お金に困った!そんなときの地域別・業者別の現金化業者情報をお届けいたします。
お住まいエリアの店舗情報や人気現金化業者の口コミをご紹介。

スターバンク

  • 現金化まで最短5分
  • 還元率最高95%!
  • 女性スタッフの電話対応が好印象

総合評価

業者名スターバンク
所在地東京都渋谷区広尾5-19
URLhttp://starbank.me
換金率95%キャンペーン記載なし
代表西野 豪設立年平成14年6月
電話番号0120-971-038メールアドレスinfo@star-bank.me
営業時間9時~20時15時以降銀行口座による
土日営業記載なし入金スピード最短5分
この業者の公式サイトへ

スターバンクの特徴

スターバンクは2010年より営業しているクレジットカード現金化業者で今年で創業9年目となります。
この現金化業界は移り変わりが激しいので、創業9年は十分老舗業者といえます。
老舗の現金化業者なら安心して現金化を利用できると思います。

現金化の方法はキャッシュバック方式

スターバンクではキャッシュバック方式で現金化を行っています。
その為、最初の申込み後にネットを利用して指定されたショッピングサイトにアクセスし、そこでクレジットカードを利用して希望金額のショッピングを行います。

ここで利用した金額にキャッシュバック率を掛け、更に取扱手数料を引いた分が現金として指定した銀行口座まで振り込まれるという仕組みですが、このキャッシュバックは商品を購入したことで受け取れる特典なので、購入した商品が実際に後日届きます。
あくまで形式上の商品なので大したものではありませんが、受け取りはきちんと行ってください。

換金率は90%~95%

クレジット現金化を使用した際の還元率

お申し込み金額通常プラン法人カードプラン
1万以上~30万未満90%92%
31万円以上50万円未満91%93%
51万円以上100万円未満92%94%
101万円以上200万円未満93%95%
201万円以上300万円未満94%96%
300万円以上askask

スターバンクのクレジットカード現金化は、個人の方はもちろん、主婦の方、法人事業主の方も高還元率でキャッシュバックしております。
還元率90%~95%の訳は多くのお客様にご支持をいただいているからできる還元率になります。
スターバンクは昔から営業している老舗店になりますのでご安心してご利用ください。

入金スピードが早い

スターバンクの入金スピードはかなり速いようです。
クレジットカード情報をスターバンクに渡して、向こうで決済をしてもらうと約15分ほどで入金が行われるようです。
新規の申込をしてから約25分~30分ほどで現金化できるので、スターバンクなら素早く現金化をすることができます。
初回は時間がかかりますが、2回目以降の入金スピードはホームページにし際している最短5分でできるかもしれません。
営業時間が短いのがネックですが、この入金スピードの速さは評価できると思います。
また、振込先を一般銀行の興亜に指定している場合は、14時30分までに申し込みすると当日の振り込みが可能です。
15時以降のお振込みについては、ゆうちょ銀行で20時ごろまでご入金ができるようです。

とても親切な対応

クレジットカード現金化はクレジットカード会社の利用規約違反の行為です。
そのためグレーな印象が残る方法であり、中にはヤミ金のような悪徳業者も存在しているので不安がある方も少なくありません。
スタークレジットでは女性のオペレーターも在籍しており、スタッフによる利用者に寄り添った対応が人気です。
また、プライバシーマーク制度(個人情報の取り扱いを適切にしている企業が使用できるマーク)の申請を行うなど、利用者の安全を考える姿勢には好感が持てます。
また、簡単な質問の場合は、ホームページにある「簡単問い合わせフォーム」で氏名・メールアドレスと質問事項だけで問い合わせできるので、使ってみるのもいいかもしれません。

スターバンクの申込から入金まで

申し込み

スターバンクに電話連絡するか、ホームページにある「簡単申し込み」から申込フォームへ移動し、申込フォームに名前・メールアドレス・電話番号の情報を入力し、いくつかの質問に返答して申し込みます。

申込内容の確認と本人確認

スターバンクに申し込みが終わったら、申込内容の確認と本人確認作業になります。
本人確認には、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証明証が必要になりますので事前に準備しておきましょう。

カード決済と入金

確認事項が終わったら、スマホやパソコンからオンライン決済に移ります。
決済の確認が取れたらご指定の口座に現金が振り込まれます。

対応しているクレジットカードブランド

スターバンクが対応しているクレジットカードブランドは、VISA・マスターカード・JCB・SAISON・ORICO・AEON・LIFE・OMCなど様々なカードを利用できます。
また、これらのカードではなくてもVISA・マスターカード・JCBと連携するカードであれば同じように使うことができます。

商品の受け取り

現金の入金が終わった数日後に商品が届きますので、必ず受け取りをしてください。
商品受け取りが完了したら取引は終了です。

金融機関について

スターバンクが対応している金融機関は、ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行です。
このネットバンクであれば、土日祝日でも振り込みが可能なので便利な銀行口座になります。

スターバンクの注意点

換金率は低くなる

スターバンクの換金率は90%~95%と記載されていますが、注意事項で「※表記の%は最大値となりますので詳しくはお問い合わせください」と書いてあるので、実際には適用されることはありません。

では実際の換金率は68%~72%になります。
表記の換金率と18%~22%も開きがあります。
こういった最大値の表記はどこでもやっていることなのでスターバンクだけが悪いというわけではありませんが、この落差は換金率が低いといわれても仕方がないかもしれません。

事務所の所在地が曖昧

公式サイトには会社概要が掲載されています。
そこに掲載されている住所を調べてみると、少し曖昧な情報になっているのです。

住所をグーグルマップなどで調べてみると、ピンポイントの住所ではなく「この辺りだよ」という程度しか分からないため、本当にそこに事務所が存在するのか?が分からないというわけです。
色々と調べてみましたが、貸しビルが基本となるため、調べきることができませんでした。

したがって、サービスを利用するときには、事務所住所をはっきりとさせて「実在するのか?」を確認してからの方が信頼度は増すかと思います。

営業時間が短い

スターバンクの営業時間は9時~20時までです。
メールでは24時間受付と書いてありましたが、それは現金化できるという事ではなく、受付をしているという意味なので、実際に対応してもらえる営業時間は9時~20時までと考えておきましょう。
この時間帯に現金化ができる人であればいいのですが、忙しく働いている人だとちょっと使いづらいかもしれません。

電話対応が男性の場合もある

スタークレジットでは女性スタッフが在籍しており、真摯な対応が人気ですが、注意点として電話が込み合っている場合には男性が対応する場合があります。
しかし、安心の対応性であることや電話対応満足No1の実績からも利用者が不審に思うことはなさそうです。

クレジットカード現金化が流行っている背景

ショッピング枠を使った現金化が流行している理由に、借入先がなくキャッシング枠を使い切った人たちが、闇金だけは避けたいという思いの人たちの存在だと思います。
また、クレジットカード現金化はショッピング枠を利用するため、買い物としての履歴は残るものの、借入である記録は残ることはありません。
その為、家族や知人に知られたくない方にも重宝されています。

キャッシュバック方式

業者が指定する商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を得る方法です。
一連の流れは購入~決済~キャッシュバックと、通常の買い物と同様です。
違法性はなく、購入した商品が手元に残ります。

商品買取方式

者が指定する商品を購入するまではキャッシュバック方式と同じですが、その後の流れが異なります。
購入~その場で売却~代金として現金を得ますが、カード決済が確定する前に売却するため、“支払いを完了していない商品は売却してはならない”という利用規約に触れます。
利用規定違反行為のため、カード会社に知れれば、当然ペナルティが課せられます。

ネット銀行は使える!

銀行口座振り込みの形式はクレジットカード現金化を利用する際に使われます。
振込手数料は業者負担のケースが多いのですが、利用者が負担するケースもあります。
高額ではないものの、やはり負担したくないのが本音でしょう。
そこでおすすめするのが振込手数料が格安もしくは0円のインターネット銀行です。

インターネット銀行は手数料が格安であり、また同銀行間の振替を0円で行えるところが多いです。
そのため送金元(業者)口座と利用者の口座が同一銀行であれば、利用案内には『手数料負担有り』とあっても、実質0円で行えます。
さらにインターネット銀行は24時間365日、メンテナンス時間を除きいつでも利用できます。

また『メールで振込み通知をする』設定をしておけば、ログインせずに確認を行えます。
現金を引出すにはATMへ出向く必要がありますが、メールでタイミングを計れるのは楽です。
引出しの手数料も概ね120円前後、さらに月数回まで無料のところもあります。
銀行・ATMに関する手数料は、意外と馬鹿に出来ません。
仮に現金引き出しに掛かる手数料が420円の場合、10回の利用で4,200円になります。

4,200円もあれば、少し贅沢な外食が出来ますよね。
倹約は、こうした細かいところから行うことが基本です。
インターネット銀行の開設は、オンラインから申込み~郵送にて必要書類を発送して完了します。
要する期間は2~3週間程度です。
非常に便利なので、お持ちでない方はぜひ開設をご検討下さい。

おすすめの金融機関

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は店舗や郵便局が全国に2万4千店舗あり、ATMは2万8千個もあるので、ほかのメガバンクに比べると群を抜いて多いことがわかります。
またゆうちょのキャッシュカード・通帳でゆうちょATMを利用する場合は、曜日・時間帯にかかわらず利用手数料はかかりません。

他のメガバンクでは時間外で手数料を取られてしまうことがありますが、ゆうちょの場合、それは一切ありません。
最近、ゆうちょは「ゆうちょダイレクト」というネットで残高を確認したり、送金したり出来るサービスを開始しました。
これらは仕事用としてもプライベート用としても非常に利便性が高いです。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は、屋号付き口座を開設できるという重要な条件をクリアしている上に、VISAデビットカードまで入手することができます。
VISAデビットカードは銀行口座残高以上の利用はできないものの、クレジットカードと同様に世界中のVISA加盟店で利用が可能です。

さらに、Tポイントが貯まるYahoo!Japanカードなどを利用している方にとって嬉しいサービスである「Tポイントの現金化」もジャパンネット銀行では可能です.
急な出費がある時や、ポイントを現金化して利用したいという場合にかなり便利なサービスですので、Yahoo!Japanカードとの相性は抜群でしょう。

楽天銀行

こちらもジャパンネット銀行と同様に、屋号付き口座を開設できるネット銀行の1つ。
ただ、ジャパンネット銀行とは異なり取引手数料を無料にするチャンスが多く見られます。

楽天銀行会員は、月の指定取引の回数や貯金額によってベーシック・アドバンスト・プレミアム・VIP・スーパーVIPとランク分けされるのですが、このランクによってATM取引手数料は最大月7回まで、他行宛振込手数料が最大月3回まで無料になります。
他行宛振込手数料に関しては、30,000円以上の取引であれば手数料は無料になるということも覚えておきましょう。

また、楽天銀行は様々な取引を行うことで「楽天スーパーポイント」を貯めることができます。
楽天スーパーポイントは、取引手数料・プリペイドカードへのチャージ・デビットカードの支払い等に使えるため、楽天銀行を利用している方は積極的にポイントを貯めると、よりお得に楽天銀行を利用できます。

ネット銀行のデメリット

ネット銀行のデメリットひとつ目は、現金の入出金ができるATMが限られていることです。
ネット銀行には実店舗や専用のATMがないため、普通銀行との提携でATMでの入出金を可能にしています。

ネット銀行各社のホームページをチェックし、事前に提携銀行を調べておかないと、現金が必要なときに「お金が下ろせない」ということになりかねないので注意が必要です。
また、ネットワーク障害などでネット銀行のホームページ自体にアクセスできなくなる可能性もあります。

ほかにもネット銀行は公共料金や税金、クレジットカードの引き落とし口座への指定に対応していないことが多ので。
この点も押さえておきましょう。

まとめ

スタークレジットは定額帯での換金率も高いので、小額で数回にわたって利用する可能性がある方には最適です。
小規模とはいえ対応力も遜色なく、時間内の現金化に関しては安心して行うことができます。
初めての問い合わせに対しても非常に丁寧な対応をしてくれるので、詳細について不安がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう

キャッシュタウンナビ
レビューの平均:  
 0 レビュー

%