなく、1か月分の利用金額全額にも適用できる仕組みになっているカード会社が大半です。

「あとから分割・あとからリボ」の方法

「あとから分割」「あとからリボ」などへの変更は、基本的にカード会員向けのWEBサービスもしくは電話のいずれかで行うことになっています。
カード会社によって、どちらの方法にも対応していたり、WEBのみの対応しか変更できなかったりしますので、カード会社のシステムの違いもあるのでよく確認しておきましょう。

「あとから分割・あとからリボ」の注意点

「あとから分割」「あとからリボ」といった支払方法を変更できるサービスはとても便利なのですが、決済という重要な部分に干渉するサービスである以上。
ある程度の制約があります。
そういった制約や条件を知らないと、あとから分割・あとからリボ」にするつもりでショッピングをしたのに支払方法の変更ができなかったという事になりかねません。
そこで「あとから分割」「あとからリボ」サービスを活用するために知ってほしい注意点をお伝えします。

分割払い→分割払い・リボ払いへの変更はできない

「あとから分割」「あとからリボ」は、あくまでも1回払い、2回払いやボーナス払いといった特定の支払い方法から変更を対象としているサービスです。
たとえば、10回の分割払いだった決済を、24回の分割払いに変更するといったように、分割払いの決済を支払い回数の異なる分割払いやリボ払いへの変更という事は原則としてできません。
ですので、決済時に最初から分割払いを指定する場合には、支払い回数の設定はくれぐれも慎重に決めるようにしましょう。
クレジットカードの中には、対応してくれる会社もありますので合わせて確認してはいかがでしょうか?

締め切りが過ぎたら変更はできません。

「あとから分割」「あとからリボ」のサービスを利用するにあたり、何よりも重要なのが支払い変更には必ず期限があるという事です。
変更期日までに「あとから分割」「あとからリボ」の申し込みを済ませなければ、サービスを適用することができず、当初の決済通りに1回払いなどで支払いをしなければならなくなります。
支払方法の変更期日はカード会社によって異なり、また引き落とし口座に指定している金融機関や支払日などによって細かく異なる場合があります。
また、営業日との兼ね合いによって月ごとでも変更期日が変わってくることもあります。
自分の条件と照らし合わせて、正しい変更期日をチェックしましょう。

手数料を理解しておく

1回払いから分割払いやリボ払いにするうえで忘れてはならないデメリットがあります。
それは、分割・リボの手数料が発生することです。
1回払いや2回払いでは手数料はかからないのですが、分割払いやリボ払いを進める場合には、利用額に対して相応の手数料が必要となります。
分割払い・リボ払いの手数料は、キャッシングなどの金利と同じように年利で設定されており、カード会社によって多少設定は異なりますが、絵数量不要という事はまずありえません。
「あとから分割」「あとからリボ」を利用するときは、手数料が加算されることを忘れないようにしましょう。

利用限度額範囲でも使えないことがある

利用限度額の制限によって「あとから分割」「あとからリボ」が利用できないという事もあります。
クレジットカードのショッピング利用枠は、「総利用可能枠」「割賦取引利用可能枠」に分けられます。
この割賦取引利用可能枠とは、割賦払いに該当する2回払い、分割払い、リボ払いなどを対象とした利用枠なのですが、法律上明確にその算定方法が定められているのです。
その場合、例えばもともと1回払いやボーナス払いだったものを「あとから分割」サービスを利用して支払方法を変更しようとしても、割賦取引利用可能枠をオーバーしてしまうために利用できないという事が起こりえます。
ただし2回払いから分割払いやリボ払いへの変更の場合は、いずれも割賦取引となるので、利用額のオーバーの心配はありません。

分割払いとリボ払いを使い分ける

これまでお読みいただければ分割払いとリボ払いの違いは理解していただけたかと思います。
ではどんな場合にどちらの支払い方法を選択するべきなのでしょうか?その使い分けについてもご紹介いたします。

分割払いを使う場合

分割払いを使うべきケースとしては、一時的にお金が必要になった場合です。
例えば冷蔵庫やテレビなどといった高額商品が壊れてしまったけど、手元にお金がないというときに役立つでしょう。
また人生において急に必要になる、結構式費用や出産費用などにも分割払いが有効です。
分割24回払いや36回払いなどを利用すれば2~3年にわたって無理なく高額な支出を払っていくことができるので、生活レベルを維持しつつ、少しづつ返済にお金を回していくことができます。

リボが頼と使う場合

リボ払いを使わないといけないケースは、生活費などのこれがないと生きていけないというお金に困ったときです。
例えば毎月、1万円だったらカードの返済に回せるという、この金額だったら返せるという金額がある場合は、コンビニでもスーパーマーケットでも、いつでもどこでもリボ払いを使うことで、返済の先送りをすることができるので、急場をしのぐことが可能です。
ただこの先も収入が増える予定がないようであれば、リボ払いは自己破産への道を歩み始めることにつながるので、あまりおすすめはしません。

楽な借金なんてない

クレジットカードは上手に使えば非常に便利なアイテムですが、借金へのハードルをグンと下げたものでもあります。
借金に楽はありません。
なるべく早く返済するように心がけることが大切でしょう。