お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

キャッシュライン

  • 現在Line対応していない
  • たまに対応の悪いスタッフがいるらしい
  • 換金率が70%を下回ったという口コミも

総合評価

業者名キャッシュライン
所在地東京都府中市本町1丁目12-2
URLhttps://www.cash-line.jp/
換金率88%~98.8%キャンペーン初回換金率5%アップ
代表記載無し設立年2011年10月
電話番号0120-958-644メールアドレスinfo@.cash-line.jp
営業時間9:00~20:0015時以降記載無し
土日営業年中無休入金スピード5分
この業者の公式サイトへ

キャッシュラインは自社ホームページでは業界最高水準の換金率と謳っていますが、実際のところはどうなのでしょうか?
良い口コミと悪い口コミ、両方から検証してみたいと思います。

キャッシュラインの申込手順

メールフォームから申し込む

スマホやパソコンのインターネットで、キャッシュラインの公式ホームページへ移動し、ホームページ上にある「お申込みはこちら」からメールフォームへ移動する。
申込フォームには、氏名や携帯番号を入力し、4つの質問事項に返答するだけ完了です。

キャッシュラインから連絡

申込フォームの入力が終わったら、10分ぐらいにキャッシュラインのスタッフから電話がかかってきます。
ここで契約内容について詳しい説明があるので、ここで疑問があれば問い合わせをしておきましょう。
例えば実際の換金率や購入する商品など確認しておいた方がいいでしょう。

必要情報の確認

契約内容の確認が終わったら、必要情報をキャッシュラインに提出しなければなりません。
ご自身の身分証やクレジットカードの情報・入金する銀行口座の3つになります。

身分証について

提示する身分証は運転免許証やパスポートといった本人確認の書類が必要です。
これは顔写真付きの身分証ではないと本人と確認することができないからです。
運転免許証やパスポートがない場合は、勤務先への在籍確認を条件として健康保険証の確認をします。
ここまで本人確認に手間がかかるのは、クレジットカードの不正利用を防止するためです。
これは優良店といわれている現金化業者では必ずこういった本人確認をされるので押さえておきましょう。

利用できる金融機関

キャッシュラインでは利用できる金融機関があります。
三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などです。
公式ホームページに記載してあるので、合わせて確認しておきましょう。

決済後に入金

確認事項が終わったら、キャッシュラインに指定された商品をクレジットカードで購入します。
商品は、数珠・ネックレス・パワーストーンなどがあります。
この中からどれかの商品を選び購入します。
購入が終わったらキャッシュラインより入金が行われます。
後日、購入した商品が届くので受け取りが終わったら完了です。
自宅に商品を届けられたくない場合は変更ができるので、併せて確認しておきましょう。

キャッシュラインの特徴

3つのプランがある

キャッシュラインでは、当日プラン・通常プラン・法人プランという3つのコースで現金化を行うことができます。
違いを知った上で利用すれば、同じ金額のクレジットカード決済を行っても得られる現金総額に違いが生まれるはずです。

当日プラン

クレジットカードで決済が確認された時点で速やかに現金振り込みの手続きに入るので、当日中にキャッシュライン側での振込手続きが完了するプランです。
ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行といったネット銀行の一部ならば、平日15時以降に手続きが完了しても、速やかに即日振込と即日入金が完了します。

通常プラン

通常プランは、キャッシュラインにクレジットカード決済を確認されても、すぐに現金振り込みを行わず1週間後の売り上げ確定を待ってから現金化するという方法です。
なぜ売り上げ確定を待つのかというと、すぐに現金を振り込むと時と場合によりクレジットカード会社から承認取り消しを行われてしまうことがあり、振込した現金を回収できない可能性があるからです。
そこでこの通常プランは、取り消しリスクを避けたうえで当日プランよりも高い還元率を実現できる可能性が高いです。

法人プラン

法人プランを用意しているキャッシュラインでは、大口決済を行ってもクレジットカード会社からチェックが入りにくいコーポレートカードを取り扱っています。
法人向けのプランを用意している理由として、1度に多額の決済が可能な資金力がある現金化業者という面をアピールする狙いがあります。
また、実際に法人プランを利用する人の中には、ビジネスカードを使った個人事業主が少なくありません。

キャッシュラインの安全

現金化業者にはキャッシュライン以外にたくさんの業者がいます。
しかし、その中には悪質なところもあるので注意が必要です。
現金化業者に現金化を頼むと、手数料が発生するので損することもあるので、ある程度のリスクを把握しておかなくてはいけません。

カード会社からチェックされている

クレジットカード現金化というのは、カード会社の利用規約で禁止されています。
しかし規約で禁止されているからといって、法律に違反しているわけでもないのでグレーゾーンといわれている行為です。
もし、カード会社にクレジットカード現金化が発覚してしまうと、利用規約を破ったという事でクレジットカードが使えなくなる場合があります。

カード会社は利用者がどういったものを買っているかという事をチェックしており、カード会社から不自然に思われる行為は、換金率が高い商品を短期間に大量に購入していることや、定期的に換金率が高い商品を買っているようなことです。
このようなことをしていると利用履歴に残ってしまうので、より厳しくチェックされてしまいます。

現金化業者を利用した方がリスクを避けられる

自分で現金化をしようとした場合にはクレジットカードの利用履歴に残ってしまって、カード会社に疑惑の目を向けられることになってしまいます。
しかし、クレジットカード現金化業者は取引の際に決済代行会社を利用するために、カード会社は何を買ったかということがわかりづらくなるので、利用履歴に残らなくなるのです。

換金したお金を全て自分へと帰ってくるのは魅力的ですが、カード会社から利用停止されてしまうリスクは常に存在しています。
手数料を取られるのは不満かもしれませんが、現金化業者もそれで利用者に安全を提供しているわけですので、双方にメリットのあることなのです。

悪徳業者の特徴

クレジットカードを現金化できる業者の中には悪徳業者がいるのは事実です。
悪徳業者に引っかからないためにも悪徳業者の特徴を知っておく必要があります。

メールでしか問い合わせをしていない

電話をしても電話に出ない業者や電話番号自体がなく、メールでしか問い合わせをしていない業者がありますが、電話で対応していなければ実際に取引が行われるのか怪しいものです。
後になって苦情を言いたいのに、電話に出ない業者やメールでしか問い合わせができない業者はしっかりと対応くれるか分かりませんので、悪徳業者の危険性があります。
キャッシュラインはしっかりメールでの問い合せが可能ですので、そこも安全です。

勧誘がしつこい

悪徳業者は勧誘がしつこいことがあげられます。
登録だけしておいて、取引をしていないと現金化をしないか頻繁に電話がかかってくる業者があるのも事実です。
勧誘がしつこい業者は、サービスの質が悪いことや換金率が低くなる恐れがあります。
何らかの事情があって勧誘してくるということを頭の中に入れておきましょう。
キャッシュラインは一切勧誘などしていないので、安心してご利用ください。

キャッシュラインの口コミ&特徴について

まずはキャッシュラインのHPに記載されている項目を確認してみよう

キャッシュラインはクレジットカード現金化の中でも人気の業者ですが、どういった特徴があるのでしょうか。
他の業者とは異なる部分やサービス内容についてみていきたいと思います。

最高換金率は98.8%!?

キャッシュラインのHPには最高換金率98.8%と記載されています。
しかしクレジットカード現金化業界では、HPの換金率通りに換金されないのはあるあるでしたね。
キャッシュラインも同様、98.8%での換金は不可能で、ここから消費税が引かれる形のようです。
また料金表を確認してみると、即日プランの1万円~15万円未満の場合は88%となっていて、最高換金率である98.8%が適用されるのは100万円以上での利用ということになりました。
最高換金率が強調して書かれがちですが、実際には最高換金率が適用されるのは高額利用の場合がほとんどなので注意したいですね。

それでは実際の換金率は?

キャッシュラインの換金率は業界内でも最高水準の88~98.8%とホームページには記載されています。
しかし実際には

70%を下回った
初回利用で80%だった

などという口コミも見られました。
新しい情報では80%で換金できるということだそうですが、70%台での口コミも一定数見られました。
プランや利用金額によっては70%台になることもあるようなので、念頭に置いておきたいですね。

初回の振込スピードは15分!

キャッシュラインでは対応が早い!と評判でした。
初回振込は30分程度時間が掛かる業者が多い中、キャッシュラインは見事15分で入金されました!
早さには定評があるようです。

ただ長期休暇の前後やお給料日の25日前後などは、クレジットカード現金化業者は忙しい時期でもあります。
今回は忙しくない時間帯にあたっただけかもしれませんが、基本的にキャッシュラインの振込スピードは速いようです。

たまに接客態度が悪いスタッフがいるらしい?

キャッシュラインの電話対応は基本的に親切・丁寧といった対応のようで、初心者の人でもわかりやすく説明をしてくれるようです。
しかしたまに無愛想な対応をするスタッフもいるという悪い評価もついているようです。
担当者によって対応に差が出るのかもしれませんね。
どこのお店でもそういった苦情はありますが、電話での対応が苦手な方はメールフォームからの問い合わせを使ってみても良いでしょう。

キャンペーンも充実

クレジットカード現金化業者にとって、換金率・スピード・対応は他社との差別化を図る上で重要な3つの要素です。
キャッシュラインは顧客満足度を高める取り組みに力を入れている会社です。
キャッシュラインは初回契約時に換金率5%アップキャンペーンを実施しています。
初めてクレジットカード現金化するときはわからないことが多く、利用するには不安もありますが、換金率5%も高くなると利用するきっかけにもなるので。
クレジットカードのビギナーや、他社をこれまで利用していた人たちにも人気があります。

もっと詳しくキャッシュラインについてみてみよう🔍

LINEの相談はできるのか?

キャッシュラインというだけあって、LINEでの相談が可能だという記載をネット上で見かけました。
しかしホームページを確認出来る範囲でみましたが、LINE登録できるようなQRコード等は見つかりませんでした。
問い合わせ後に可能なのでしょうか?もしかしたら現在ではLINEでの相談を取り扱っていないのかもしれません。

ドメイン取得日は2016年

創業5年となっていますがこちらのホームページのドメインの取得日は2016年で、それ以外に創業に関する情報はわかりませんでした。
ドメインを乗せ変えたのかもしれませんが、創業5年というのは微妙なところですね。
名前を変えて営業してる可能性もあります。信憑性の程は不明ということになります。

会社概要の不明点

無店舗型の営業を行うキャッシュラインは、取引開始前に利用者に対して正確な情報を伝えられる環境にならなければなりません。
会社概要を確認してみると、代表者が苗字しかなく、住所が東京都府中市本町1丁目までしか記載されていないので、この点を問題死できる判断力が必要です。

実際に確認すると、東京都府中市本町1丁目12-2という番地まで教えてもらえるので、もし万が一現金が振り込まれないというトラブルに発展したときに困らないよう正確な情報を確認することがとても重要になります。

キャッシュラインにとっても正確な情報を確認する利用者は、取引内容をしっかり理解したうえで利用してくれる優良顧客候補という認識を持ってもらえるでしょう。
些細な疑問でもきちんと対応してくれるので安心です。

クレジットカードブランドの種類

キャッシュラインのサイトにはクレジットカードブランドについての記載はありません。
VISAやマスターカードは通常であれば使えるでしょう。
ただクレジットカード現金化業者のなかにはJCB・アメックス・ダイナーズなどは使えない業者もあるので、申込前に確認するといいでしょう。
また、複数枚のカード利用が可能なので、高額の現金化を希望している方は助かるのではないでしょうか?

まとめ

  • 現在LINEでの問い合わせは行っていない
  • 速さには定評!お急ぎの方にピッタリ
  • 換金率は70%後半~80%程度で利用している人が多い

キャッシュラインでは現在LINEからの問い合わせが出来ないようで、問い合わせの際にはお問い合わせフォームからか電話での問い合わせになります。

 

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう
キャッシュタウンナビ
レビューの平均:  
 1 レビュー
 さな
早かったです♡

初回利用だったので換金率&振込のはやさもとりあえずは満足です(*’▽’)

87%