お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

オンラインキャッシュ

  • 2つの換金プランを選べる
  • 丁寧な接客対応が人気
  • 出張サービスまで対応している

総合評価

業者名オンラインキャッシュ
所在地東京都渋谷区道玄坂1-22-8
URLhttp://www.onlinecash-sv.com/
換金率90%~97%キャンペーン記載なし
代表江口 晃設立年記載なし
電話番号0120-784-911メールアドレスinfo@onlinecash-sv.com
営業時間9時~19時15時以降記載なし
土日営業土曜・日曜・祝日定休日入金スピード条件により10分
この業者の公式サイトへ

オンラインキャッシュとはどのような業者なのか?

オンラインキャッシュはネットだけで手続きがすべて完了します。
仕事の間や夜間など必要と思ったタイミングで申し込みができるので便利な現金化業者です。

2つの現金化プランが用意されている

オンラインキャッシュには2つの現金化プランが用意されています。

当日お振込プラン

当日お振込みプランは平日14時半までに申し込むことで、最短10分での入金が可能なプランです。
その代わり、換金率は商品到着お振込みプランより下がります。

当日お振込みプランの場合には、商品の発送と同時に入金してもらえるので、商品の到着を待たずに現金を調達することが可能です。
商品発送時にかかる送料や、銀行振込手数料は負担してもらえますが、決済手数料は自分で負担しなくてはなりません。
換金率も多少下がると考えておきましょう。

商品到着お振込プラン

商品到着お振込みプランは、商品が自宅に届いた後に入金してもらえるプランです。
入金までに時間がかかる代わりに、換金率は当日お振込みプランよりも最大2%上になります。

少しでも多くの現金を調達できれば入金までに多少時間がかかっても構わない、という方は「商品到着お振込みプラン」をおすすめします。
住んでいる場所や配送の状況にもよりますが、遅くとも1週間もあれば商品を受け取ることができるでしょう。

ある程度お金が必要になるまでに余裕がある方が申し込むべきですね。
商品が自宅に届くことで一緒に暮らしている家族や同居人に現金化がバレる可能性がある方は、十分に注意が必要です。

法人カードにも対応

クレジットカードには法人カードと呼ばれる、その名の通り法人専用のクレジットカードが存在します。
この法人クレジットカードを使って現金化をすることも可能となっています。

扱える額が大きくなることもあり、大口の取引となる傾向もあります。
(個人事業主向けのカードも法人クレジットカードになるため、必ずしも大口となるわけではありませんが)となると、業者によっては「100万円までの現金化であれば可能」というように制限をかけてしまうこともあります。

しかし、オンラインキャッシュは上限無しで換金をしてくれる数少ない業者となっています。

旧姓名義のクレジットカードでも対応できる

特に女性の方に多い結婚後に名字が変わるというものです。
旧姓のまま放置していたクレジットカードを持っていることがあれば、オンラインキャッシュで対応することができます。

旧姓名義のクレジットカードはほかの業者では断られることが多いです。
しかし、オンラインキャッシュならば、旧姓名義のクレジットカードも使用することができるので、結婚して使っていないクレジットカードがあれば現金化することができます。

接客対応は好印象

オンラインキャッシュは、専属担当制によってサポートをしてくれる点です。
何度も利用する場合や問い合わせをする時にはその都度窓口の人間が変わってしまうと説明が面倒になってしまいます。

しかし、オンラインキャッシュの場合は同じ担当者が相手をしてくれます。
そのため、話がとても通りやすくなるという利点があります。
また、オンラインキャッシュには早く現金化をしたい人にむけて申込みを行った当日に利用者に対して送金する当日振込みプランがあります。

このプランでは、平日の14時半までに申し込みを完了させていれば最短で10分というスピードによって指定をした口座に振込みを完了させることができます。
現金化業者を利用する人の大半は少しでも早く現金を必要としている人ですので、このサービスはとても魅力的なのではないでしょうか。

出張サービスが利用可能

オンラインキャッシュは関東限定ではありますが、出張サービスが利用可能です。
現金化業者としては珍しいサービスで、詐欺などの可能性がぐっと小さくなる為、実際に顔を見て取引をしたい方にはおすすめです。

悪質な業者は、カード決済をさせた後に音信不通になってしまったりもします。
しかし、出張サービスを利用すればお金を直接受け取ることができるので、安心ですね。

ちなみに、出張サービスであれば銀行の営業時間に関わらず、当日現金化が可能になります。
ただし、出張サービスを申し込んだからといって必ずそのサービスを受けることができるかどうかは分かりません。
スタッフの人数や時間、出張する場所によっては、利用できない場合もあるので注意しましょう。

ネットだけで手続きができる

オンラインキャッシュは、パソコンやスマートフォンなどのインターネットだけで手続きをすることができます。
お金が今すぐ必要な時、消費者金融や銀行などのようにわざわざ出向かないといけないのはとても不便です。

一方、オンラインキャッシュであれば、自宅や勤務先などにいる状態で申し込みから契約手続きまですべて完了します。
これも、24時間お申し込みフォームでの申し込みを受け付けているからです。
仕事の昼休みや帰宅中の電車の中など、どの対民舞で申し込みができるのはとても便利です。

ただし、手続きができるのは営業時間内のみとなっているので、土曜日、日曜日、祝日以外の9時~19時までの間なので、申し込みする時間と曜日には注意しておきましょう。

オンラインキャッシュの利用の流れ

申し込み

オンラインキャッシュに電話で申し込むか、ホームページにある「お申込み」から利用する方法がります。
ホームページにある申込フォームには、氏名・電話番号・メールアドレス・住所などの情報と、どのプランを利用するか?や希望金額などを入力し申し込みます。

折り返しの電話連絡

申し込みが終わるとオンラインキャッシュのスタッフから電話連絡があります。
ここでは申込内容の確認や利用の説明、本人確認などの作業があります。
本人確認に必要なのは、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証明証になります。

当日での現金化を希望する場合は14時30分に申込するのではなく、余裕をもって申し込みしましょう。

指定のサイトで商品を購入~入金

オンラインキャッシュとの契約が終われば、クレジットカード決済にて商品を購入します。
カード決済が終われば商品が発送されるので、受け取りの確認が終われば指定口座に入金してもらえます。

当日お振込プランの場合は、商品到着前に振り込まれますので、早目に現金を受け取ることができます。

対応しているクレジットカード

オンラインキャッシュでは、対応していないカードは一切ありません。
日本で発行されたどのようなクレジットカードでも現金化が可能なので、他社では無理だと言われてしまったカードでも安心して申込みを行ってください。
この豊富なクレジットカードに対応している部分が評価すべき点で、同社のメリットでもあります。

オンラインキャッシュの注意点

実際の換金率は70%~75%

現金化業者の換金率の中では相場ではありますが、換金率90%と書いておきながら17%も換金率を引くのは、いかがなものかと思いますね。
それなら手数料でいくらくらいかかるのか、先に換金率表に書いておいてほしいものです。

いくら引くのか伏せて記載しているのは、利用者に親切な対応をしているとは言えませんね。
これでは「騙された」と感じる方がいてもおかしくありません。
利用を検討する上で、このような不誠実な面があるのはマイナス点だと言えるでしょう。

営業時間が短く、定休日がある

オンラインキャッシュは、基本的には営業時間が限られており、平日は夜の19時までで、土日祝日は定休日です。
このため、営業時間内の取引でなければならないので、仕事終わりに申し込みをしたいという方にはちょっと不便であることを知っておきましょう。

また、当日振込プランというものがありますが、これは当日の14時半までの申し込みの場合のみ当日になります。
これ以降になると、翌日以降の振込になってしまいますので、当日に現金を受け取ることが出来ないので、注意が必要です。
このため、いつ頃振込になるかを確認する必要があります。

商品到着プランは、商品確認作業が必要

オンラインキャッシュを利用すると実際に購入した商品が自宅に郵送されます。
商品の中には「お申し込み番号」が記載された紙同封されています。
当日お振り込みプランを利用しない限り、事前にその番号は分かりません。
つまり、商品が自宅に届くだけではなく、実際に商品を開封する作業を行わないと 現金が手に入りません。

さらに、お振り込み番号と入金依頼書が同封されているので、万が一家族に開封されてしまうと、クレジットカード現金化サービスを利用した事がバレてしまうリスクがあります。
家族に内緒で利用したい方は、事前にしっかり打ち合わせをして慎重に利用を検討しましょう。

カードブランドによって換金率が変わる

オンラインキャッシュはカードのブランドによって換金率が変わります。
特にJCBは換金率が低く、今回私が使ったVISAよりも2?3%ほどは換金率が下がってしまうようです。
実際にネットの口コミを調べてみたら「換金率が60%台になった」なんて驚くような書き込みも見つかりました。

しかし、JCBは多くの方が使っているカードブランド。
テレビCMでもよく流れていますし、現金化で使いたい方も多いでしょう。
そんなメジャーなカードの換金率が低いのは、利用者からすれば使いづらさしかありません。
現金化業者としてもう少し企業努力をしてほしいところですね。

まとめ

オンラインキャッシュは長年の実績のある会社ですが、最近の現金化業者は年中無休で営業をしていたり、24時間営業しているところもありますので、そういった業者と比較してしまうとサービス内容が落ちてしまう部分もあります。

振込のサービスが14時30分までのお申し込み締め切りとなっており、土日祝日は営業していないので気をつけておかないといけません。
また、申込金額が5万円からとなっているので少額の取引はできません。
相談することはできますが、換金率は下がってしまうでしょう。

露質も少なくなっている業者ですが、実績は申し分なく悪徳業者と呼ばれている業者とは違います。
お得に現金化したい方は他社との比較をしたうえで検討してみてください。

初めてクレジットカード現金化で押さえておきたいポイント

初めてクレジットカード現金化を利用する人は、どうしても手続きに戸惑ってしまいます。
現金化自体を不安に思う人も多いので、ある程度手続きの手順などを覚えておくと不安が解消できます。

クレジットカード現金化は一般的に商品券などを購入して業者に買取してもらう形になるので、トラブルを避けるためにも確認が必要です。
クレジットカード現金化を利用するためには、現金化業者を選び申込することから始まります。
電話連絡や業者のサイトにある申込フォームから手続きする2つの方法があります。

初めての手続きの過程で業者と本人確認をしなければなりません。
これは不正なカードの利用を防ぐために必ず必要になります。
本人確認が終われば業者の指示に従い商品の購入になります。
案内通りに手続きが終わったらお金が振り込まれます。

本人確認のため、身分証明証が必要になる

クレジットカード現金化を利用する場合は、必ず身分証明証の提示が必要になります。
これはクレジットカードの不正利用を防ぐためです。
また、商品券の買取など古物の取り扱いを行うためには身分証の提示が必須になっているので、身分証の提示を求めない業者の方が怪しくなります。

スマホやパソコンなどオンラインで手続きをする場合は、免許証などの身分証を撮影し、メールで送るなどの必要があります。
業者によりどれだけの情報が求められるかが変わってくるので、事前に確認しておくようにしましょう。

リピーターは手続きが省略できる

初回利用の場合手続きが多く戸惑てしまいますが、本人確認書類の確認は2度目以降は省略することができます。
これは現金化業者側で身分証などのデータを保管しているので、再確認する必要がなくなるからです。

クレジットカード現金化の手続きは、慣れている人の場合5分程度で済むケースもあります。
最初は身分証明証の画像送信などで手間取ることがあるので、余裕をもって対応できる時間に連絡を希望するのがおすすめです。
また、即日の振り込みをしてもらいたい場合は、金融機関の営業時間内に手続きをする必要があります。

24時間振り込み対応の金融機関も増えているので、土日祝日の現金化をしたい場合は対応する銀行の口座を持っておくと便利です。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう
キャッシュタウンナビ
レビューの平均:  
 0 レビュー

%