お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

生命保険の契約者貸付制度はご存知ですか?

お金が無い…!そんなときに知っておいて欲しいのが生命保険の契約者貸付制度。
知っている人は知っているそのサービスですが、お金を借りる方法の一つなので知っておいて損は無いでしょう!

生命保険の契約者貸付制度

あなたは生命保険を契約していますか?
生命保険を契約していると毎月の保険料を支払うと思いますが、その支払った保険料の額によって、そこからお金を借りられる場合があります。
それは保険の商品によって全く異なるので、約款を確認するか契約されている生命保険のサポートデスクに電話をしてみるのが早いです。

こちらではざっくりどんな制度かのご紹介をしたいと思います!

保険には大きく2つある

保険には大きく2つあります。
ひとつが「資産になる保険」ともうひとつが「掛け捨ての保険」です。

資産になる保険
保険料…高い、月々約1万円~
満期…満期が終了すれば保険の保証内容が終了し、契約時に決めた満期金を受け取る

掛け捨ての保険
保険料…安い、月々数百円~
満期…満期が終了すれば保険の保証内容が終了する

契約者貸付制度が使える保険というのは解約返戻金があるものになります。
また、解約返戻金があっても契約者貸付制度を行っていないサービスのものもあるため、自分の加入している商品が契約者貸付可能かどうかは確認してみる必要があります。
それでは詳しくみていきましょう。

資産型の保険

  • 養老保険
  • 終身保険
  • 個人年金保険
  • 解約返戻金ありの医療保険
養老保険

貯蓄にもなる保険の代表格、養老保険です。
養老保険は満期になるまで保険料を支払い、満期まで保証が続き、満期とともに契約時に締結した金額の保険金を受け取ります。
お子様の教育費などに用いられる学資保険も養老保険の一部になります。 養老保険は貯蓄を兼ねた保険なので、契約者貸付制度が利用できることが多いです。
解約返戻金のおよそ80%以内の中で貸付可能なことが多いです。

終身保険

終身保険は60歳などある一定の年齢になるまで保険料を支払い、その後は亡くなるまで保証が続きます。
死亡時に保険金が支払われますが、解約返戻金が設定されていることが多いため、こちらの保険も契約者貸付制度が使用できるものもあります。

個人年金保険

個人年金保険は養老保険や終身保険とは異なり、万が一の際の保障が無く、ある一定の年齢になるとこれまでの積み立てた額が分割で支払われます。
感覚的には、受給開始までは支払った金額を貯蓄していくイメージなので、受給開始前に解約してまとまった金額を受け取る人もいるようです。

こちらも契約者貸付制度が利用できます。

解約返戻金ありの医療保険

上記の3つのタイプの保険は、貯蓄性に加えて特約として医療保険の保証を付けることもできます。
しかし貯蓄性は必要ない、という方が加入するのが医療保険単体の生命保険になります。

医療保険単体のものはいわゆる掛け捨てタイプの保険で、月々の保険料が安いのが特徴です。
しかしその中でも解約返戻金があるものとそうでないものがあります。

解約返戻金あるタイプの場合、契約者貸付制度が利用できるものもあるため、利用したい場合は問い合わせてみましょう。

契約者貸付制度を利用する方法

加入している生命保険で契約者貸付制度が利用できる場合、申込の方法は以下になります。

  • 生命保険の外交員や窓口で直接申し込みをする
  • サポートデスクに電話で依頼
  • インターネットから申し込み
  • ATMで引き出す

加入している生命保険の会社によって手続きが異なるため、まずはサポートデスクに電話をして確認してみましょう。

契約者貸付制度を利用するメリット

比較的低金利でお金を借りられる

生命保険の契約者貸付制度は利息が2%~8%の間であるのに対し、キャッシングやカードローンの利子は4%~13%と高額になります。
低金利で借りられるに越したことは無いため、可能であれば低金利なところでお金を借りたいですね。

保険を解約しなくても良い

これまで積み立てたせっかくの保険、解約したくない!と思う方も多いですよね。
10年以内に解約してしまうと、解約返礼率が100%に満たないことがほとんどです。
また加入時には病気が無かったけれども、今は加入できないかもしれないという人にとっても便利なシステムです。
期限以内に返済すれば加入時の保証を維持できるため、保証内容を維持したい人にとってもメリットです。

返済期限が急ぎではない

カードローンやキャッシングの場合、期限内に返済できないとキツいペナルティを受けてしまいます。 しかし生命保険の契約者貸付制度の場合は特に催促があるわけでもない保険もあり、返済しないまま期限が過ぎると保証額の減額か最終的には保険解約で対応になります。

契約者貸付制度を利用した場合の注意点

この制度を利用した場合の注意点です。

  1. 利子が付きます
  2. 返済しない場合満期金や保証額が減額になる場合がある
  3. 返済しなかった場合内容によっては解約になることも

持病があるなどの方は保険に加入できないリスクもアップしますので、なるべく加入した保険の保障内容を維持したまま、契約者貸付制度を利用出来たら良いですね。

はじめから保険でお金を引き出したい方におすすめの保険

はじめから貯蓄口座のように生命保険の払い込み料を引き出したい方は、アカウント型の生命保険に加入すると便利です。
アカウント型は他の保険と少し異なる保険なので、細かい部分でルールが異なりますが、引き出す分に利息は掛かってこないことがほとんどです。

大手生命保険会社の貸付制度を詳しく見ていこう

第一生命

第一生命で生命保険に加入しているという方も多いのではないでしょうか。
生命保険で養老保険などの払い込み金額が満期になると戻ってくるタイプの場合、満期を待たずに貸付制度を利用できますが、具体的にはいくつかの方法で生命保険を解約することなくお金を借りることができます。
また借りた分を返金しなくても良いというのはかなり大きいですよね。
具体的な方法ですが、まずは「第一生命カード」もしくは「第一生命サービスパスポート」を発行しましょう。

第一生命カード・第一生命サービスパスポートを発行するには、コールセンターへ電話をかけます。
本人確認などを経て、申し込み用紙が発送されます。

そして必要事項に記入を行い、また返送を行います。
このようにカードを発行するまでに時間が掛かりますので、お金が必要になりそうな方は前もって準備をしておきましょう。
目安としては1ヵ月程度と思っておいてよいかもしれません。

カード発行後のお金の借り方

①インターネット申し込み

インターネットで申し込みを行う場合、第一生命カード・第一生命サービスパスポートが必要です。
平日14:30までの申し込みならば、当日に指定口座へお金が振り込まれます。
土日祝日や14:30以降の場合は翌営業日の着金になりますのでご注意ください。

インターネット申し込みは借入額が多めで、なおかつスピード重視の方にオススメです。

②電話申し込み

電話申し込みは第一生命カードを持っていなかったり、ID・暗証番号を忘れてしまったという方など幅広い方を受け付けています。
生命保険貸付制度をあまり利用することが無いという人の場合は必要情報を忘れてしまうことがあるので、そういった方は電話申し込みを行いましょう。

既に必要情報を持っている方は「電話1本!振込くん」、必要事項が不足しているという方は「お引き出しクイックテレホンサービス」というように、サポートデスクが異なるので注意が必要です。

③ATMでの引き出し

第一生命カードでATMでの生命保険貸付制度を利用することができます。
銀行の預金口座のようにカードを入れて暗証番号を入力するだけ!

ATMは第一生命専用のATMがあり、こちらは手数料など優遇されています。
しかしやはり提携ATMの方が使用することの方が多いと思います。

ATMによって1回に引き出せる限度額や手数料などが異なってきますので確認してみましょう。

第一生命カードの手数料一覧

住友生命

住友生命は第一生命と同じくカード式でATMでの貸付金制度を利用することができるので、一度カードを作っておくと貸付制度を気軽に利用することができます。

オペレーターに電話をし、スミセイDSカードを発行の手続きを申し込みます。
スミセイDSカードが無いと貸付制度を利用するのがスムーズでなくなってしまうので、まずは発行しておきましょう。

住友生命の場合、貸付制度を利用する方法は以下の3つになります。

スミセイDSカードを発行したら3つの方法で貸付を利用することができる

①インターネットで申し込み

スミセイダイレクトというインターネットシステムで貸付金の出金依頼を行うことができます。
スミセイダイレクトから申し込みを行うと他社と同様平日14:30までに貸付金の申し込みを行うと当日に着金します。
ウェブ環境さえあれば気軽な方法ですし、引き出し金額も100万円までの取引が可能なので便利です。 後述しますが、ATMでの取引は引き出し額の上限が低いです。

②ATMでの出金

全国での銀行ATMと連携しているので、ATMから気軽に貸付金制度を利用することが可能です。
方法はスミセイDSカードを挿入して、暗証番号を入力するだけなので簡単!
ただしATMでの取引は50万円が上限となっているので、それ以上の出金が必要な方はオペレーターかウェブ申し込みから行いましょう。

③オペレーターに依頼

ネット環境が無い方や暗証番号を忘れてしまった人など、何か困った環境の方はオペレーターに電話をしましょう。
あらゆる状況に対応が可能です。
注意点はやはり電話が繋がりにくい時間帯の場合、繋がらないこともあります。

そういった場合は根気よく電話をかけ続けることが必要です。

日本生命

日本生命も生命保険貸付制度がありますが、これまでATM取引が可能であったニッセイカードは廃止となりました。
他社はカードメインなのにカードが無いと不便じゃ…と思われるかもしれませんが、実は他にもちゃんと便利に制度を利用できる方法があるので安心です!

ニッセイで生命保険貸付制度を利用する場合

日本生命で貸付制度を利用する場合、お客様番号(お客様ID)と暗証番号が必要になります。
それがわからない人はニッセイコールセンターへ電話をして確認を行います。
本人確認など諸々を行った後、書類が郵送されます。

アプリで貸付制度を利用する

ニッセイの新サービス「日本生命アプリ」で契約者貸付制度を利用することが可能です。
生体認証を一度登録しておけばスムーズに利用できるのが便利です。
また契約内容の確認や住所変更なども可能なので是非登録しておきたいアプリです。

インターネットから申し込み

お客様IDと暗証番号を入力して、オンラインから貸付制度の申し込みを行います。
ニッセイの契約者貸付制度を利用する場合はこのインターネット申し込みがおすすめなんだそうです。
事前に指定口座を登録しておくと、便利。
着金日は第一生命と同じく、平日14:30までに申し込みを行うと当日に着金します。
それ以外は翌営業日に着金します。

電話からの申し込み

電話からの申し込みはオペレーターに繋いで手続きを行うので、臨機応変に様々なケースに対応してもらうことができます。
例えばお客様IDや暗証番号がわからないといったときでも手続きが可能です。
また貸付金額が大きいときなんかもコールセンターに相談しましょう。

ただし場合によってはコールセンターのオペレーターに電話がかなりつながりにくいことがあります。

特にお昼休みなんかは電話が集中しますので、電話利用をする際には電話が繋がらないことも念頭に入れて貸付金制度を利用したいですね。

担当者からも対応可能

生命保険の営業マンにお願いしても対応してもらうことが可能です。
パスワードなどがわからないときなど、インターネットで申し込み出来ない時などにオススメです。

明治安田生命

明治安田生命も日本生命と同じくカードの発行が無いタイプの貸付制度になります。
そのため申し込み方法は「インターネット申し込み」「電話申し込み」「窓口での申し込み」になります。

これらを利用するには「MYほけんページ」で初回登録の必要があります。
貸付制度だけではなく、保険内容の照会や返金の手続きなども行うことができるので便利です。

①インターネットでの手続き

インターネットから申し込みを行います。
MYほけんページを設定していなくても、証券番号からも請求できます。
設定したログインパスワードが必要になるので、準備してから申し込みを行いましょう。

②電話で申し込み

明治安田生命では「コミュニケーションセンター」というコールセンターがあります。
こちらに電話をしていただくとパスワードがわからなくなった際でも対応してくれるので便利です。

③窓口での申し込み

多くはないですが、全国に明治安田生命の支店があります。
支店まで赴いて手続きをすることも可能です。

かんぽ生命

かんぽ生命でも契約者貸付制度を使用することができます。
しかし大手生命保険会社とは少し異なり、かんぽ生命の場合、最寄りの郵便局から申し込みを行うことになります。
他の生命保険会社は営業所が主要都市にしかない場合が多いですが、郵便局は店舗の多さが強みといえるでしょう。

そのため保険証書と本人確認書類を持って行けば、その場で手続きしてくれるというのは意外と助かります。
申し込みを行った後、審査が通れば指定口座に振り込まれます。

貸付制度を利用するにあたって必要なもの

  • 保険証券
  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証など顔写真の記載されているもの)

これらの3つが必要となりますので、貸付制度を利用する場合は前もって準備していきましょう。
また契約者以外がこの制度を利用する場合は上記3つに加えて

  • 委任状
  • 委任代理人の本人確認書類

が必要となってきます。

ソニー生命

ソニー生命では2つの方法で貸付制度を利用することが可能です。
一つ目はウェブからの申し込みになり、二つ目はコールセンターもしくは担当者への申し込みになります。

2つの申し込み方法について詳しく確認!

①ウェブからの申し込み

ウェブからの申し込みは新規登録後、IDパスワードを利用して行います。
平日16時までの申し込みは翌営業日に対応が可能だそうです。

②コールセンターもしくは担当者へ申し込む

ウェブ環境が使用できない方、お客様番号や暗証番号がわからない方は有人サービスを利用しましょう。
貸付依頼⇒書類の郵送⇒返送⇒手続き完了という流れになります。

外資系ならではの注意点!

貸付金は米ドルもしくは円のどちらかを選択できます。

ソニー生命は外資系生命保険会社なので、ドル建ての生命保険です。
そのため貸付金もドルか円で選ぶことになります。
為替のレートによって貸付金が左右されるので、その辺は注意したいですよね。

アクサ生命

アクサ生命もソニー生命と同じく、「ウェブ申し込み」「有人申し込み」の2つになります。
ウェブ申し込みの場合はMyアクサに登録し、手続きを行います。

Myアクサから申しこんだ場合、3営業日で着金します。

意外と着金まで時間が掛かるので注意しましょう。
また変額保険の場合はMyアクサから利用手続きをすることができないため注意が必要です。

プルデンシャル生命

プルデンシャル生命もアメリカに本社を持つ外資系生命保険会社で、ドル建ての商品が多いです。
しかし注意していただきたいのは、日本で貸付制度を利用する場合

受け取る貸付金は円のみ

となっています。
ドル建て商品の場合、レートによって貸付金が左右されるので注意が必要です。

また3つの方法で契約者貸し付けを行うことができます。

プルデンシャルの契約者貸付を利用する方法は3つ

①WEB上からの手続き

「サイバーセンター」というオンラインシステムから契約者貸付の申し込みを行うことができます。

②コールセンターへ申し込み

「カスタマーサービスセンター」であるコールセンターからも利用が可能です。
保険証券

生命保険を上手に使ってお金のピンチを乗り切ろう!

生命保険は上手に使えば、万が一の保証に備えながら貯蓄も可能な商品になります。
今は低金利の時代なので払い込み金額の総額よりも低くなってしまうことが多いですが、やはり皆さん「入ってて良かった」という人がほとんどです。

やはり子どもが大学進学の際などに出費が増え、利用されている人が多いのも事実。
契約者貸付制度を上手に利用してお金のピンチを上手に乗り切りたいですね!

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト