お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

老後に1億円必要なのは本当なのか?

その他

老後の資金にはどのくらい必要かがよく問題視されていますが、実際のところどうなのでしょうか?
よく言われるのが「1億円」という話ですが、実際には1億円も資産を持っている人は少なく、ほんの一握りだと思われます。

老後は誰でも不安ですが、お金について考えていきましょう。

老後生活に必要なお金「老後資金」

老後がいつを指すかは人によってさまざまですが、経済的には公的年金や預貯金などを生活資金として使い始める時期を指すことが多いようです。例えば、60歳以降を老後と考えた場合、60歳時の平均余命は、男性で23.84年、女性で29.04年となっています(厚生労働省の「平成30年簡易生命表」より)。

老後と呼ばれる期間は長く、これだけの期間にゆとりある老後生活を送るためには、定年退職後から支給される公的年金だけでは足りないことが予想されます。快適な老後生活を送るためにも、老後資金は不可欠となってくるでしょう。

老後の生活に対して85.7%が不安感あり

加速する少子高齢化により、年金制度を支える現役世代が減少し、将来は年金支給額が減少すると見込まれていることから老後資金が注目されるようになりました。

老後生活に対する不安の有無

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度>

老後生活に対する不安の内容


<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度>

老後に必要とされる資金の内訳

生活資金

生活費や食費などの日常生活にかかる平均的な費用は、高齢者夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の場合だと23万5,615円です。
ただ、80歳以上になると要介護状態になる率が急激に上がり、日常生活費の構成比が変わってきます。60~79歳までの健康なときに旅行や趣味を楽しみたい場合は、その分の資金を多めに見積もる必要もあります。

また、生活資金は、日常生活に伴う費用だけではありません。例えば、子どもがいる人の場合は、子どもの結婚・孫の誕生や新居購入など子どもが迎えるライフイベントに伴い、親として出費が必要になることもあります。

生活資金以外に必要となる資金

生活資金以外に必要となる資金は、主にケガや病気、介護などの医療・介護に関する資金です。医療費は、一般もしくは低所得者の場合、70歳未満で3割負担、70歳以上74歳までは2割負担、75歳以上は1割負担となります(2019年時点)。

入院、手術費用

入院に必要な費用は、約1万400円プラスアルファが目安です。35~64歳までの平均入院日数は24.4日ですが、75歳以上になると47.6日と約1.9倍に跳ね上がります。
75歳以上の場合、1回の入院費用は約49万9,200円プラスアルファが目安となります。

病気の種別によっても、入院、手術費用は大きく異なり、全日本病院協会によると、2018年度における1回の平均入院費用の例として以下のようなデータがあります。

  • 急性心筋梗塞:178万4,414円、3割自己負担額:約53万5,324円
  • 脳梗塞:154万2,822円、3割自己負担額:約46万2,846円
  • 肺炎:72万3,499円、3割自己負担額:約21万7,049円

実際には、高額療養費制度があるため、ここまで大きな負担にはなりません。しかし、入院日が月をまたぐ場合は自己負担額が2ヶ月分必要になるなど、決して少ない負担額とはいえないでしょう。

介護費用

80歳以上になると、要支援・要介護の認定を受ける人が増加してきます。
厚生労働省の平成28年のデータでは、80~84歳では28.4%、85歳以上になると59.1%が要支援・要介護を受けている状況です。
介護費用は、介護が必要になった年齢と所得、介護の認定レベル(在宅or施設、要支援1~2、要介護1~5)によっても大きく変化します。
介護費用にも、高額療養費制度と同じく、高額介護サービス費として一部の払い戻しを受けられる制度がありますが、月々の負担はゼロにはなりません。高額介護サービス費制度を利用しても、所得によって毎月1万5,000円~4万4,400円自己負担が必要となります。

がん治療費用

公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計’16」によると、一生のうち「がん」と診断される確率(累積がん罹患リスク)は男性61.6%、女性46.2%と、およそ2人に1人の割合です。
がんに罹ると、手術・入院費用だけではなく、その後の治療費もかさみます。
例えば、大腸がんに罹って結腸切除術を受けた後、化学療法(抗がん剤治療)を受けた場合、1年目にかかる総医療費は、約282万円、医療費3割自己負担の場合約85万円、高額療養費適用後の自己負担(食事代含む)は約56万円との試算もあります。

先進医療技術料

厚生労働大臣によって保険医療との併用が認められている、最先端の医療技術にかかる費用のことで、高い治療効果が期待できます。しかし、技術料は全額自己負担となり、かなりの高額となることがあります。

例えば、がん治療の「陽子線治療」や「重粒子線治療」、白内障の「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が先進医療技術の一例です。
これらの先進医療にかかる技術料の平均額は、陽子線治療で約277万円、重粒子線治療で約315万円、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術で約58万円です。

死後清算費用

死後清算費用とは、入院費用の清算や葬儀代、墓を新規購入する場合の費用など、自身が亡くなった後に相続人が負担する費用です。葬儀代の平均額は約195.7万円、また、入院費用の清算は、年収370万円未満の場合、高額療養費適用後の自己負担上限額プラスアルファで見積もっても1ヶ月当たり約5万円になります。

老後もゆとりのある生活を送るために必要な金額とその内訳を紹介しました。多額の老後資金を準備するためには、早めの資産形成が重要となります。

老後の収入源としての私的年金

公的年金だけでは不安な人のために任意で加入する私的年金があります。私的年金の種類はさまざまで、公的年金と同じように老後の生活費としても使えます。
また、私的年金以外にも保険商品などを使って老後の収入を確保する方法があります。

確定給付企業年金

企業年金基金、または企業自体が年金資産を管理・運用し、従業員に給付の内容を約束した給付を行う年金です。

厚生年金基金

業界団体や企業が国の認可を受けて設立する厚生年金基金が年金資産を運用し、従業員に約束した給付を行う年金です。法改正によって存続のための基準が厳しくなり、2016年4月以降、基金を解散する、もしくは確定給付企業年金への移行が促進されることになりました。

確定拠出年金

企業と従業員が拠出した掛け金に対し、従業員個人ごとに運用指図を行い、掛金と運用収益を足した合計が給付額となる年金です。自営業など、厚生年金加入者でない場合には、個人型確定拠出年金(iDeCo)もあります。運用次第では想定しているよりも低い受け取り額になることもあります。

退職金

給与所得者が退職する際に支払われます(退職一時金)。企業により金額は大きく異なりますが、最終学歴+雇用期間+役職などの要素によって金額が決まります。

生命保険

被保険者が保険規約の定める一定の事由(死亡、高度障害など)に該当したときに受け取れる保険商品です。被保険者が死亡したときに必要となる、入院費用・葬儀費用の清算・墓の確保などに必要な金額を補う手段の一つとして使えます。

個人年金保険

一定期間保険料を納めると、一定年齢から保険金として受け取れる保険商品の一種です。個人年金保険には所得控除の対象となる商品もあります。

老後のお金の掛かり方は人それぞれ

老後のお金の掛かり方についてですが、大まかな目安を立てることはできますが、実際にはお金がどのくらい掛かるかには個人差が大きいのが現状です。

持ち家や賃貸、高齢者向け住宅などによっても毎月掛かるお金は大きく異なってきますし、持病の有無によっても変わってきます。

しかし人によって入ってくるお金というのも変わってくるため、同じ1億円かかるとしても、体感では個人で異なってくることが多いのです。

「老後1億円」というのはおそらく本当

老後1億円掛かってくるというのはおそらく本当であると思います。
近年では平均寿命が女性では87歳になり、定年後の生活が長くなっています。

定年後十分な生活を送るための生活費は、夫婦で平均月額30万円といわれています。

月額30万円×12か月×(87歳-60歳)=9720万円

このように単純計算で約1億円になるといわれていますが、だからといって1億円貯金で用意する必要はありません。 それでは一体いくら貯蓄をしておくと安心なのでしょうか?

あなたの老後の収入はいくら?

老後の収入となると、年金になると思いますが、あなたはどれくらいの年金を受給できるか大まかな目安はついているでしょうか?

  • 厚生年金
  • 国民年金

会社勤めか自営業かで年金の種類が異なってきますね。

厚生年金の場合の月額平均受給額は男性「18万円」、女性「9万円」となっています。
夫婦合わせると約27万円となり、3万円~5万円程度補填しながら生活している人が多いようです。
一方国民年金の場合では満額需給で月額6.5万円になります。

夫婦で国民年金の場合は月額13万円になりますね。
30万円から差し引くと17万円が補填分となりますので、かなり厳しい額になりますね。

また自営業の場合、事業が軌道に乗っている人は良いのですが、そうでない場合は退職金などもありませんのでどうやって老後資金を捻出するかが重要となってきます。

若いうちから準備をしよう

若いうちから老後に備えることができるものを使って準備をするのも一つの手です。

確定拠出年金

確定拠出年金は生命保険会社などが取り扱う個人年金になります。
毎月の掛け金を積み立ててていって、それを老後に受給するというタイプのものです。

昔は終身タイプのものが人気でしたが現在では定期タイプのものが多いです。
自分では貯蓄できない、という人は確定拠出年金が控除も利用できるので手軽におトクで便利です。

国民年金基金

国民皆保険の金額が厚生年金と比較してみても少ないため、その差額を減らすための制度であるのが国民年金基金です。

毎月の掛け金を支払って、それを老後に受給するのですが、確定拠出年金とは別の控除もあるので自営業の方にはおすすめであるといわれています。

ただ、インフレに対応できないというデメリットもあるので、加入するかどうかはよく検討してからお勧めいたします。

老後の住まいは?

老後の住まいですが、一戸建て住宅を購入したから安心!というわけではありません。
一戸建て住宅の場合でも、途中でリフォーム費用が必要となったり、ライフステージの変化などでやっぱり老人ホームに加入したいということも出てくると思います。

現段階では自宅介護の人が認知症を発症し、老人ホームに入居するパターンが多く、その費用を子が負担しているケースが多いのが事実です。

そんなときに役立つのが「認知症保険」です。
認知症保険は持病のある人でも加入しやすい保険で、「認知症一時金」や「認知症年金」といった内容が含まれています。
認知症は現段階で投薬などで根本的な治療をすることができません。
高齢化が進み、5人に1人が認知症の時代が来るとも言われているので、そのときに子どもに迷惑が掛からないようにしたい人が備えている保険です。

ライフプランナーに相談してみよう

現在60歳を目途に老後の資金を考える上でファイナンシャルプランナーにライフプランを作成してもらう人が増えてきています。
あなたの年金額やライフイベントにおける支出などを考慮した上で、「いつまでに」「どのくらい」といった具体的な目標金額を算出してくれます。

老後の資金に漠然と不安を抱えている方は、一度相談してみても良いかもしれませんね。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト