お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

現金派必見!クレジット決済派に転換にして良かった点をまとめました!

節約情報

今どんどんキャッシュレス化が進んでいますが、やっぱり自分は現金派という方も多いのではないでしょうか。
かくいう私も実は割と強固な現金派だったんです。
そっちの方がお金を使い過ぎないからという理由でした。

しかし使い過ぎないように利用すればクレジットカード利用の方がおトクな部分が多いです。
それでは詳しくみていきましょう。

現金払いがおトクでない理由

現金払いは実際のところ損はしていないと思います。 ただクレジットカードやICカードなどでの決済が優遇されていて、そういったキャッシュレス決済が「おトク」に感じる部分が多いのです。
それでは現金払いのおトクでない部分をみていきたいと思います。

①ATM手数料

ATM手数料、意外と掛かってきます。
節約しようとしている人ほど、一度に卸す現金を少なく抑えようとするため、その分卸す際のATM手数料が掛かってきます。

毎回銀行ATMで卸しているのならば損は無いですが、毎回216円かけてお金を卸しているならばキャッシュレス化を検討しましょう!

②代行手数料・銀行振込手数料

ネット通販をよく利用する場合、現金支払いをする場合に代行手数料が掛かることがあります。
こちらもお得なはずのネット商品の単価を上げることになり、決済方法が代行というだけで割高になってしまいます。

また銀行振込手数料もATMに行く手間に加え、手数料が必要となってくるため、割高になってしまいます。

③ポイントが貯まらない

現金払いでもお店のポイントカードなどは貯まりますが、クレジット決済なら別にまたポイントがダブルで貯まります。
やっぱりそれがマイルだったりdポイントだったりすると思うのですが、そうした積み重ねでおトクにポイント払い出来る部分があるのです。

私がクレジット決済に変更して良かった点

私はほとんどATMでお金を卸すことは無くなったのですが、使い過ぎないようひとつだけポイントを守ってキャッシュレス化をしています。
忙しくても決済に関してかなり便利になったので良かったなというのが感想です。

ネット通販がバンバン使える

やはり忙しいと買い物に行くヒマもなかなか無いです。
そんなときに便利なのがネット通販。
今では「洗濯用洗剤が無い!!!」というときでもスマホからタップ一つで翌日には届けてくれるので大変助かっています。

現金派のときは代行手数料がネックで泣きそうになりながら車を走らせていました…今では前よりも余裕のある生活が出来て嬉しいです。

マイルが貯まる

地方民の管理人ですが、たまに猛烈に地元に帰りたいときがあります。
そんなときにお金に悩まずに帰ろうー♪と思えるのがマイル。
管理人の場合は1年に1回往復で帰られる程度のペースで貯まっているので、ちょうどいい感じにマイルの消化もできているかなと思います!

お金がジャラジャラしない

やはりお金がジャラジャラしないのはありがたいです。
大荷物なときも多いので、そのときに「クレジットで!」とカードを差し出せばスーパーやコンビニなどだったらサインレス決済も可能。
近場だったらカード1枚だけ持っていくこともあるので、いつかブランド物の小さなバッグだけで外出するのが夢です♡

信用が増す

クレジットカードは使用すれば使用するだけ、その人の信用が増します。
この信用は、信用情報機関にデータとして残るため、もし、新たに別のクレジットカードを取得しようとしたときに、カードの取得が容易になります。

一度もクレジットカードを作ったことのない人だと、その分信用が無い、というよりわからないため、カードの発行ができないようなこともあります。
できるだけ早い段階からクレジットカードを使いこなすことで、その人がカードをしっかり使える人かどうか、そうした信用度が増すわけです。

結果として、将来的にゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードの取得が楽になったりします。

金利がかからない

通常、借金をすれば、金利がかかります。
ですが、クレジットカードで一括払いを行えば、金利がかからずに使用できます。
支払いは使用してすぐではなく、後日になりますので、その時点でお金がなくても利用可能です。

ただ、本当にお金がない時に使っていくと、結局支払えなくなり、問題となりますので、手元にあるお金の分だけ利用するようにしましょう。

さまざまな保険制度がある

クレジットカードによってまちまちですが、さまざまな保険制度があります。
年会費が高い方が、保険の種類も多くあります。

これは、単にクレジットカードを保有しているだけで受けられる保険であったり、支払いをクレジットカードで行った際に、その支払いを行ったサービスに対して保険が受けられるなど、まちまちです。

主なものに、旅行に関する保険、ショッピングに関する保険などです。
知っていると知らないのとでは安心にも大きく違いが出ますので、面倒でも一度利用に関するパンフレットを読み、どういった保険があるのか把握しておきましょう。

利用額を管理しやすい

多くのクレジットカード会社では、インターネット上で利用額を確認できるサービスを行っています。
このインターネット上で利用の実態が分かるため、資金管理がしやすいと言えます。

このほか、住所等の変更やポイントアップキャンペーンの参加、限度額変更などもインターネット上で手続きが可能な会社もあります。

公共料金などの支払い

多くの公共料金、その他毎月の支払は、クレジットカードで支払うことができるようになっています。
一度支払いに関する登録を済ませると、後は毎月自動的に公共料金等の支払いが行われます。
わざわざコンビニや銀行などに支払いに行かなくてもよいというメリットがあります。
もっとも、この手のサービスはクレジットカードに限らず、銀行振替などでも対応ができます。
銀行の自動振り替えで対応した時と、クレジットカードで支払った時とで、ポイントサービスや割引額が異なったりしますので、どちらがお得かを把握の上、選択しましょう。

ステータス感がある

クレジットカードの中にはゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどと、ランクの高いカードがあります。
そうしたカードは、おおむね世間的に評価される対象となっています。

このため、これらのカードを使用していると、ステータス(社会的価値)が高いように思われることもありますし、自らがそう思うこともあります。
このステータス感を求めて上位のクレジットカードを持つというのも、メリットの一つと言えるでしょう。

もっとも、上位のカードは年会費が高いなどのデメリットもありますので、考慮して上位カードの取得をしましょう。

使いすぎ無いポイントはデビットとクレジットを使い分ける

管理人はマイルを貯めているので、換金率のことを考えるとクレジットカードと一本化したほうがいいのはわかっているんです。
しかしやっぱりクレジットカード1本で家計をやりくりするのは、全体的な管理が難しいと判断しました!

そのためデビットカードと併用してマイルを貯めています♪

固定費 ⇒ クレジットカード
普段使い ⇒ デビットカード

デビットカードだと口座に入っているお金の分しか入っていないので、使い過ぎてしまう心配も不要なので安心です。
毎月の使う額だけを入れておいて、食費や日用品に使っているという感じです♪

クレジットカード支払いの方法

クレジットカードには1回払い以外にもリボ払いや分割払い、2回払いやボーナス払いなどの支払い方法があり、それぞれ特徴や金利手数料が異なります。
普段から1回払いしか利用していないという方も、この機会に新しい支払い方法を覚えておくといいでしょう。

1回払い

一番多くの方が利用している支払い方法が1回払いです。
金利手数料がかからない理由から利用している方が多いと思います。
しかし最近では若干減少傾向にあり、クレジットカードで行われる支払いのおよそ9割の人が1回払いといわれています。

1回払いの仕組みは非常に簡単で、クレジットカードで支払いをした金額を翌月すぐに支払いしてしまいます。
返済を先延ばしせず、1回ですべてを払ってしまうのが1回払いです。

2回払い

あまり認知度のない支払い方法ですが、クレジットカードの2回払いは金利手数料がかからない支払い方法として使える払い方です。
2回払いはショッピングで決済したモノやサービスの代金を2回に分けて支払う方法です。
10万円の商品を購入した場合、翌月に5万円、翌々月に5万円を支払いをするといったイメージです。

特に高額なものを購入する際にこの2回払いはすごく有効です。
財布の中のお金がちょっと乏しいけども、金利手数料なんて払いたくないという方におすすめです。

利用するためにはお店やインターネット通販での購入時に、2回払いと伝えるかを選択する必要があります。
ネット通販など、2回払いを受け付けてくれないところもあるので、事前の確認が必要です。

分割払い

一般的に3回以上に分けて支払いをする方法を分割払いといいます。
2回払いに比べて細かく回数指定できるので、より高額な商品やサービスを購入する際の負担軽減に適しています。

この分割払いでは例外なく金利手数料が発生してしまうため、3万円の商品を3回払いで購入すれば、金利手数料がかかるので3万円以上になります。
支払回数はクレジットカード会社によって異なりますが、3回~36回払いの分割回数を用意されています。

分割回数の多いクレジットカード会社では36回まで指定できたりと、自由度が高いため自分のお財布事情にあわせて払うことができます。

リボ払い

リボ払いは購入した商品を分割で支払うのではなく、毎月支払う金額を決めて支払う方法です。
毎月の支払金額を自分で設定し、設定金額を超えた利用分は翌月に繰り越して支払いできるので、急な出費がある月などには重宝します。

例えば毎月の返済額を5,000円に設定してリボ払いを行うと、1万円の買い物をしても3万円の買い物をしても、毎月の返済額を5,000円のみにすることができます。
ただし注意しなければいけないのが「仕組みを理解しないまま使ってしまう」ことや「返済額を小さめに設定」してしまうことです。

返済が終わっていない金額については毎月毎月金利手数料がかかってしまうので、倫理ばかりを払ってなかなか返済が終わらないことになりかねません。
そのため、リボ払いはお金に困っているとき以外は極力使わないようにし、使うにしてもできる限り毎月の返済金額を多めに設定して、すぐに完済できるように心がけることが重要です。

ボーナス払い

ほとんどの企業での夏のボーナスは6~7月、冬のボーナスは12~1月に支給されることがほとんどです。
ボーナス払いはその名の通り、購入したモノやサービスの支払いをボーナスの時期(夏と冬)まで待ってもらえる支払い方法です。

このぼーなる払いのうれしいところが金利手数料が発生しないという事です。
最大半年以上も支払いを先延ばしできるにもかかわらず、その間金利手数料は1円もかからないので、かなりカード保有者にとってお得な支払い方法です。
クレジットカード会社によってどの月がボーナス払いの支払い月になるか異なるので利用したい方は確認しておきましょう。

またお店にしてみればそれだけお金の回収が遅くなる支払い方法なので、客単価が低い小売店や飲食店ではボーナス払いを受け付けてくれないところが多いので注意しておきましょう。

フレックス払い

フレックス払いとはある時払い、余裕払いなどはお金に余裕があるときに大目に払える支払い方法です。
ですが、これらの支払い方法の原則はリボ払いと全く同じです。

リボ払いという言葉にマイナスな印象を持つ方が多いためにこう言った言葉で置き換えているのだと思われますが、リボ払いと何ら違わないのでご注意ください。
毎月の支払額が少なく済むだけで、金利手数料の負担が雪だるま式に増えていく傾向にあります。

番外編 繰り上げ返済

上記に紹介した、分割払い、リボ払い、フレックス払いを利用して商品を購入したけど、お金に余裕ができたり、よく考えてみると金利手数料はもったいないと思われたら、クレジットカードには繰り上げ返済という方法があります。
繰り上げ返済とは、支払い日よりも前倒しして利用代金の一部、もしくは全額を前倒して支払う方法です。

元本を減らすことで「金利手数料を減らせる」「利用限度額の枠を回復できる」といったメリットがあります。
無理なく返せる余裕があれば積極的に使っていきましょう。

2回払いやボーナス払いを活用しましょう

とにかく金利を払いたくない方は1回払い、2回払い、ボーナス払いを利用するようにしてください。
逆を言うと生活によほど困らない限りは3回払い以上の分割払いやリボ払い初遭わない方がいいでしょう。

その他の疑問

支払い方法によってインビテーションへの影響はある?

現在利用しているクレジットカードのグレードアップや、今後ゴールドカードやプラチナカードに切り替えたいと考えている方にとって、リボ払いや分割払いがインビテーションや審査に影響するのかは気になるところですよね。
これについては、クレジットカード会社によって条件が異なる可能性があるため一概には言えませんが、影響があると考えられます。

なぜなら、リボ払いや分割払いを頻繁に利用する方は収入やお金に余裕が無いと判断され、より高額決済が可能なカードを発行しても本当に支払いできる能力があるのか疑われてしまうためです。

支払い方法により信用情報に影響はある?

分割払いやリボ払いが、住宅ローンや車のローンに影響したり、ほかのクレジットカードの審査に不利にならないか気になる方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、分割払いやリボ払いの利用残高が残っているとローンの審査に影響します。
逆に、過去にリボ払いや分割払いを利用したことがあるけど、全額返済しているといったケースでは影響はありません。

また、支払い方法に関係なく、支払い遅れを繰り返したり、延滞期間が長いと個人信用情報機関に情報が登録されてローンに致命的な影響を及ぼす可能性があります。

クレジットカードの支払い遅れや滞納をするとどうなる?

クレジットカードの支払いが遅れたり、延滞・滞納をするとどうなるのでしょうか?信用情報にキズがついてローンが組めなくなったり、今のカードが利用停止で使えなくなること以外にも影響があります。

クレジットカードの支払い遅れは、段階的に呼び方が変わっていきます。
この呼び方によって同じ支払い遅れでも、意味や対処方法が違うため注意が必要です。

遅延は支払日から60日以内の遅れで短期間の延滞です。
延滞や滞納はは支払日から61日以上か3か月以上の遅れで、長期の支払い遅れという事になります。

遅延損害金が発生する

まず支払いが遅れるだけで遅延損害金がかかります。
遅延損害金とは、クレジットカードの支払いが遅れることによる罰金のようなもので、支払い金額に対しての利息が乗っかってきます。
金利は最大で14.6%、キャッシングの場合は18%の1.46倍までかかり、遅延日数によって遅延損害金の額が変化します。

支払いが遅れてから遅延損害金が発生するタイミングや、遅延損害金の金利はクレジットカード会社によって異なります。

クレジットカードの利用停止

クレジットカード会社によって異なりますが、遅れた分の支払いが確認されるまでクレジットカードの利用が止められてしまうケースがあります。

大抵の場合、初めての支払い遅れで利用停止になることは少なく、繰り返し支払いが遅れているホルダーに対して行われる措置です。
初めての支払い遅れでも、遅延日数が長いと利用停止になることは十分にあります。

クレジットカード会社からの信用低下

支払いが遅れることでクレジットカード会社からの信用が落ちてしまい、一括払い以外の支払い方法が制限されたり、利用限度額の増枠ができなくなったりと、今後のカード利用が不便になることもあります。

リボや分割払い、キャッシングの利用制限が一時的にされることもあり、利用再開まで数カ月かかることもあります。
さらに悪い場合、ショッピングやキャッシングの利用限度額の減額がされることもあります。
これは、いわゆる社内ブラックと呼ばれるもので、遅延・延滞・滞納の記録が消えることがないため、注意が必要です。

1回目の遅れでここまでされるカード会社は少ないですが、このリスクは念頭に置いておくべきでしょう。

長期の延滞・滞納で信用情報に影響がでる

クレジットカードの支払い延滞・延滞でもっとも大きい影響は、個人信用情報にキズが付くこと(いわゆるブラックリスト入り)です。
冒頭で解説している遅延・延滞・滞納のうち、延滞・延滞に当てはまる期間支払いを放置していると、事故情報として登録されます。

長期間の延滞は事故情報として記載され、向こう5年は消えることがありません。
情報が記載されている間の5年間は、住宅ローン・自動車ローン・クレジットカード・携帯電話の分割払いといった金融商品の、審査に通らず利用ができなくなるため、人生に大きな影響を与えてしまいます。

繰り返しや長期滞納で強制解約もある

たった数日の支払い遅れだとしても、何度も繰り返し遅延していると、突然強制解約になることがあります。
また、滞納したまま督促や電話を無視し続けても、強制解約となります。
一度強制解約になると、今後同じクレジットカードは再契約できないため、気をつけましょう。

長期間滞納を放置すると裁判に

クレジットカードの支払いを延滞・滞納すると、督促の手紙やメール・電話が来たり、会社によっては自宅への訪問が行われることもあります。
これをひたすら無視し続けると、最終的に裁判所から支払い督促が届きます。
ここでも支払いをせずに放置すると、給与や財産の差し押さえになります。

クレジットカードの支払い延滞した場合の対処

クレジットカードの支払いを延滞すると、これからの生活に影響が出てくることをご理解いただいていると思います。
しかし「支払日を忘れていた」や「支払日に間に合わない」などの理由から、支払い日までに銀行口座への入金ができずに、結果クレジットカード利用代金の支払いを延滞してしまうことがあります。
そこでこれからお伝えする対処方法を確認していただき、すぐに行動するように心がけるようにしてください。

クレジットカード会社に連絡する

クレジットカード利用代金の支払いを延滞した場合には、すぐにクレジットカード会社に連絡してください。
それも、支払いを延滞した翌日までには必ず行って下さい。

というのも、クレジットカード会社では、支払いが遅れた顧客に対しては当然ですが不信感を持ちます。
ただ、延滞後すぐに顧客側から何かしらの連絡が来るという事は、顧客に支払いの意思があり、いつまでに支払いを行ってくれるのか?を確認する事が出来るため、顧客に対しての印象が変わってきます。

つまり、自分から行動を起こす事によって、クレジットカード会社に対してのイメージを良くする必要があるのです。

クレジットカード会社によっては再引き落としがある

この再引落しとは、クレジットカード会社が毎月指定している支払日に引落しが出来なかった場合において、後日1日または数日間同じ口座から再引落しをかけるシステムとなっており、一部のクレジットカード会社ではこの再引落しを行っています。

そのため、クレジットカード利用代金の支払いを延滞した場合には、まずは迅速にクレジットカード会社に連絡を入れて、再引き落としの有無の確認を行ってください。

遅延金が発生しないケース

基本的に、支払いを延滞するという事は、その延滞日数によって延滞金が発生するため、延滞後に支払いを行う場合には、本来の支払い金額+延滞金の支払いとなります。

ただ、支払日に延滞したからと言っても、必ず延滞金が発生するとは限らず、一部のクレジットカード会社では延滞金が発生しないケースもあります。(延滞後支払うまでの期間にもよります)

そのため、支払いを延滞した場合には、必ずクレジットカード会社へ連絡を行い、支払い金額の確認を行って下さい。

自分に合った方法で使い過ぎない節約方法を!

クレジットカード情報となると、お得な情報ばかりが掲載されていますが、実際にクレジットカードを使い始めたら使い過ぎてしまった!という方も多いでしょう。
そのためある程度情報を精査し、自分に合った方法を見つけて使っていくことが良いのかもしれません。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト