お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

現金化業者のネット型と店舗型について検証してみた

クレジットカード現金化を行ってくれる現金化業者は、大きく分けるとネット上で営業をしているネット型業者と、店舗を構えて営業をしている店舗型業者の2つに分けることができます。
現金化を始めて利用される方はどちらの業者を利用すればいいのか戸惑ってしまうかもしれません。
では、店舗で営業している業者と無店舗でインターネットで営業をする業者にはどのような違いがあるのでしょうか?

クレジットカード現金化の利用者とは

これから始めてクレジットカード現金化を利用しようとしている人にとって、どのように現金化をすればいいかやどれぐらいの金額を手にすればいいかなど不安に駆られている方も多いと思います。
まず、現金はどれぐらいの金額が多いかということですが、平均の金額は5万円前後ぐらいが多いようです。
10分程度の簡単な申し込みをし、クレジットカードで買い物をするだけで5万円という大金をすぐに手にすることができるのですから、クレジットカードの現金化が多くの方から人気な理由も頷けます。
手続きの確認や実際に現金化サービスを体験するためにも、最初は少ない額から利用するのもいいかもしれません。
クレジットカードの現金化はカード支払いに様々な方法を選ぶことができるのも魅力の1つです。
クレジットカードの支払い方法にはご存知の通り「一括払い」や「分割払い」、「リボ払い」、「ボーナス払い」があります。
クレジットカード現金化を利用する方は「ボーナス払い」を支払い方法に選ぶ方が多いようです。
理由としては利用金額の支払いを遅らせることができることと、会社員でなくボーナスを実際に貰っていない人でも利用できる支払い方法といったことが考えられます。
ボーナス払いはリボ払いや分割払いと異なり、金利手数料がかからないこともメリットの1つです。

現在はネット型業者が主流

これまで店舗型形式が主流だったクレジットカード現金化業者ですが、現在ではネット型が人気の様子。
ネット型ならメールで24時間受付、土日祝も対応可能といった部分でメリットがあり、家にいながらパパッと手続きできる魅力があるようです。

インターネット型現金化業者のメリット

店舗型の現金化業者は都会の繁華街など、人が多く集まる場所にしか存在していません地方に住んでいる方だと、店舗がある都心部まで出向くのに数時間かかる方や交通費が数千円もかかってしまう方も多いでしょう。
そのため地方に住んでいる方にとってはクレジットカード現金化サービスは利用しづらい側面がありました。
ですがネット上で現金化を行ってくれる業者が登場したことで、日本全国どこにいてもクレジットカード現金化を利用することが可能です。
更に言えば、ネットさえあれば自宅からでもクレジットカード現金化の申し込みをすることができます。
また店舗型業者は実際に店舗を借りて運営をしています。
そのためお店の家賃、土地代や光熱費など固定経費を多く払う必要があります。
しかしネット型の現金化業者は店舗を構えていないため、そのような経費を払う必要がありません。
したがって、利用者から多くお金を取らなくてもいいのでその分、ネット型業者は換金率が高くなっています。
店舗型業者とネット型業者の換金率を比較すると、約5%から10%も換金率に差が出ます。
多くの金額を手にすることができるということは、クレジットカード現金化サービスを利用する側からするとやはり1番の魅力でしょう。
また職業柄、消費者金融を利用できない方や、家族や知人にお金に困っていることがばれたくない方にもおすすめです。

インターネット型現金化業者のデメリット

ネット型業者のデメリットとは、悪徳業者が少なからず存在するということです。
ネット型業者の場合ですと、業者の人間は顔を出して営業をする必要がありません。
そのため店舗型業者に比べて、透明性は低いと言えます。
悪徳業者と言われる現金化業者は主にネット型業者に多く存在しています。
理由として匿名性が高いこと、所在地を明かさなくてもいいということが考えられます。
最近は警察の捜査が入り、悪質な業者の数は減っているとはいえ油断は禁物です。
特に高い換金率だけを見て現金化業者を選ぶのは絶対にやめましょう。

ネットの業者は怖い?

これまでインターネットを利用したサービスの中には、クレジットカード現金化業者だけでなくさまざまな面で安全性が危惧されていました。
しかし現在ではSSLの暗号化などのセキュリティがしっかりしているので、個人情報が漏洩してしまう可能性もかなり低くなっています。
また対応が悪いとあっという間にネット上の口コミなどで広まってしまいますので、ネット業者も電話対応口に教育の施されたスタッフを置くように努力しているようです。

インターネット型現金業者の注意点

これまでお伝えしている悪徳業者の存在ですが、インターネット広告だけでは判断がつきづらいことが現状です。
でも見分け方はいくつかありますのでいくつかご紹介いたします。

口コミの評価を調べる

クレジットカード現金化の業者を選ぶときは、その業者の口コミをよく調べてから決めましょう。
最初はランキング形式の評価サイトで確認し、業者名で検索をして口コミの確認をしてみてください。
匿名掲示板などに書かれていることも参考になります。
口コミは自作自演の場合があるので、複数のサイトで確認する必要があります。

ホームページの作り方

口コミである程度評価されている業者であれば、必ずホームページがあるはずです。
そのホームページを作りやデザインを見比べることも悪徳業者を見抜くためのポイントになります。
インターネット型の現金業者は、いろんな人を集客するためにきちんとしたホームページを作っていますので、いろんなサイトを見比べるのもポイントの一つです。
またパソコン・スマホ・各ブラウザに対応したページを用意しているかもチェックしてください。
それぞれのページを用意するのにはそれなりの手間がかかりますが、その分しっかりと顧客を獲得していこうという意志の表れでもあります。

電話応対の対応

口コミとホームページのチェックが終わったら電話してみましょう。
メールフォームを用意しているところもありますが、悪徳業者ならそこから個人情報を抜き取られる恐れがあるので、使わないようにしましょう。
またその電話番号が携帯番号のところはやめておきましょう。
しっかりと運営しているのであれば、必ず固定電話は引いています。
また固定電話にかけても、その電話が転送されて携帯電話にかかるようなパターンも注意しましょう。
実際に電話がつながったとき、電話の受け口で「もしもし」「はい」など業者名を名乗らない場合は危険です。
名乗れない理由があるか従業員の教育もできないような業者なので、その時点でやめておいた方がいいでしょう。

店舗型の魅力は?

店舗型業者の魅力はなんといっても対面式でやりとりできるところですよね。
実際のスタッフと話している方が説明もわかりやすく感じるところが魅力です。

ただ店舗型のデメリットは「営業時間が24時間ではない」「近くに無かったら時間も交通費も掛かる」といったところでしょうか。

平日に仕事が忙しい人や近所に業者が無いという方にとっては店舗型を利用するのは少し難しいと感じる部分でもあります。

店舗型現金化業者のメリット

誰でもインターネットが得意ではありません。
インターネット環境がない方や、パソコン・スマホの操作が苦手という人もいるでしょう。
そのような方にとってインターネットで手続きをする無店舗の現金化業者はとても使いづらいものです。
そんな方に適しているのが店舗にて換金ができるクレジットカード現金化です。
インターネットのやり取りはどこからでもできるので使い勝手がいい反面、どんな相手と取引しているのかわからない匿名性があります。
一方、店頭買取では業者の直接の取引となるため相手の表情や身なりもわかるので安心感があります。
また店舗型の現金化業者で行うのは商品買取方式です。
これは利用者がクレジットカードで商品を購入したものを現金化業者に売却することで換金をする方法のことです。
この現金化の場合、実際に店舗に足を運んで商品と引き換えに現金を渡されます。
そのためクレジットカード現金化で詐欺の手口である「入金されない」ことや「入金額が事前の相談とは違う」という心配がなくなります。
また店舗型業者を利用すれば、その場で現金化の手続きが行われます。
つまり、クレジットカード現金化で必要な商品の受け渡しはその場で行われます。
したがって、店舗型業者ならば本来は商品の受け渡しに発生する送料が不要となります。
また換金までの時間が早いこともメリットの一つです。
通常ですと商品の発送・荷受には数日かかりますが、店舗型業者ならば時間をかけることなくお金を手にすることができます。
これは一刻も早くお金が欲しいときには非常に嬉しいメリットです。

店舗型現金化業者のデメリット

店舗型現金化業者は、店舗を持って運営を行う以上に、固定経費が余分にかかります。
土地代や光熱費、それに税金や人件費多くかかります。
現金化業者は利用者から得る手数料を利潤として運営しています。
固定経費が多くかかるということはその分、手数料も多く取る必要があるのです。
引いてはクレジットカード現金化の換金率が低くなってしまうことに繋がってしまうのです。
クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社の規約上は禁止されています。
それでも店舗型の現金化業者は店舗を持ち、所在地を明らかにして営業を行っています。
そのためカード会社からすると、現金化を行っている人を見つけやすいという側面があります。
店舗型業者はクレジットカード現金化の方法に「商品買取方式」を採用しています。
商品買取方式では、現金化業者が販売する商品を利用者が購入し、再度現金化業者に売却します。
この時、商品を売却した分のお金がクレジットカード現金化で得られるお金ということになります。
クレジットカードで購入したものはカード代金の支払いをするまでは、カード会社に所有権があると決められています。
カード会社に所有権がある商品を許可なく売却してしまうと、「横領罪」になってしまうのです。
また当然のことですが、店舗型業者を利用するには実際に店舗に行かないといけません。
近くに店舗がなければ、わざわざ遠出をして店舗まで行くのは時間と手間が無駄です。

店舗型でも悪徳業者は存在する

店舗型は、その場で現金が受け取れることから、銀行振込を利用する非店舗型と比べ、入金がなされないといった露骨な犯罪が起こりにくく、また業者の営業場所がわかることから、業者が姿をくらます、といった手口が使いにくいことが信頼感につながっています。
しかし、店舗型だからといって油断は禁物です。
店舗型現金化業者を騙って、悪徳業者が入り込んでいるとの情報も存在しています。
そして、悪徳業者に引っかかった場合、むしろ店舗型であることによって、非店舗型にはないトラブルを引き起こす危険性もあります。
たとえば、還元率などがホームページや広告による説明と異なり、他の事業者と比べ著しく悪い条件での手続きを行うことを迫られる場合があります。
その場合、電話であればすぐに切ることも可能でしょうが、店舗型では話し合いの席を立って退店する必要があります。
店から出にくい状況をつくられている場合、むしろ、来店することで断りにくくなるということになりかねません。
また、現金化の際に提供した個人情報を利用され、利用後に悪質な闇金融からのコンタクトがあったという情報もあります。
このような不法行為は、情報流出がどこから行われたのかが表面化しにくいため、泣き寝入りになってしまうことが多いのが辛いところです。

サービスの質的には同じ

店舗型もネット型も、正直サービス内容は同じような気がします。
店舗型だから換金率が低い、ということも無くネット型でも換金率が低いところはあります。
そのため換金率や振込スピードに関しては「業者による」というのが今の現状のような気がします。

家から業者が遠いならネット型がおすすめ!

ただ昔ならわざわざ店舗まで赴く方法しかなかったのですが、現在ではネットが発達しているので繁華街のような場所から遠いところにお住まいの方でも便利になりました。
ネットでも店舗でもさほど変わりはないですが、自分にとって便利なほうをチョイスしたいですね!!