お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

いつかは持ちたい!American Express(アメックス)カードについて

クレジットカードではステータスを表すこともありますが、その中でも持っていたらかっこいいのがAmerican Express、アメリカンエキスプレス(アメックス)カードです!
そんなアメリカンエキスプレスのカードについて詳しく見て行きましょう。

アメリカン・エキスプレス・カードとは

クレジットカードの中でももっともステータス性の高いブランドとして知られるアメリカンエキスプレス。
世界的に高いシェアを誇る5大国際ブランドのひとつにも数えられる知名度の高い有名ブランドです。
日本国内では、そのステータス性の高さをあまり実感する機会はありませんが、海外ではアメリカン・エキスプレス・カードを持っているだけで信用力が増すといわれているほどです。

アメリカンエキスプレスは、一般にT&Eカード(トラベル&エンターテインメントカード)と呼ばれるカードの代表であり、迅速な決済を目的としたVISAやMasterCardに代表される決済カードとは、別物です。

そのため、付帯サービスなども普段の決済で得をするというよりも、旅行や娯楽を利用した際に大きなメリットを享受できる内容となっています。
アメリカンエキスプレスには、主にアメリカンエキスプレスインターナショナルが発行しているプロパーカードと呼ばれるものと、セゾンなどに代表されるような他の会社との提携カードが存在します。

世間一般に知られているアメリカンエキスプレスの券面はプロパーカードであり、ステータス性の高さは提携カードとは比べ物にならないほどです。

そもそもアメックスとは?

クレジットカードにはイシュアという発行元がある

クレジットカードって「VISA」の「楽天カード」であったり、「VISA」の「イオンカード」だったり作るときによくわからなくなってしまいますよね。

VISAやMasterCard、Amexといったものは国際ブランドと呼ばれるもので、これに店側が加盟していると世界各国で決済が可能になります。
一方、イシュアというのはクレジットカードの発行元という意味で、先述の楽天カードであれば楽天カードがイシュアになります。 イオンカードであればイオンクレジットになります。
このようにクレジットカードは「国際ブランド」「アクワイアラ」「イシュア」といった要素でその性質が決まります。
アクワイアラとは国際ブランドと加盟店を管理している会社ですが、イシュアも兼ねているところが多いです。

国際ブランド=アクワイアラ=イシュアを兼ねているカードのことをプロパーカードといいますが、このプロパーカードを持っているとステータスが高いというイメージがあるのです。

アメックスカードには種類がたくさんある

アメリカンエキスプレスの場合、「国際ブランド」がそのままステータスになっています。
そのため本家アメリカンエキスプレスカードいわゆるアメックスグリーンは「国際ブランド:Amex イシュア:Amex」というものになります。 ややこしいのが「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」です。
こちらはイシュアが株式会社クレディセゾンになっているため、本家アメックスではありません。
セゾンのアメックスカードはアメックスのデザインを前面に押し出しているため本家プロパーカードと混同してしまっている人が多いです。
クレジットカードの発行の審査はイシュアが行うため、アメックスグリーンは審査に落ちたがセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは審査が通ったということが起こりうるのです。

本家アメックス(アメックスプロパーカード)は3つのランクがある

本家AmericanExpressのカードには3つの種類があります。

①アメリカン ・エキスプレスR・カード(アメックスグリーン)

アメリカン・エキスプレス・カードは年会費12,000円(税別)、家族カード6,000円(税別)で取得でき申し込み資格は20歳以上の安定した収入がある方です。
アルバイトやパートの方はアメリカン・エキスプレス・カードに申し込みできません。
アメリカン・エキスプレス・カードの審査通過に必要な年収は300万円前後といわれています。
アメリカン・エキスプレス・カードはプロパーカードの中でも最もスタンダードなカードで、他のプロパーカードよりも手軽に獲得できます。
特典としては、国内主要空港28か所と海外2か所の航空ラウンジサービスが無料、最高5,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険がついており、手荷物無料宅配サービスやETCカードが年会費無料です。
空港ラウンジサービス無料は基本カード会員と同伴者1名まで利用可能です。

②アメリカン ・エキスプレスR・ゴールド・カード

アメリカン ・エキスプレスR・ゴールド・カードは年会費29,000円(税別)、家族カード1枚目は無料で、2枚目以降は12,000円(税別)で取得できます。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは券面デザインがかっこいいと人気で女性ウケも抜群の最高ランクのステータスカードです。
また、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは海外での人気も高く、他の国際ブランドのゴールドカードよりも圧倒的な知名度があります。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは年会費が高額ですが、年会費の元が取れるほどに特典内容が充実しています。
ゴールド・ダイニング by 招待日和・最高1億円補償の海外旅行傷害保険が付帯・最高5,000万円補償の国内傷害保険が利用付帯・プライオリティパス無料登録可能・VIP空港ラウンジ年2回まで無料・家族カードが1枚年会費無料などが魅力です。
上記の中でおすすめなのがゴールド・ダイニング by 招待日和です。
ゴールド・ダイニング by 招待日和は国内、海外にある200店舗のレストランを2名以上で予約すると、予約コース料理1名分が無料になります。

③プラチナ・カードR

年会費130,000円+消費税家族カード4枚まで無料アメリカンエキスプレスのプロパーカードの審査に通るためには安定した収入・継続勤続年数・良いクレジットヒストリーなどが必要となってくるようです。
ゴールド・プラチナになってくると求められる年収なども段違いになります。
そういったアメックス独自の審査の基準から「ステータスカード」として名高く、全世界でも憧れのクレジットカードなのです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはプラチナ会員以上限定の特典があります。
専用コンシェルジュサービス・デルタ航空専用空港ラウンジ無料・家族カードが4枚まで無料発行・ファイン・ホテル&リゾート・プラチナアクセス上記の中で特におすすめなのが専用コンシェルジュサービスです。
専用コンシェルジュは24時間無料でアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード会員の様々な要望に対応してくれます。

幻のブラックカード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは一般的にブラックカードと呼ばれる幻のステータスカードです。
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードを獲得するにはアメリカン・エキスプレス社からのインビテーションと入会金50万(税抜)と年会費35万(税抜)が必要になります。
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの利用限度額は数十億ともいわれており、ブラックカードで買えないものはないとされています。
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの特典は世界一手厚いともいわれています。
航空機の座席クラスがアップグレード・専用コンシェルジュサービス・VIPエアポートサービス・高級ホテルの上級会員特典・アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの特典の中で特におすすめなのが、航空機の座席クラスアップグレードサービスです。
座席アップグレードサービスは予約した航空機に空きがあれば、エコノミークラスを予約してもビジネスクラス、ファーストクラスに無料でアップグレードします。
ただし、座席アップグレードが適用になるのは専用コンシェルジュを通して航空券の予約した場合のみです。

AmericanExpressの特典

アメリカンエキスプレスカードの強みといえば旅関連で発揮されます。
一般的なクレジットカードよりも手厚い付帯保険や空港ラウンジ利用など通常ならゴールドカードランクの支払いがアメックスならグリーンカードでも可能なことも。
それでは詳しくみていきましょう。

・海外損害補償

傷害死亡保険金 5,000万円傷害後遺障害 最高5,000万円携行品損害保険金(免責金額3千円/1旅行中最高30万円/年間限度額100万円)いかがでしょう。
グリーンカードなのに一般的なクレジットカードのゴールドランク並みの手厚い内容。
アメックスゴールドやプラチナは当然のようにそれ以上の手厚い保障になっています。

・空港ラウンジの利用

日本国内の空港ではほとんどの主要空港でラウンジを無料利用することが可能です。

・空港手荷物宅配サービス

成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港の4つの空港で出発到着時の手荷物宅配サービスを利用することができます。
空港まで遠いという方がほとんどなため、大荷物のときなどはありがたいサービスですよね。

アメックスプロパーはマイルを貯めるのに向いている

アメックスカードのメリットはアメックスポイントをANAマイルに替えることができるのです。
また、通常アメックスや通常のマイル系クレカの場合のマイル還元率は0.5%が平均ですが、アメックスのメンバーシップ・リワード・プラスというものに登録すれば1%の還元率にアップします。
メンバーシップ・リワード・プラスは年会費3,000円を支払って登録するシステムですが、これに加入すればポイントの期限がなくなり実質有効期限が無くなります。
つまりマイルを貯めている人にとって有効期限がネックな方も多いかと思いますが、アメックスではそういった心配がなくなります。

アメリカン・エキスプレスの注意点

アメリカン・エキスプレスブランドのカードはステータス性も高く、サービス内容も他社と比較して満足のいく充実したものですが、実際に利用するとなるといくつか知ってほしい注意点があります。
アメリカン・エキスプレスのカードを検討されている方は、注意点を確認しておいてほしいです。

アメックスの年会費は高め

アメリカン・エキスプレスに憧れはあっても申し込みに躊躇する、という方が多いのは、アメックスの年会費が他社よりも高めに設定されていることが要因の一つと言えます。
とはいっても、例えばアメックス・グリーンカードは年会費12,000円(税抜)と一般的なゴールドカードと同じ程度の設定で、サービス内容を加味すると「割高」感はありません。
アメックスのクレジットカードは名称上のカードランクよりも、実質は一つ上のランクの内容・ステータス性ということを踏まえれば年会費も納得のいくものになると思います。
アメックスを新たな1枚として検討する際は、見かけ上のカードランクよりもサービス内容が充実していることなどをしっかり理解した上で行えば、年会費が高いという悩みは解消されるでしょう。
ただし、旅行などには全く行かない、サービスも使わないとなるとやはりこれだけの年会費を支払うのがもったいなくなってしまいますので、その場合は年会費の安いクレジットカードも視野に入れると良いですね。

初年度年会費無料で試せることがある

不定期ではありますが、アメリカン・エキスプレスが行なっている入会キャンペーンとして、「初年度年会費無料」というものがあります。
アメックスに憧れはあるけど、はじめから高い年会費を支払うのは抵抗がある、もしくは「お試し」をしてみたいという方にはぴったりのキャンペーンですよね。
基本的にアメックスは他社と異なり「初年度年会費無料」などのキャンペーンは少ないので、迷っているなら「初年度年会費無料」を行っているタイミングがチャンスです。
公式のホームページでは「初年度年会費無料」表記がありませんので、直接申し込んでしまうとキャンペーンの対象外になってしまう可能性があります。
初年度年会費無料の優待を受けたい方は、ぜひキャンペーン開催時に本サイトから申し込むようにご注意くださいね。

普段の利用ではメリットを感じにくい

アメリカン・エキスプレスのカードは、サービス内容・質ともに非常に充実していますが、スーパーやコンビニ、ちょっとした買い物などの「普段使い」しかしていなければあまりその魅力を感じられないこともあります。
というのは、アメックスは「旅行」や「会食」といった非日常のシーンにおいて強みを持つサービスが多く、普段使いで実力を発揮するのが難しいからです。
このことから、強いこだわりを持って「アメックスブランド」を希望している方以外は、普段使いにしか利用しない場合、使わないサービス・付帯保険のために年会費を支払って維持するのは厳しいと感じる可能性があります。

JCB・VISAと比べると使えるお店が少ない

アメリカン・エキスプレスのカードは、サービス内容・質ともに非常に充実していますが、スーパーやコンビニ、ちょっとした買い物などの「普段使い」しかしていなければあまりその魅力を感じられないこともあります。
というのは、アメックスは「旅行」や「会食」といった非日常のシーンにおいて強みを持つサービスが多く、普段使いで実力を発揮するのが難しいからです。
このことから、強いこだわりを持って「アメックスブランド」を希望している方以外は、普段使いにしか利用しない場合、使わないサービス・付帯保険のために年会費を支払って維持するのは厳しいと感じる可能性があります。

アメリカン・エキスプレスは審査が厳しい!?

アメリカン・エキスプレスの審査は、他社のクレジットカードと比べて厳しい、という話は聞いたことがないでしょうか?もしくは先入観で思われているかもしれません。
では実際のところどうなっているのかをご説明いたします。

アメックスグリーンの審査基準は他社のゴールドカードクラス

アメリカン・エキスプレスの審査基準はカードランク的に他社と比べて「極端に厳しい」というわけではありません。
目安として、アメックスグリーンカードの審査基準が他社のゴールドカードクラスといえるでしょう。
昔は審査が厳しいイメージがありましたが、今では「20歳以上」「定職についている」という条件で、他社での延滞や金融事故情報がないようであれば申し込みができます。
年収などの具体的な条件は開示されていませんが、ある程度の年収(300万円以上)が安定して得られていることが重要だと考えられます。
そう考えると、今やアメックスといってもそれほど審査の難易度は高くないと思われるのも当然だと思います。

アメックスゴールドの審査基準とは

アメックス・ゴールドカードの審査基準はグリーンカードと大差ないといわれています。
ですので、グリーンカードの審査に通るレベルであれば、十分に申込をする価値はあると思います。
ただし、アメックスは利用状況は信用情報に応じて「利用可能額」を随時変えてくるブランドでもあるので、極端に言うと使い始めは与信枠が20万円だけという事も考えられるでしょう。
アメックス申し込みに至るまでの信用情報や属性が良いという場合は、はじめから大きな枠が与えられるケースも存在しますが、基本的にはゴールドカードといっても、信用を勝ち取るまでは低い与信枠からのスタートになります。

アメリカン・エキスプレスとVISAの違いとは

クレジットカードは選択する国際ブランドより特典やサービス・利便性が違います。
そのためクレジットカードを作る際は国際ブランドの選択が非常に重要です。
しかし、クレジットカードを作成する時、国際ブランドは何を選ぶべきかわからない方も多いかと思います。
クレジットカードの国際ブランドには(VISA,MasterCard,JCB,Diners, アメックス, 銀聯、ディスカバー)の7種類があり、7大国際ブランドはそれぞれ異なる特徴を持っています。
そこで、この記事では7大国際ブランドで特に特徴的なアメリカン・エキスプレスと最もポピュラーなVISAの違いについて紹介していきます。

国際ブランドの加盟店シェア率

国際ブランドの世界シェアはアメリカン・エキスプレスよりVISAの方が圧倒的に高いです。
しかし、日本国内で見た場合、加盟店シェア数はVISAとアメリカン・エキスプレスに違いはあまりありません。
アメリカン・エキスプレスは国際ブランドJCBと提携しています。
そのため、JCB加盟店であればアメリカン・エキスプレス・カードを使うことが可能です。
日本国内でJCBとアメリカン・エキスプレス加盟店を合わせたシェア数は98%を超えています。
日本国内ではVISAと同等にほとんどの場所でアメリカン・エキスプレス・カードを利用できます。

田舎の加盟店ではVISAが使いやすい

アメリカン・エキスプレスとVISAの加盟店数は同等ですが、田舎の加盟店ではVISAの方が使いやすいです。
上記でアメリカン・エキスプレス・カードはJCB加盟店で使えると述べましたが、稀に田舎に加盟店ではカード決済が旧型のものでJCB加盟店であってもアメリカン・エキスプレス・カードが使えない場合があります。

都会の加盟店ではアメリカン・エキスプレスが使いやすい

アメリカン・エキスプレスは都会の高級ブランド店では圧倒的なシェアを誇ります。
もともと都会の富豪向けに作られたクレジットカードなので、都会の加盟店ではVISAよりもアメリカン・エキスプレスの方が特典と付帯サービスに優れ使いやすいです。

世界共通のステータス性

アメリカン・エキスプレス・カードの券面デザインは世界共通なので、海外でも高いステータス性を発揮できます。
海外出張先で取引先と会食する際や、海外旅行先で現地の友人と会う際、クレジットカードでステータス性をアピールするためには、アメックスを見せるしか方法がありません。
これは、日本のクレジットカードは、海外ではほとんど認知されていないためです。
三井住友VISAゴールドカードやJCBゴールドカードといった国内の高ステータスカードを持っていても、海外では知名度がないため、一切のステータス性がありません。
また、クレジットカードは、海外では社会的ステータスの証明書として扱われます。
カード社会である海外では、クレジットカードを所有している人=そのクレジットカードの審査を通過した経済力のある方と誰もが認識するからです。
そのため、海外は日本国内以上にアメックスのステータス性が高く評価されるといえます。

アメリカン・エキスプレスのビジネスカードとは

アメックスには個人向けの『アメリカン・エキスプレス・カード』といったら緑のカードとして知っている方も多くいますが、アメックスには法人・個人事業主向けのアメリカン・エキスプレス・ビジネスカード(通称:アメックスビジネスグリーン)があるのをご存知ですか?よく存在自体をしらない人も多いのは、公式でもビジネスカードといえば「アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールド」を全面に紹介しているから、影に隠れてしまい知名度が低いのが現状です。
実際ビジネスシーンでアメックスビジネスグリーンを利用するのは対外的にいい印象を持たないという法人・個人事業主も多いと思います。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(アメックスビジネスグリーン)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの年会費は12,000円(税抜)です。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは法人向けに発行されている法人カードです。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの申し込み資格は20歳以上安定した収入がある個人事業主や経営者等の方です。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには会社運営において役に立つ特典が豊富にあります。
ビジネス・コンサルティング・サービス、ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」(登録制) 、ビジネス情報調査代行サービス (登録制) 、高額利用時の事前承認、オンライン・プロテクション、ショッピング・プロテクション、リターン・プロテクションがあります。
ビジネス・コンサルティング・サービスは個人事業主や中小企業の経営者が専門の経営コンサルタントに会社の経営方針などを相談できるサービスです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの年会費は31,000円(税抜)です。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの最大の魅力の1つは新規カード入会キャンペーンにあります。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは入会キャンペーンの利用条件カード利用額年間200万円以上を満たせば最大で30,000ボーナスポイントが付与されます。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードよりも手厚い特典があります。
四半期管理リポート(登録制)、ビジネス・ダイニング by ぐるなび、ミーティング・スクエア、キャンセル・プロテクションなどです。
キャンセル・プロテクションはゴールド会員以上の限定のショッピング保険サービスです。
キャンセル・プロテクションは事故や怪我により、旅行や出張がキャンセルなった時のキャンセル費用を補償してくれます。

提携カードの種類

アメリカン・エキスプレスの提携カードは種類が多くあります。
アメリカン・エキスプレスの提携カードはプロパーカードよりも審査が通過しやすく、取得しやすいのが魅力的です。

ANAの提携カードの特徴と種類

ANAアメックスカードはANAとの提携カードで、通常のショッピングでもANAマイル還元率は1.0%とかなりの高さです。
更に、アメックスカードのみならずANAカードの恩恵も受けることができるので、ANAの飛行機にたくさん乗る人はマイルを貯めやすいクレジットカードです。
ANAアメックスカードはランクごとに年会費の差がかなり大きいため、ANAマイル還元率のみでその差を埋めようとすると「損益分岐点」はかなり高くなってしまいます。
ただ、ランクごとに家族カードや、空港ラウンジ、海外旅行保険などの付帯サービスも大きく変わってくるので、ANAマイル還元率以外のその他のサービスが自分にぴったりのカードを選ぶのが良さそうです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメックスカードの中でもっともベーシックなANAアメリカンエキスプレスカード。

年会費7,000円とアメックスが直接発行するクレジットカードの中でもっとも年会費が安いカードとなっており所有しやすいというメリットがあり、ANAマイラー入門におすすめです。
またほかのカードの審査に落ちても独自の審査基準でクレジットカード発行の可能性があります。
ただし、ANAマイルに交換するために年会費6,000円のポイント移行コースに登録する必要があります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

ANAアメックスゴールドは年会費が31,000円とANAアメックスカードと比べるとやや高めですが、ANAマイル移行手数料が無料な上に、さらにANAマイルが貯まりやすくなっています。
ANAには「ANAカード・マイルプラス」という特約店があり、ANAカード利用分のポイントとは別に100円または200円につき1マイル貯まります。
ANAグループの航空券も「ANAカードマイルプラス」の加盟店であるためカードの利用とは別に100円につき1マイルが貯まります。
さらに、ANAアメックスカードではANAグループ航空券の購入時のみランクに応じて0.5?1.5%のボーナスマイルが付与されます。

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアムカード

ANAアメックスプレミアムカードはANAアメックスの最上位カードです。
年会費は15万円とかなり高めですがANA便常連の裕福な方にイチオシのクレジットカードです。
ANAアメックスカードでは、ANAグループ航空会社の飛行機に搭乗すると搭乗区間のフライトマイルに加えてボーナスマイルがもらえます。

スーパーフライヤーズカードに切り替える

ANAアメックスカードで利用実績を積むと「スーパーフライヤーズカード(SFC)」に切り替えられます。
「スーパーフライヤーズカード」ではANAアメックスカードで受けられる特典に加えて、スターアライアンスの航空ラウンジを利用できたり、座席クラスをアップグレードできるポイントがもらえたり、プレミアムエコノミーへ無料でアップブレードできます。
またキャンセル待ちが優先的になったり、国内線の先行予約ができるので、ANAの上級会員向けのサービスを受けられるようになるのです。
ANAアメックスカードとANAアメックススーパーフライヤーズカードはランクごとに年会費や還元率が同じで審査もないので、最初から作りたいSFCカードと同じグレードのANAアメックスカードを作っておくのが良いでしょう。

デルタの提携カードの特徴と種類

デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAやJALではなくデルタ航空利用者にお得なカードです。
100円の利用につき1スカイマイルがたまり、デルタ航空の航空券をとる際に利用できるようになります。
更にデルタ航空では一般、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドと5つの会員資格を用意しており、デルタスカイマイルアメックスではクレジットカードのランクに応じでこれらの資格を獲得できます。

デルタスカイマルアメリカン・エキスプレス・カード

シルバーメダリオンの資格を自動的に取得できるカードで、優先搭乗や優先空席待ち、優先チェックインなどの優待サービスを受けることができます。

デルタスカイマルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

入会から1年間上級会員資格「ゴールドメダリオン」の取得が可能です。
(通常はデルタ空港での利用が年間150万円以上でなれる)「ゴールドメダリオン」ではシルバーメダリオンで利用できる特典に加えて、デルタ航空便名またはデルタ航空発券のフライトで支払い額1アメリカドルあたり8マイルが貯めることができ、また海外での利用で1.25%と高還元率です。
また「ゴールドメダリオン」の資格とともに、スカイチームの「エリートプラス」会員も取得することが可能です。
そのためアメックスが提供する空港ラウンジのみならず、スカイチーム加盟航空会社の「スカイチームラウンジ」も利用できるため、次の飛行機へ搭乗するまでゆったりと過ごせるようになりますよ。

金融機関の提携カードの特徴と種類

金融機関との提携カードは、アメックスの提携カードの中でもとりわけ「バランスが良く安心して利用できる」カードになっています。
保険サービスなども充実しており、いざという時に強みが出るカードと言えます。
クレジットカード初心者の方なども安心して旅行などを楽しむことができます。

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カードは、学生も手に入れることができるアメックス提携カードです。
原則18歳~29歳の学生・社会人の方が対象のカードであり、年会費も1,350円とアメックスカードの割にはかなりお得です。
さらに、海外旅行傷害保険やショッピング保険など各種保険も手厚く、クレジットカードを持ちたい学生や新社会人の方におすすめできるカードと言えるかもしれません。
MUFGアメックスゴールドでは「アメリカンエキスプレスコネクト」を用意しており、様々な優待特典やキャンペーンを利用できるようになります。
例えば、レストランでの飲食代金割引やボトルワインのサービス、エンターテイメントのチケット先行販売や特別プランなどがあります。
アメリカン・エキスプレス・コネクトで特典を確認しつつ、日々の生活の様々なシーンでより効率的にポイントを貯めるようにしましょう。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGイニシャルカードを5年間利用することで、自動的にこちらのゴールドカードに切り替わります。
切り替えにはもちろん審査はありますが、延滞や滞納などをしていない限り手続きなしで切り替えることができるため便利です。
ゴールドカードではありますが、基本的に保険や還元率などはイニシャルカードと同様であり、また年会費が1,905円とかなり安めになります。
保険や還元率を重視したい方であれば大きな魅力はあまりないと言えます。
しかし、その代わりイニシャルカードの特典に加えてさらに金融取引サービスやプレミアムスタープログラムなどの特典を利用することができます。
MUFGアメックスゴールドでは年間の利用金額に応じたボーナスポイントが付与される「プレミアムスタープログラム」を用意しています。
このプログラムにて★を5つ貯めると「ファイブスターメンバー 」へと昇格し、「プレミアムBONUS」が付与される優遇特典が受けられるのです。

デパートや小売店の提携カードの特徴と種類

提携しているお店をよく利用している方であれば、割引料金が適用されたり、通常時の数倍のポイントが貯まるなど、かなりお得にショッピングを楽しむことができるようになります。

楽天カード

楽天カードは生活費を支払うメインカードとして考えた場合、かなり優秀なクレジットカードと言えます。
通常はポイント還元率1%ですが、楽天トラベルや楽天市場のような「楽天サービスの利用」では還元率は3%までアップ。
それ以外の買い物でも「楽天Edyの利用」や「加盟店舗での買い物」で1.5%~3%まで上げることも可能。
さらに月に2回ポイントが10倍の日がある等、かなりポイントが貯まりやすいクレジットカードです。
数あるクレジットカードの中でも「審査に通りやすい」という評判もある楽天カード。
審査に自信がないという方でも気楽に申し込むことができるカードと言えるでしょう。

PARCOカード

PARCO(パルコ)カードはその名のとおり、PARCOでのショッピングなどがお得になるカードです。
PARCOカードを発行した初年度は1年間PARCOでのショッピングが5%OFFになり、また2年目以降も1年に複数回ある優待サービス期間で5%OFFになります。
さらに、PARCOに内部や近隣にある施設での割引の対象なので、よりお得にPARCOでのショッピングや食事をしたり、アクティビティを楽しむことができるでしょう。
PARCOカードは実際はセゾンとの提携カードなので、ポイント還元率も最大1%の高水準でセゾンの永久不滅ポイントが貯まる、ショッピングにかなり向いているカードと言えるでしょう。
PARCOカードはVISA、MasterCard、JCB、American Expressの4種類から国際ブランドを選べますが、旅行保険などが付帯するのはアメックスブランドのみです。
PARCOをよく利用する方であっても保険がついていないカードはなかなかメインにしづらいですよね。
その点、PARCOアメックスカードであれば、最大限度額3000万円の旅行保険や最大限度額100万円のショッピング保険が付帯しますので安心です。

エムアイカード

エムアイカードは、三越伊勢丹のグループカードです。
エムアイカードの通常ポイント還元率は0.5%と低いものの、使い方次第ではお得なクレジットカードに変身します。
全国にある伊勢丹や三越の他にもビックカメラやソフマップなどのポイントアップ店でエムアイカードを使用するとポイント還元率が1.0%?2.0%とアップします。
さらにアメックスとの提携カードなのでアメックスの各種サービスも利用することが可能です。
伊勢丹や三越などの「三越伊勢丹グループ百貨店」で1商品3,000円以上の商品を購入する際にエムアイカードを使用すると、購入額に対して5%のポイントが付与されます。
ポイント還元率が5%は驚異の高還元率ですね。
伊勢丹や三越を使う方はエムアイカードを持っているとかなり効率よくポイントを貯めることができます。
また前年度の年間利用額に応じてポイント還元率が変わってきます。
前年度の年間利用額が100万円以上の場合は、ポイント還元率は10%になります。
三越や伊勢丹で買い物をする機会が多い人は是が非でも持っておきたいカードですね。

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードは阪急百貨店と阪神百貨店の利用がおトクなクレジットカードです。
基本還元率は1%なのですが、阪急、阪神百貨店での利用で無条件で10%のポイント還元率を誇ります。
発行した瞬間からこの還元率なのはかなり魅力的ですよね。
阪急、阪神百貨店で年間15万円の利用をするだけで、年会費の元はとれてしまいます。
大阪の阪急百貨店には「メンバーズラウンジ」という会員制ラウンジがあり、ペルソナSTACIAアメックスカードを持っている方はこのラウンジを利用することができます。
混んでいてお店の中で休むところを見つけるのは難しいため、会員制ラウンジを利用できるのは便利ですよね。
年会費が14,000円と比較的高い分、サービスが驚くほど良いものとなっています。
アメックス提携カードということで、こちらのカードにはアメックスグリーンカードと同程度の保険が付帯しています。
海外旅行傷害保険も最大で5,000万円付帯しており、ショッピングだけでなく保険面も充実しているためもしもの時に役立つカードと言えるでしょう。

クレディセゾンの提携カードの特徴と種類

クレディセゾンと言えばポイントプログラムが人気のカード会社です。

アメックス×セゾンの提携カードでは、ポイントプログラムはクレディセゾンのプログラムを利用できます。
アメックスの唯一の弱点とも言ってもいいのが、還元率が低くなかなか効率的に貯めることができないポイントプログラムなので、ポイントを効率良く貯めたい方はセゾンとの提携カードもおすすめです。
またセゾンのポイントプログラムは、「永久不滅ポイント」というポイントが貯まります。
その名のとおり、ポイントの有効期限がありません。
他の多くのクレジットカードは短くて1年など有効期限が定められており、貯められるポイント数も限られてきます。
長期的に多くのポイントを貯めてから高額な商品に交換したいという方にあったポイントです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは券面がアメックスブランドようなデザインのセゾンカードです。
初年度は年会費無料で、2年目以降は1,000円年会費がかかりますが、年に1回でも利用すれば次年の年会費が無料になるので、実質年会費無料のカードと言えるでしょう。
年会費が実質無料にも関わらず、世界中のお店で恩恵を受けることができる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」といったような、アメックスブランドならではの充実したサービスを受けられるのは大きなメリットです。
セゾンパールアメックスは1,000円の利用毎に1ポイントの永久不滅ポイントが付与されます。
還元率がかなり低いように見えますが、永久不滅ポイントは1ポイント=約5円の価値があるため、ポイント還元率は平均的な0.5%です。
しかし、海外で利用した場合には還元率が2倍の1%になるので、海外旅行などの際にも活躍してくれます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、言うなればセゾンパール・アメックスの上位互換カードになります。
年会費3,000円なので保有コストはありますが、その分セゾンパール・アメックスよりも充実した特典が人気です。
セゾンブルーアメックスはとりわけ海外旅行で受けられるサービスが充実しています。
また海外旅行のお供として最も重要な海外旅行保険が充実しているので安心して海外旅行を楽しむことができます。

セゾンゴールド・ アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールドアメックスカードは、アメックスの提携カードの中でもかなりステータスが高いカードです。
年会費は1万円とアメックスプロパーゴールドと比べて安くなっていますが、保険や特典などはかなり充実しています。
セゾンゴールドカードでは、アメックス提携店でのショッピングがお得になることに加え、アメックスゴールドカードにも見られるような豪華な特典を受け取ることができます。
セゾンゴールド・ アメリカン・エキスプレス・カードではワンランク上の世界中の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」のプレステージ会員を得ることが可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

ただでさえ高ステータス&高年会費のアメックスカードの、しかもプラチナカード。
しかし「セゾンプラチナ・ビジネスアメックス」は年会費20,000円で利用し続けることが可能で、付帯するサービスなども年会費が20,000円とは思えないほど充実しているので大変お得なカードと言えるでしょう。
さらにカード年会費優遇を用意しており、年間200万円以上を利用すれば次年度は年会費が10,000円になります。
ビジネスで年間200万円を使うのはそう難しい話ではないので、会社経営者の方は是非とも持っておきたい一枚ですね。
「セゾンプラチナビジネスアメックス」はビジネスカードなだけあって、弁護士関連や経理効率をあげるなどの様々なビジネスサポートが付いています。
「第一東京弁護士会」より適切な弁護士の紹介が受けられたり、経理業務を効率化したい時に便利な会計ソフト「freee」や経費精算サービス「Staple」の優待がついています。
セゾンゴールドアメックスカードでもプライオリティ・パスに優待価格で入会できますが、セゾンプラチナアメックスなら最上級ランクのプレステージ会員に無料でなれます。
つまり世界中の高級空港ラウンジを回数制限なしに無料で利用できるようになるということです。
年会費2万円で、プロパーカードであるアメックスゴールドカードと同程度の保険を付帯することができ、旅行傷害保険の最高限度額が1億円と設定されています。
全てにおいてクオリティが高く、海外などに頻繁に行く経営者の方などは是非とも持っておきたいカードです。

アメックスプロパーカードでエグゼクティブな暮らしを!

アメリカンエキスプレスカードはただ単にステータスとしてだけでなく、様々なメリットのあるクレジットカードになります。
申込時の加入条件は少し厳しい部分がありますが、審査が通りそうな可能性がある方ならば是非チャレンジしてみたいですね。

お金に困ったときの現金化の方法

給料日前や支払い前などどうしても現金が必要なときってありますよね。
そんなときに即日・30分で対応可能なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化とは、普段お買い物で使用しているショッピング枠を現金化するサービスを指します。
キャッシング枠を利用しないので、簡単で便利。
クレジットカード現金化は自分で行うことも可能ですが、安心安全な優良業者を選ぶ方が迅速かつ確実に現金化を行うことが可能です。

ハピネス

ハピネスは最高換金率98.8%のクレジットカード現金化業者で、対応にも定評のある業者になります。
女性にも使いやすい業者さんとしても有名でリピーターが多く安心して使用することができます。

所在地東京都渋谷区神宮前4-1-24
営業時間9:00~22:00
連絡先0120-949-202

ハピネス公式サイト

換金クレジット

当日に現金が必要な方でも安心の換金クレジットは、当日プランがあるので安心!急ぎで現金を必要としている方でも迅速に対応することが可能な業者です。

所在地東京都世田谷区上馬2丁目4-16-207
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-790-935

換金クレジット公式サイト

安心くん

安心くんでは使用可能なクレジットカードが多く、あなたにぴったりのプランを提案。
ニーズに応えてくれる安心の業者さんです。

所在地記載なし
営業時間8:00~21:00
連絡先0120-989-681

安心くん公式サイト

キャッシュライン

知名度の高いクレジットカード現金化業者といえばキャッシュライン!
人気のクレジット現金化業者で即日現金を調達が可能!

所在地東京都府中市本町1丁目12-2
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-958-644

キャッシュライン公式サイト

あんしんクレジット

人気急上昇中のあんしんクレジットで楽々クレジットカード現金化。
電話1本で申込が完了なので簡単です。

所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
営業時間9:00~20:00
連絡先0120-224-855

あんしんクレジット公式サイト